チンゲン菜の保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

中国から伝わった野菜の中でもポピュラーなチンゲン菜は、安価で購入できて加熱してもシャキシャキの食感が楽しめる野菜として愛用する人も少なくありません。

広告の品で安い時に、つい大量に購入してしまうと、いつの間にか変色したりしなびたりしてがっかりすることってありませんか?

そこで、チンゲン菜の正しい保存方法、およびそれぞれの保存方法での賞味期限についてまとめてみました。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

チンゲン菜は傷みやすく、常温での保存はおすすめできません。

例外として冬場であればまだ常温保存の余地がありますが、できれば冷蔵または冷凍で保存してください。

常温保存する場合、チンゲン菜は乾燥に弱いので、できるだけ乾燥させないように注意して保存してください。

ただし、葉の部分が過剰に湿っていると傷みやすくなってしまいますので注意してください。

常温保存する場合は長く保存することはできないので、長くても2~3日で使い切ってください。

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

2~3日でチンゲン菜を使い切れない場合には、冷蔵庫の野菜室で保存することをおすすめします。

前述の通りチンゲン菜は乾燥に弱いので、乾燥させないように工夫しなければなりません。

具体的な方法としては、まず最初に購入したチンゲン菜の状態を確認して、既に傷んでいる部分を取り除きます。

次に、チンゲン菜に付着している水分を拭き取り、新聞紙でくるんでから霧吹きをかけて湿らせます。

これをポリ袋に入れて、野菜室の中に葉を上にして立てた状態で保存してください。

単独で立てることが難しい場合には、ペットボトルや牛乳パックを加工してチンゲン菜を立てるのに使ってください。

正しく冷蔵保存できているとしてもそこまで長持ちさせることは難しく、4~5日で使い切ることをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

4~5日でも使い切れないほどチンゲン菜を入手した場合には、冷凍保存することをおすすめします。

チンゲン菜の冷凍保存は「生の状態で冷凍」と「ゆでた状態で冷凍」の2種類の方法があります。

生でチンゲン菜を冷凍保存する場合は、まずチンゲン菜をよく洗ってから適当な大きさにカットします。

次に、水気を拭き取ってから冷凍用の保存袋に入れて、中の空気をしっかりと抜いてから冷凍庫で保存します。

ゆでた状態で保存する場合は、水1Lに対して大さじ1杯の塩を入れて火にかけます。

この塩水が沸騰したら、水洗いしたチンゲン菜の根本だけを浸けて、10~15秒ほどゆでます。

次に、葉の部分もお湯に浸けて10秒ほどゆでてから冷水に入れて冷まします。

きちんと冷やしたら水気をよく絞り、適当な大きさにカットしてから冷凍用の保存袋に入れて冷凍庫で保存します。

コツとしては、まずカットしたチンゲン菜をラップで小分けします

これを平たい状態にしてから金属製のトレーに乗せて冷凍庫に入れて急速冷凍します。

急速冷凍すると鮮度を保ちやすく、凍ったら冷凍用の保存袋に入れて冷凍保存すると良いでしょう。

生の状態でも冷凍保存できますがチンゲン菜の食感が大きく損なわれてしまいます。

そのため、食感を気にする人はゆでてから冷凍保存してください。

チンゲン菜を冷凍保存した場合の賞味期限は1ヶ月ほどですが、できれば2週間程度で使い切ることをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

チンゲン菜を保存するのに一番適している方法・容器

チンゲン菜は傷みやすく、特に夏場の常温保存ではすぐに食べられない状態になってしまいます。

すぐに使い切れる場合であれば冷蔵保存で構いませんが、大量に入手して1週間以内に使い切れない場合はすぐに冷凍保存してください。

冷蔵保存する時に湿らせる際、新聞紙の代わりにキッチンペーパーでも代用できます。

冷凍保存する場合はできればラップでの小分けと、ジップ付きの保存袋を使用することをおすすめします。

なお、カットしたチンゲン菜は未カットのものよりも非常に傷みやすくなります。

冷凍保存するか、翌日に使い切れるのであればタッパーなどの保存容器を使用して冷蔵保存してください。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

傷んでしまったチンゲン菜は、葉の色が鮮やかな緑色から次第に黄色く変色してしまいます。

黄色くなった部分を取り除けば残りの部分は食べることができますが、鮮度が落ちている証拠なので油断は禁物です。

鮮度が落ちるに従ってしおれてきますので、保存中のチンゲン菜の状態をこまめに確認してください。

ある程度の期間チンゲン菜を保存して、鮮度が悪くなってきたと思ったら早めに使い切ることを心がけてください。

まとめ

加熱してもシャキシャキの食感を楽しめるチンゲン菜は、鮮度が良いうちに使い切ってしまうのが理想です。

冷蔵保存でも1週間は保たせることが難しいため、数日で使い切れないほど大量のチンゲン菜を入手した際には過剰分を冷凍保存します。

鮮度が落ちると一気に悪くなってしまうので、葉が黄色くなったりしおれかけているのを確認したら早めに食べきってください。

短期間での消費が難しいと感じたら、レシピサイトをチェックしてチンゲン菜を大量に消費できそうな献立を考えましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.