塩の保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

日常的に使用する調味料の代名詞とも言える「塩」ですが、よほど大人数用の料理をつくらない限りドバっと使用することは無いのではないかと思います。

そうなると、必然的に「開封後の時間」が長引くことになります。

塩が腐ってしまうと言うのはイメージできませんが、開封後の保存状態が良くなければ品質が低下することは容易に想像できます。

では、塩は本来はどんな風に保存するのが正しいのでしょうか?

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

塩の保存方法は、基本的に「常温保存」が最適です。

ですが、塩の保存の際に注意しなければならないポイントが有り、それは「湿気」です。

塩は湿気を吸うことで固まってしまい、非常に使いにくい状態に変化してしまいます。

湿度だけでなく、温度についても注意しなければなりません。

基本的に、密閉できる容器に塩を入れて、これを冷暗所で保存するようにしましょう。

その性質上、キッチンに置いておくことが多いのですが、コンロ周りや日光が当たるような場所で保存することは避けなければなりません。

塩は傷むということはあまりありません。しっかり保存していれば、他の食品と違い何年も使うことができます。

ですが、「固まる」というリスクは生じます。

前述の通り、塩の保存で天敵となるのは「湿気」なので、乾燥剤を塩の容器に入れておくと湿気ってしまうのを防ぐことができます。

乾燥剤以外だと、水分を吸ってくれるようなものを一緒に入れておくと同じような効果を期待することができます。

例えば、お茶パックに「炒った米粒」を入れて、これを塩の容器の中に入れておくというものです。

米と塩は同じ白い色をしているので、そのまま塩の容器に入れてしまうと間違って使ってしまうことがあります。ですから米粒はお茶パックなどに入れて、区別がつくようにして塩の容器に入れるのが良いですよ。

スポンサードリンク

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

塩は冷蔵庫でも保存が可能です。

常温保存と同じく、空気を遮断できる容器に入れて保存してください。

冷蔵庫での保存には、常温保存には無いメリットとデメリットが存在します。

まず、メリットに関しては「冷蔵庫内は乾燥している」ということです。

前述の通り塩は湿気に弱いので、乾燥した空間である冷蔵庫内で保存することは相性が良いと言えます。

デメリットは「外気との温度差がある」ということです。

冷蔵庫内と外気では、季節によっては10℃以上の温度差が生じます。

冷蔵庫から取り出した塩の容器をしばらく常温環境下に放置してしまうと、温度差によって「結露」が生じます。

これにより、容器内部の塩が湿気を吸ってしまい、固まってしまいます。

このデメリットを回避するためには、使用した塩はすぐに冷蔵庫に戻すことで、これにより温度差による結露の影響を最小限に抑えることができます。

ですが、塩は頻繁に使用する調味料であるため、冷蔵庫から取り出す頻度も当然ながら高いです。

結露の影響は少なからず発生しますし、何よりも冷蔵庫の「低温環境」というメリットはあまり活かされません。

基本的に常温で保存して、よほど塩の保存に適した冷暗所を確保できない場合は冷蔵庫での保存も視野に入れる程度の認識で十分でしょう。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

塩を冷凍保存すると、冷蔵保存でのデメリットである「温度差による結露」のリスクがさらに高まる事になります。

塩は常温でも長期保存が可能(腐ることがない)であるため、冷凍保存における最大のメリット「長期保存が可能」というポイントが全く活かせません。

つまり、結露による塩の固まりのリスクが高まるだけであり、乾燥した空間ということなら冷蔵庫での保存で十分であり、メリットが極めて少ないです。

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

前述の通り、塩は基本的に腐ってしまうことがなく、何年でも保存して使用することができます。

ですが、何度も説明しているとおり「湿気により固まる」というリスクが生じてしまうので、これの対策は十分にしておかなければなりません。

また、固まってしまった塩は使えないわけではなく、再びサラサラの状態に戻すこともできます。

固まってしまった原因が「湿気」つまり「水分」なので、水気を吹き飛ばすために加熱すれば良いのです。

具体的な方法としては、固まってしまった塩をフライパンで乾煎りするか、電子レンジで加熱するだけでも十分に水分を飛ばせます。

まとめ

塩の保存の基本は「湿気を避けること」です。

密閉できる容器を用意して、冷暗所で保存することができれば塩が固まること無く使い続けることができる可能性が高いです。

加熱によって固まった塩もリカバリーすることができますので、保存においてそこまで神経質になる必要はありません。

ですが、固まる他にも「匂い移り」などのリスクもあるので、開封後の塩の保存は「容器」と「保存場所」だけは十分に注意しておく必要があります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.