マフィンの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

材料も手軽に手に入り、過程も少ない「マフィン」は、家庭でよく作られる代表的なお菓子のひとつです。

ですが、せっかくの機会だからとつい大量に作ってしまうことはありませんか?

そんな時、正しい保存方法を知っておけば傷ませて捨てることもなくなりますし、後からでもおいしく食べることができますよ。

そこで、手作りマフィンの正しい保存方法と、それぞれの保存方法でどれくらい長く保存できるのかということについて解説します。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

手作りマフィンは、よほど大量に作っていたり、保存場所に問題がある場合を除けば、基本的に常温保存が最適の保存方法となります。

常温保存する場合は、マフィンが乾燥しないようにジップ付きの保存袋やタッパーに入れて保存します。

ラップで包んでから紙袋やビニール袋に入れるという方法もありますが、密閉可能な容器と比較するとその保存性は低下してしまいます。

気温の高い夏場はできれば常温保存は避けたいのですが、保存する場合は翌日には食べきりましょう。

気温が高くない時期であれば、3日前後はこれを保存しておくことができます。

ただし、マフィンの保存は「使用している食材」にも大きく影響を受けますので、常温保存には向いていない食材を使ったマフィンは、常温で保存しないようにしましょう。

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

マフィンの保存に際して、常温保存が適さない食材を使用している場合、もしくは高温多湿の時期に保存したい場合は、冷蔵庫での保存が適しています。

具体的な保存方法については、マフィンをラップで包み、密閉可能な容器に入れて中の空気を抜いてから冷蔵庫に入れて保存します。

最長で4日ほど保存できますが、使用している食材次第では保存家の期間が短くなる可能性もあります。

さらに冷蔵庫の中は乾燥しますので、マフィンの水分が奪われてフワフワ感がなくなってしまいます。

冷蔵庫で保存した期間が長いほどにぱさつきや固さは増していきますが、常温で置いておく、もしくは電子レンジやトースターで加熱することで、多少は元の食感に近づくかと思います。

完全に元に戻すことは難しいので、食感が変化することを避けたい場合は常温保存するほうが良いでしょう。

それを見越して、常温保存に適さない食材を使用することを避けておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

常温や冷蔵保存では、マフィンをそこまで長く保存することはできません。

マフィンを長期保存したい場合は、冷凍庫でこれを保存することがオススメです。

その方法ですが、まず粗熱のとれたマフィンをラップで一つずつ包みます。

それを密閉できる容器に入れて空気を抜いてから、冷凍庫に入れてください。

鮮度劣化を気にする場合は、2週間で食べきってしまいましょう。

なお、密閉可能な容器に入れず、ラップしただけでこれを冷凍保温する場合は、匂い移りや冷凍焼けと言った鮮度劣化のリスクが高くなりますので、密閉可能な容器に入れて保存することをオススメします。

冷凍したマフィンを食べる際には、前日から冷蔵庫で自然解凍してから、トースターを使って加熱すると美味しくお召し上がりになれます。

凍ったまま電子レンジで加熱することもできますが、食感が「蒸しケーキ」日買い物になりますので、それを踏まえた上で実行してください。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

マフィンが傷んでくると、変な臭いがてきたり、カビが生えたり、ぬめってきたりします。

使用している具材によっては、上記とは異なる変化を起こすこともあります。

少しでも傷んでいる可能性を感じた場合は、食べずに処分してしまいましょう。

マフィンの場合、よく使用される食材とし「生クリーム」や「生の果物」等が挙げられますが、これらの食材は傷みやすく、長期保存に適していない可能性があります。

また、常温保存に適していない食材を使用している場合は、冷蔵保存か冷凍保存に限定され、保存可能な期間も短くなる可能性があります。

こうしたリスクを避けられる食材としては、マフィンでは「抹茶」「チョコチップ」といったものが挙げられますので、それなりに長く保存することを前提にマフィンを作る場合はこれらの食材を用いて作るようにしましょう。

それでも「全く傷まない」ということはなく、保存が長期になるとやはり傷んでしまいます。

見た目には普通でも実際は傷んでいる、ということもありますから、保存した日はきちんとどこかに記述しておき、保存期間が長くなった場合はきちんと観察してから食べるかどうかの判断をするようにしてください。

まとめ

使用している食材によっては常温でもそれなりに長く保存できるマフィンですが、使用している食材と保存方法の相性をきちんと考えないと予想外の速さで傷んでしまうことも考えられます。

「保存を前提としてマフィンを作る」という場合は、使用する食材の選び方に注意が必要です。

「長期保存に適さない食材を使用してマフィンを作る」という場合は、冷凍保存するか、保存を考慮せずに食べ切れる量だけ作るようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2018 AllRights Reserved.