醤油の保存方法と賞味期限まとめ

[ad1]

煮物の材料として欠かせず、さまざまな料理の味の基本となる「醤油」は、高級なものを除けば大抵は大きな容器に入って販売されています。

容器が大きな分、開封から使い切るまでの時間が長くなることになります。

そうなると、いかに正しい保存方法を実践することができるかが、醤油の良さを活かせるかということにつながります。

では、醤油のおいしさを保つためにも良い保存方法やおいしく使える賞味期限について見ていきましょう。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

醤油は常温保存ができます。

開封前だと冷暗所に置いておくことで、さらに長い期間保存がききます。

ですが、いくら長持ちすると言っても、基本的には書かれている賞味期限内に使い切るのが、おいしく醤油を摂取することができるコツです。

醤油は一度開けてしまうと空気に触れることで「酸化」が始まります。

酸化は室温や気温が高くなると進みやすいので、醤油を置いている場所が暑くなりそうな場合はおいしさを保つために冷蔵庫での保存にした方が良いでしょう。

開封後の醤油は、基本的に1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

なお、最近だと某メーカーが「容器内に空気が入り込まない仕組み」のボトルに入った醤油を販売していますが、これだと開封後も容器内に空気が入り込まないので常温保存しても差し支えないと思われます。

[ad-responsive]

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

開封後の醤油は、酸化を防ぐためにも冷蔵庫で保存することをオススメします。

「口が開閉できる醤油差し」もしくは「密閉できる小さめの容器」に醤油を移し替えると、保存性の向上と保存スペースの確保を両立させることができます。

風味を気にして保存したいのであれば、1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

前述の通り、特に気温の高い夏場は醤油を常温保存することは危険なので、冷蔵庫で保存することがオススメです。

その理由として、気温が高い時期に開封後の醤油を常温保存していると「白いカビのようなもの」が発生してしまいます。

これ自体はカビではなく、醤油内に存在する「酵母菌」が白く結晶化したものなので、使用しても特に食中毒の原因になるようなことはありません。

また、酵母菌の結晶は布で漉すことで取り除くこともできます。

保存状態があまり良くないと、酵母菌の結晶の上にカビが生えることもあり、こうなるとさすがに口にするのは危険です。

さらに、酵母菌が結晶化している時点で相当に風味が損なわれているため、基本的にこのような状態にならないように冷蔵庫で保存して、早めに使い切ることが重要です。

[ad-responsive]

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

一般的に、食品を長期保存する方法として最適な「冷凍保存」ですが、水分量の多い食品の保存方法としては少し問題があります。

そのイメージがあるので、醤油を冷凍保存することはできないのではないかというイメージがありますが、実は醤油は冷凍保存しても問題ありません。

醤油の凝固点はマイナス60℃なので、家庭用の冷蔵庫で凍り付くことはありません。

ただし、冷蔵庫よりも保存スペースの確保が難しいので、まず大きな容器のままでは保存することが難しいでしょう。

小分けにして保存するにしても、酵母菌の結晶化を防ぐ目的であれば冷蔵庫で保存すれば十分なので、よほど冷蔵庫内にスペースを確保できないような状況ではない限り、冷凍庫で保存しなくても良いでしょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

醤油は、もともと「殺菌作用」が強いので、これ自体が腐ることはほとんどありません。

風味さえ気にしないのであれば、何年でも保存して使用することができますが、前述の「酵母菌の結晶化」と、それに伴うカビの発生がどうしてもネックになります。

冷蔵庫内で保存することでこれを防ぐことができますが、開封後は空気に触れるので酸化が進み、風味が損なわれます。

「美味しい醤油として保存する」ということを前提とすれば、前述の通り開封後は1ヶ月以内に使い切ることが重要です。

醤油の使い過ぎは塩分の過剰摂取に繋がるので、さまざまなメディアで醤油の使いすぎを警告しています。

なので、開封後1ヶ月以内に使い切れないという場合は、購入する醤油の単位を変える必要があります。

まとめ

腐る心配をほぼする必要のない醤油は、食中毒にさえ気をつけていれば冷蔵庫でかなりの間もたせることができます。

ですが、醤油の良さであるあの風味を活かして保存したい場合は、やはり開封後いかに早めに使い切ることができるかということが重要になるので、使い切れない単位の醤油を購入することは避けたほうが良いでしょう。

小さい単位の醤油は多少なり割高になりますが、醤油の良さを活かしたまま使い切るためにはそれも受け入れなければなりません。

最近では少し変わった醤油も数多く販売されていますので、この機会にさまざまな醤油を試してみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2022 AllRights Reserved.