卵の保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

皆さんは「卵の保存方法」について考えたことはありませんか?

基本的に、常温で販売されているものは常温で、冷凍で販売されているものは冷凍庫で保存します。

しかし、家庭では通常冷蔵庫で保存する卵についても、販売する際には常温で並べられている事がほとんどだと思います。

果たして、卵を保存する最適な方法は何なのかということにも触れつつ、卵の適切な保存方法と賞味期限の目安について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

まず、卵という食べ物は生ものですので通常は常温での保存よりも、冷蔵保存が適していると言えるのですが、常温でも問題なく保存が可能な食べ物です。

ですが、気温が高い場合だと「サルモネラ菌」が繁殖してしまい、高確率で食中毒を起こしてしまいます。

冷暗所で保存することを前提とすれば、卵を常温で保存することができ、2週間程度であれば比較的安全に食べることができます。

ですが、いくつか問題があります。

まずは「元から冷蔵販売されていた卵」です。

この場合、常温での保存は温度差が生じることになるので、買って帰ったらすぐに冷蔵庫に入れる必要があります。

次に「生卵として食べる場合」です。

前述の通り細菌の問題がありますので、加熱せずに食べたい場合は冷蔵保存で、記載されている賞味期限内に食べきる必要があります。

つまり、卵を常温保存する場合は「常温スペースで販売されていた卵」を「賞味期限内に加熱して食べる」という条件を満たす必要があるということになります。

スポンサードリンク

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

生食する機会も多い卵の保存方法として最適なのは、やはり一般的な卵の保存方法としてのイメージの強い「冷蔵保存」です。

冷蔵保存した場合、記載されている賞味期限を超えても加熱すれば食べられることも多いです。

ですが、基本的に記載されている賞味期限内に食べましょう。

さて、実はご存じない方も多いのですが、冷蔵庫での保存の場合は「ドアポケットでの卵の保存」は、実は最適とは言い難い保存方法なのです。

なぜなら、ドアポケット=開閉するスペースであり、つまり冷蔵庫を開け閉めする際にそこに保存してある卵に衝撃が伝わって割れやすくなってしまいます。

もし、冷蔵庫の開閉で卵に衝撃が走り、ひび割れを起こしてしまうと、そこから卵の内部に細菌が入り込んでしまい、生食すると食中毒のリスクを高めてしまいます。

なので、卵を保存するスペースとしてはドアポケット以外の場所が好ましいです。

卵保存用のポケットがドアポケットについている場合は、これを避ける必要があります。

さらに、卵を保存する際には「卵の尖っている部分」を下向きにして保存する必要があります。

これは、尖っていない方はその内部に空間が確保されており、古くなった卵の黄身が浮かび上がってしまう現象が発生した際にも殻に直接触れなくなり、鮮度を維持しやすくなります。

それと、匂いの強い食べ物の近くに卵を置くと匂い移りしてしまいますので注意しましょう(これを逆手に取って利用する調理法もありますが)。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

卵を長い期間保存したい時の保存方法としては、冷凍による保存が可能です。

しかし、方法によっては調理法が限られてしまいますので注意しましょう。

まず、殻ごと保存する場合は黄身の品質が変化します。

さまざまな用途に用いることを考慮すると、卵を割ってからかき混ぜて、溶き卵の状態にしてから冷凍保存しましょう。

割っていない状態で冷蔵保存すれば十分に長期保存は可能なのですが、「割った卵の長期保存」という条件であれば冷凍保存のほうが適しています。

前述の通り、ひび割れてしまった卵はそこから細菌が入り込みますので、例えば購入したばかりの卵が何個もひび割れてしまい、すぐには使用できないという場合の保存方法として実用性があります。

保存可能な期間は約1ヶ月間です。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

傷んでしまった卵は「腐卵臭」という言葉があるように、割った際に特有の嫌な匂いを放つことが多いです。

また、割った際に卵の黄身が崩れているのも傷んでしまっているサインなのですが、これは割った際に卵の殻に触れたことなどによっても発生するので確実なものではありません。

複数の卵を、傷んでいるかどうか確認したい場合は、割っていない卵を水につけてみると良いでしょう(浮かんできた卵は傷んでいます)。

まとめ

卵は常温保存することもできますが、基本は冷蔵庫での保存が最適です。

ですが、普段使いするような食材でありながらその実デリケートな食材でもありますので、保存方法にはくれぐれも注意する必要があるということは忘れないようにしておきましょう。

卵の消費はさほど難しいものではないと思いますが、短期間では食べきれないほど大量に入手した場合は、適切な保存方法と使用前には必ず鮮度チェックも忘れずに。

特に、生で卵を食べる機会が多い人は十分に注意しないと、食中毒のリスクが高まります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2018 AllRights Reserved.