黒豆の保存方法と賞味期限まとめ


スポンサードリンク

おせち料理の定番として欠かせない食材である「黒豆」は、なんとなく長持ちしそうなイメージがあります。

しかし、適切な保存方法を実践できていないとどのような食べ物であっても傷んでしまうことには変わりません。

そこで、黒豆の正しい保存方法について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

黒豆を常温で保存したい場合は、「水で戻していない状態の黒豆」である必要があります。

乾燥した状態の黒豆であれば、条件が良ければ1年ほど保存することができます。

それ以上でも鮮度的には問題ないのですが、風味が大幅に落ちてしまうので、できれば半年以内に、最低でも1年以内に食べきるようにしましょう。

乾燥黒豆は「湿気」を嫌いますので、通気性の良い入れ物に入れるか、完全に密閉できる容器に入れて、冷暗所で保存するようにしましょう。

保存期間が長くなる保存方法なので、常温環境下で保存したい場合にはこまめに様子を確認して、傷んでしまう前に使い切るようにしましょう。

また、「煮た黒豆」も、おせち料理に使う冬場であれば、冷暗所で保存することができます。

黒豆煮は、タッパーに入れた状態で、冷暗所で保存してください。

ただし、気温が10℃以下になるような場所でなければ常温保存することができませんので、条件が満たせるのは冬だけとなります。

条件が良ければ、これで1週間ほど保存することができます。

スポンサードリンク

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

黒豆は冷蔵庫でも保存可能です。

上記、常温保存の方法で乾燥黒豆を保存すれば、温度差が生じなければ長期保存に適しています。

出し入れが頻繁に行われると、容器内に結露が生じて黒豆が湿気ってしまいますので注意しましょう。

また、水で戻した黒豆は冷蔵庫で保存しましょう。

黒豆は濡れていると思うので、まずはしっかり水分をふき取ります。それから保存用の容器や袋に入れて、蓋をしてから冷蔵庫に入れてください。

ただし、最長でも2日程度しか保存することができません。

冬以外の季節における、黒豆煮の保存方法としても利用できます。

常温保存の時よりも、傷んでしまうリスクを抑える事ができますが、煮汁と一緒に保存しないと黒豆にしわが寄ってしまいます。

1週間程度であれば、安全に保存しておくことが可能であると言えます。

味付けが濃い目であれば2週間ほど保存できる可能性もありますが、やはり早めに食べきってしまう方が良いでしょう。

テクニックとしては、黒豆煮を定期的に加熱して、殺菌することで保存期間を伸ばすという方法もあります。

ただし、加熱する手間がかかることと、加熱する度に煮汁の水分が減っていってしまいますので、それを踏まえた上で実践する必要があります。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

黒豆を長期保存する方法としては、やはり冷凍保存が最適であると言えます。

まず、水で戻した黒豆の長期保存の方法としての利用法です。

冷蔵庫では数日しか保存できない黒豆(戻したもの)ですが、冷凍保存であれば1ヶ月ほど保存することが可能です。

冷蔵庫での保存の場合と同じく、黒豆の水気を切ってから冷凍用の保存袋に入れて冷凍保存します。

次は、黒豆を調理したものの保存方法を紹介します。
黒豆と言えば煮て作る黒豆煮が多いと思いますが、これを冷凍保存する方法を紹介します。

黒豆煮は汁と具を分けずに保存します。そのままでは冷えにくいので、タッパーや袋などで小分けにしてから、冷凍庫に入れてください。

あまり長い期間これを冷凍保存すると風味が大きく落ちてしまいますので、1ヶ月以内に食べきってしまいましょう。

食べる際には、食べる前日に冷蔵庫に移して、自然解凍してから食べてください。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

黒豆が傷んでいる状態は、黒豆を煮ていたり水で戻している場合だと少し異なりますが、基本的にカビが生えていたり、異臭が発生している場合は傷んでいる可能性が高いです。

乾燥黒豆の場合、虫に食われている可能性もあります。

水で戻していたり、黒豆煮にしている場合は、異臭が発生していたり、味が酸っぱくなっていたりすることが多いです。

特に注意したいのは乾燥黒豆で、これにカビが生えている等しても洗えばなんとかなるというイメージもわかなくもありません。

ですが、黒豆内部にカビが根を張っている可能性が高いので、表面をなんとかしても既に食べられない状態になっています。

異変を感じたら、食べずに処分してしまいましょう。

まとめ

「湿気に弱く、虫食いのリスクが有る乾燥黒豆」「冷蔵庫では数日しか保存できない、水で戻した黒豆」「保存できる時間は長いが、冷凍保存すると風味が落ちる黒豆煮」と言った感じに、黒豆がどのような状態であるかによって保存方法との相性が異なります。

基本的に乾燥した状態で保存しておき、湿度が高くなる梅雨時までに使い切るというスタンスが良いかと思います。

水で戻した場合は早めに煮てしまい、黒豆煮は出来る限り早めに食べきるか、最後の手段で冷凍保存するようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2017 AllRights Reserved.