枝豆の保存方法と賞味期限まとめ


スポンサードリンク

ビールのおつまみとして人気が高く、他にもさまざまな用途がある「枝豆」は、収穫から時間が経過すると徐々に傷んでいきます。

豆類特有の豊富な栄養を損なうこと無く、美味しく食べるためには「早めに食べきる」ことも重要ですが、「適切な保存方法を実践する」ということも重要です。

そこで今回は、枝豆の正しい保存方法について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

茹でていない枝付きの枝豆であれば、冷暗所での保存もできますが、長期の保存はできません。

まずは乾燥しないように濡らした新聞紙やキッチンペーパーなどで枝豆を包み、それから冷暗所で保存します。

ですが、この保存方法では最長で3日ほどしか保存しておくことができません。

収穫した枝豆は、しかしながら成長は止まっていない状態なので、生の状態では豆の糖分を成長に回してしまい、どんどん風味が劣化していってしまいます。

出来る限り早めに食べきるということを前提とするのであればまだ大丈夫なのですが、あまり実用的な保存方法であるとは言えないでしょう。

スポンサードリンク

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

上記の方法で冷蔵保存するという方法もありますが、茹でてから冷蔵保存することをオススメします。

茹でた枝豆をざるなどにあげて、うちわで扇ぐなどして冷ましましょう。

冷水を使って冷やすと水分量が多くなってしまいますので、自然に冷ますようにします。

枝豆が冷めきったら、ジップ付きの保存袋に入れるなどしてから、冷蔵庫に入れて保存します。

適切に保存できたとしても、長くても3日以内に食べきってしまいましょう。

保存できる期間は常温保存と大差ありませんので、「冷蔵庫にいれてあるから」と油断することなく、早めに食べきってしまいましょう。

そのままでは消費しきれないだろうと判断したら、ネット上で公開されているアレンジレシピを参考にするなどして、一度に大量に消費できるようにしましょう。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

枝豆の長期保存には「冷凍保存」が適しており、さやつきでも中身だけでも保存することができます。

どちらの場合も、固めに茹でてから冷水を使ってすぐに冷まし、水気を拭き取ってから冷凍用の保存袋に入れて冷凍保存します。

タッパーを使って冷凍保存することももちろん可能ですが、枝豆(特に中身だけで冷凍保存した場合)の冷凍保存の際にはジップ付きの冷凍用保存袋を利用することがオススメです。

理由は「使用時」にあります。

冷凍した枝豆を、その保存単位ごと使用する場合であれば問題ないのですが、「冷凍保存したひとかたまりの、3分の1だけ使いたい」という場合には、くっついてしまっている枝豆を解凍してから残りを再凍結することは鮮度劣化の原因となります。

タッパーの場合だと箱状に固まってしまうのですが、冷凍用の保存袋の場合だと平らにならすことで「板状」で保存することができます。

これにより、板チョコを割るように必要量だけパキッと折って、残りは再び冷凍庫内に戻せば、解凍すること無く必要量だけ取り出すことができます。

箱状に固まってしまってもほぐすことはできますが、少ない労力で必要量を取り出すことができるのでオススメです。

これで1ヶ月ほど保存しておくことができます。

使用する際には「軽く茹でる」「自然解凍する」「流水解凍する」といった選択肢があります。

茹でる際には「既に一度、茹でてある」ということを前提として、解凍目的のためだけに茹でるのだということを忘れないようにしましょう(茹ですぎると水っぽくなって美味しくなくなります)。

電子レンジを使って解凍することもできるのですが、その際には加熱範囲にムラが生じてしまうのでオススメできません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

傷んでしまった枝豆は、一般的な野菜の腐敗時と同じような変化を起こします。

「異臭」「変色」「カビの発生」「ぬめり」などの症状が見られれば、枝豆が傷んでいる可能性が高いので、食べずに処分してしまいましょう。

ただし、枝豆の中には中身が黒い品種もあります。

そうでない場合、つまり中身も緑色の品種の場合でむいたら中身が黒かったという場合、傷んだことによる変色であるため食べずに処分してしまいましょう。

まとめ

枝豆は傷んでしまうのが速い食べ物です。

できるなら、入手したその日の内に食べきってしまうことをオススメしますが、入手した量によってはそれも難しいでしょう。

数日以内に食べ切れるのであれば茹でてから冷蔵庫で保存、それが難しい場合は固めに茹でて冷凍保存という方法を基本としましょう。

塩ゆでするだけで美味しく食べられるので大量消費に困る食べ物ではありません。

ですが、飽きてしまったらレシピサイト等で枝豆を使った料理のレシピを調べて、順調に消費できるようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2017 AllRights Reserved.