味噌汁の保存方法と賞味期限まとめ


スポンサードリンク

「おふくろの味の代名詞」「朝食の代表的なメニュー」として有名な「味噌汁」

インスタントも悪くありませんが、やはり自分で作ったほうが美味しく、自分好みの味に仕上げることができます。

ですが、実際に味噌汁を作る際にはそれなりの大きな単位で作ることになります。

すぐに食べ切れる量であれば良いのですが、数日放置して、鍋の蓋を開けたら異臭やカビが発生していたという経験はありませんか?

そこで今回は、味噌汁を長持ちさせる保存方法について解説します。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

味噌汁を常温で保存した場合には、翌日に食べきるようにしましょう。

ただし、気温が高い場合は翌日朝には既に傷んでしまっているということもあります。

数時間おきに加熱すると長持ちさせやすくなります。

味噌汁はコンロの上で常温放置するイメージが強いですが、実は危険な方法でもあります。

味噌汁を常温で保存しておいた場合、夏場の気温が高い時期には、作った翌日の朝には既に傷んでしまっているということもあり得ます。

常温保存でもある程度の品質を維持したい場合は、まず「数時間おきに再加熱する」という方法があります。

味噌汁を沸騰させることで、鍋の中の雑菌を死滅させるという方法ですが、菌の中には熱に強い種類もあります。

絶対的な方法ではないということだけ注意しておいてください。

次に、「塩分を濃い目にしておく」ということです。

これも傷みにくくする方法として適しているのですが、味が塩辛くなってしまい、健康面でもあまりオススメできない方法です。

スポンサードリンク

冷蔵の際の保存方法と保存できる期間

味噌汁は必ず冷ましてから冷蔵庫に入れます。

冷蔵庫に味噌汁の鍋が入る場合には鍋のまま冷蔵庫に入れて保存する方法が一般的です。

冷蔵庫に鍋が入り切らない場合はタッパー等に移してから冷蔵庫に入れましょう。

どちらの場合も、常温よりも高い温度で冷蔵庫に入れないように注意しましょう。

前述の通り、味噌汁は常温保存が難しい食べ物です。

そのため、味噌汁を保存する際の基本は「冷蔵庫での保存」となります。

ただし、冷蔵庫で保存する場合も最長2日以内に食べきってしまいましょう。

また、味噌汁の中に入っている具材の種類によっては、すぐに傷んでしまう場合もありますので注意しましょう。

味噌汁を冷蔵庫に入れる際には、「熱いまま冷蔵庫に入れない」ということが基本です。

加熱後、しっかりと冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。

その際、特に夏場の場合は出来る限り早めに冷蔵庫に入れるほうが品質を保ちやすくなります。

そのため、「いかに早く冷却できるか」ということが問題となります。

加熱した味噌汁を手早く冷却する方法としては、まず「桶に氷水を作って、そこに鍋を入れる」という方法があります。

最もオーソドックスな方法ではありますが、「大きな桶が必要になる」という条件がありますので、桶を用意できない場合は「味噌汁の中に冷水を入れる」という方法があります。

もちろん、味噌汁が薄くなってしまいますので、あらかじめ濃い目に作っておき、水を入れることで帳尻を合わせるという方法になります。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

味噌汁は密閉容器等に入れて密閉すると冷凍保存が可能です。

2週間ほど保存しておくことができるのですが、中の食材の食感が大きく変化しますので、それを前提として冷凍庫に入れる必要があります。

冷蔵庫に正しい保存方法で入れていても、長くても2日しか保存しておくことができない味噌汁を長期保存したい場合は、やはり「冷凍保存」が適していると言えます。

タッパーや冷凍用の保存袋に入れて保存すれば、最長で2週間ほど保存することができます。

ただし、中の具材については冷凍の影響で食感が大きく変化しますので、それを踏まえた上で冷凍保存する必要があります。

食べる際には、まず冷凍庫から味噌汁を取り出して、これを冷蔵庫の中に入れて自然解凍します。

解凍できたら、これを電子レンジで加熱するか鍋に入れて火にかけて加熱します。

加熱するだけなら電子レンジでが便利なので、レンジと冷凍が可能な耐熱容器に入れて冷凍しておくと、容器を移さずに冷凍から加熱までこなすことができます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

                             
味噌汁が傷んでいる場合は、異臭やカビの発生などの変化が発生することがあります。

しかし、これらの変化が無かったとしても有害な菌が大量に繁殖している可能性がありますので、作った味噌汁は早めに食べてしまう必要があります。

冒頭でも述べましたが、作ってから時間が経過した味噌汁は、「異臭」や「カビ」の発生を許してしまいます。

当然ながら、味も最悪なものに変化していることでしょう。

加えて、外見上特に目立った変化が無かった場合でも、味噌汁内に菌が繁殖している可能性が高いです。

作ってから早めに食べきって、時間が経過した味噌汁は食べないようにしましょう。

まとめ

味噌汁は、冷凍保存でもそう長くは保存することができません。作った味噌汁はその日の内か、翌日には食べきることが理想です。

なかなか食べきれないという場合には「余った味噌汁を活用できるレシピ」をネット上で見つけて、食べ切れそうなレシピを実践してみることをオススメします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2017 AllRights Reserved.