チャーハンの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

一品でお腹いっぱいになる「チャーハン」は、さまざまなメディアで「美味しい作り方」を紹介する等して日本でもメジャーな食べ物です。

そんなチャーハンですが、一食では食べきれないほど作ってしまった場合、みなさんはどうしていますか?

保存するにしても、その保存方法によって適切な方法と保存できる期間は異なります。

そこで、チャーハンの適切な保存方法と、各種保存方法ごとに保存できる期間の目安について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

チャーハンは、どの季節であっても常温保存には向かない食べ物です。

特に夏場の場合、昼作ったチャーハンが夕方には既に傷んでしまっているということもあり、食中毒の温床となる危険性が高い食べ物です。

冬場の場合、気温が低い冷暗所であれば最長1日ほど保存することもできなくはないのですが、日を跨ぐというのであれば常温保存よりも冷蔵庫での保存の方が適していると言えます。

しかしながら、チャーハンを常温保存しなければならないという場合は、ラップをして冷暗所での保存するようにします。大切なポイントは、ラップをかける前にチャーハンの粗熱をとり、冷めてからラップをかけるようにします。

ただし、気温が低い時期に限定されますので、夏場は特に常温保存をすることを考えないようにしましょう。

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

チャーハンを何日か保存したいという場合は、冷蔵庫で保存しましょう。

具体的な保存方法は、チャーハンを冷ましてからタッパーに移し、密閉して冷蔵庫で保存します。

お皿ごとラップしたり、チャーハンのみラップして包んで保存することもできますが、匂い移りのリスクがありますので密閉できる容器を用意したほうが無難です。

さらに、保存するチャーハンに「梅干し」「レモン汁」などの食材を使用することで、殺菌作用による保存性の向上を図ることができます。

ただし、画期的に保存期間が伸びるというわけではありませんので、あくまでも気休め程度に考えておきましょう。

最長でも2日ほどしか保存することができないため、さらに長期間の保存を考えている場合は冷蔵庫ではなく冷凍庫で保存することをオススメします。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

チャーハンを長期保存したい場合、最適な保存方法は冷凍保存です。

その方法としては、チャーハンを冷ましてから、冷凍用の保存袋に入れて平らな状態にします。

中の空気をしっかりと抜いてから、これを冷凍庫に入れて凍らせます。

その際、テクニックとして「数時間おきに取り出してほぐす」という方法があります。

これは、冷凍食品のチャーハンのように、パラパラの状態で凍らせるための方法です。

パラパラの状態で凍らせることで、小分けにして使用しやすくなります。

1時間おきであれば、3回ほど繰り返すと程よい感じになります。

完全に凍った状態でもみほぐすか、もしくは「パラパラじゃなくても構わない」という場合は1食分に小分けした状態で冷凍すると使い勝手が良くなります。

冷凍保存後でもおいしくいただける保存期間はだいたい1か月ほどですが、少々の味の劣化は気にしないという場合には2~3ヶ月の保存も可能です。

食べる際には、電子レンジで温めても食べられますが、常温で自然解凍してからフライパンで炒めると食感が損なわれずに済みます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

傷んでしまった納豆は、異臭がしたりカビが生えるなどの変化を起こします。

特に、異臭がひどい場合には絶対に食べないようにして、食中毒を起こさないようにする必要があります。

また、チャーハンに使用している食材によっても、保存可能期間との相性が他の食材と異なるために傷んでしまう可能性も捨てきれません。

保存可能な期間の短い「卵」などはチャーハンにも多用される食材であるため、十分に注意しましょう。

気温が高いと傷みやすく、数時間で傷んで異臭を放つことも考えられますが、場合によっては外見上特に異変を起こしていない状態でも実際には傷んでしまっているということも考えられます。

さらに、冷蔵庫での保存期間が短いという点も考えると、冷凍保存以外ではデリケートな保存条件となるケースが多いということになり、当然ながら傷んでしまうリスクが高まる事になります。

「常温で数時間放置していた」「冷蔵庫内で3日以上保存していた」といった場合には入念にチャーハンの状態を確認し、少しでもおかしいと感じた場合はもったいないですが食べずに処分することを心がけておきましょう。

まとめ

チャーハンは、冷凍保存以外では長持ちさせることができず、冷蔵庫内でも数日で傷んでしまうケースが多い食べ物です。

基本的に作ったその日の内に、出来たてを食べきるというのが最も美味しい食べ方ですが、ご飯物である以上は大量に消費するということも難しいという点は否めません。

安全に食べきりたい場合、やはり冷凍保存することがオススメです。

上記のほぐし方をしなくても冷凍保存自体はできますし、解凍も電子レンジで簡単に行なえますので、すぐには食べきれないと判断したら迷わず冷凍庫行きを決めたほうが安全です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.