砂糖の保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

料理やお菓子作りにも広く用いられる「砂糖」ですが、大きな袋で売られているものが多く、なかなか使い切れないのではないかと思います。

見た目から「傷んでしまう食べ物」というイメージはあまり受けないかと思いますが、適切な保存方法が実践できていない場合は品質が低下してしまいます。

そうなれば、美味しく食べることはできませんので、砂糖の正しい保存方法について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

多くの方が実践されていると思いますが、砂糖の保存方法として適しているのは「常温保存」です。

まず、砂糖が「未開封」の状態の場合は、そのままよりも何らかの容器に砂糖の入れ物ごと入れて、冷暗所で保存しましょう。

次に、「開封済み」の砂糖の場合、密閉できる容器に入れ替えて、これも冷暗所で保存しましょう。

また、開封済みの砂糖については「容器に移し替えきれなかった残り」が砂糖の入れ物に残っていると思われます。

それは、砂糖の袋をまるごと密封できる保存用の袋に入れて、真空にしてから冷暗所で保存してください。

保存できる期間ですが、砂糖はJAS法で「賞味期限を表示しなくて良い」と規定されている食べ物であり、つまり砂糖に賞味期限はありません。

賞味期限はないものの、味は変わってしまいます。ですから長持ちできると言っても、早めに使って買い足していくのが得策です。

保存に関しては無敵のように見える砂糖ですが、実は「湿度」でとある変化をします。

使いかけの砂糖が、いつのまにかカチカチに固まってしまって使いづらくなってしまったことはありませんか?それは、砂糖が湿気の水分を吸い、その後ろ再び乾燥して固くなってしまったからです。

保存においては前述の通り「密閉できる容器」に入れることが重要になります。

スポンサードリンク

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

乾燥した空間である冷蔵庫は、そのままでは砂糖の保存環境としては不適切です。

そのため、上記と同じように砂糖を密閉できる容器に移し替えて、密閉することで湿度の変化を回避することができます。

ただし、冷蔵庫の中は乾燥しているだけではなく外気温よりも低く、温度差が生じることで容器内に結露が生じます。

これにより、砂糖に湿気が入った後に冷蔵庫内の乾燥した空気で乾燥してしまい、砂糖が固まってしまいます。

ただし、これは冷蔵庫から取り出した砂糖を長期間放置した場合に発生しやすくなります。

使った後の砂糖をすぐに冷蔵庫に戻せば、そう簡単に結露が発生することはありませんが、外気温との温度差の大きさには注意しましょう。

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

砂糖は冷凍保存できなくもないのですが、あまりオススメできる方法ではありません。

前述の通り、砂糖は湿度の変化に弱く、温度差によって結露が生じた後に乾燥した冷凍庫に入れられると固まってしまいます。

このリスクは、温度差が激しくなるため冷蔵庫での保存よりもリスキーとなります。

ちなみに、「虫がつくのが怖いから」という理由で砂糖の冷凍保存を考えている場合は、まず「砂糖には虫はつきにくい」ということを理解しておきましょう。

その上で、小麦粉などの粉物ほどではありませんが、わずかながらに「ダニ」が繁殖するリスクがある点については、常温保存でも十分に対応できます。

砂糖を入れておく容器よりも大きな密閉容器を用意して、それに砂糖入りの密閉容器を丸ごと入れてしまいます。

その際、「乾燥剤」を一緒に入れることにより、ダニが嫌う乾燥した空間が砂糖入り容器の周囲に発生します。

これにより、ダニは砂糖入り容器に辿り着く前に全て死滅するので、虫がわくことが無くなります。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

前述の通り、砂糖は傷んでしまうことがなく、基本的に長期保存が可能な食べ物です。

ですが、長期保存することで砂糖の風味が損なわれ、変色を起こすこともあります。

何よりも前述の通り湿度の変化によって「固まる」というリスクが生じます。

ですが、「乾燥によって固まってしまった砂糖」は、その真逆の「水気を与える」ことで、元のサラサラの砂糖に戻すことができます。

具体的な方法としては、固まってしまった砂糖に霧吹きなどを使用して適度な水気を与え、これを密閉可能な容器に入れておきます。

これで固まっていた砂糖がほぐれ、元のサラサラの砂糖に戻すことができるのですが、水気を与えすぎると逆にベタベタになってしまいます。

まとめ

砂糖は賞味期限が存在せず、他の食べ物よりも気楽に保存することが可能です。

しかし、湿度の変化により固まってしまったり、長期保存によって風味の喪失や変色を起こしてしまいます(この状態でも食べることはできるのですが、あまり美味しくありませんし色の変化が気になる方が多いです)。

基本的に「密閉する」ということを遵守すれば、保存場所にもそこまで困ることもありません。

よほど大量の砂糖を開封してしまったという場合を除けば、あまり神経質にならず保存できるのではないかと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.