白菜の賞味期限と保存方法まとめ

スポンサードリンク

冬は鍋物に欠かせない野菜である「白菜」

鍋物以外でも様々な料理で活躍してくれて、お値段も安いのでつい買い込んでしまうことってありませんか?

傷んでしまってはもったいないので、白菜の保存方法とそれぞれの賞味期限の目安についてまとめてみました。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

常温保存できるのは冬場に出回る白菜だけです。

新聞紙で包んで冷暗所で保存します。

夏の間は常温保存ができず、野菜室でも長持ちしません。

白菜には「冬白菜」と「夏白菜」という2種類の白菜があり、それぞれ出回る季節が異なります。

冬白菜は年末年始とその前後の寒い時期に出回るもので、常温でもある程度の保存が可能なものです。

常温保存する場合が乾いた新聞紙で包んで、根の部分が下向きになるように立てて保存しましょう。

複数個ある場合は、それらをダンボールやケースに入れておくと立てておきやすいです。

長ければ1ヶ月ほど保存しておくことが可能です。

夏とその前後に出回る夏白菜は、気温が高いので常温保存には適しません。

冷蔵庫の野菜室での保存が基本となりますが、それでもあまり長持ちさせることはできません。

そのため、「食べられる分だけ買う」ということを基本にします。

白菜は丸のままだと大きすぎて、一人暮らしの人には食べきれないサイズです。

2分の1もしくは4分の1カットの白菜を購入し、数日で使い切ることを念頭に置いておきます。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

白菜を冷凍保存する場合は、葉を外してから洗い、カットしてから冷凍用の保存袋に入れて冷凍保存します。

可能ならばカットする前に1分ほど茹でてから水気を絞り、カットして冷凍保存することをオススメします。

白菜の冷凍保存は、丸のままでは不可能です。

なので、まずは白菜の葉を1枚1枚外していき、これを水洗いします。

キッチンペーパーで水気をしっかりと拭き取り、食べやすい大きさにカットしていきます。

その際、食べやすさを考慮して「葉」と「茎」を明確に意識して分けておくと、料理に使いやすくなります。

カットしたらこれを冷凍用の保存袋に入れて、中の空気を抜いてから冷凍庫で保存します。

1ヶ月は保存することができますが、美味しさを考慮しないのであれば数ヶ月保存することもできます。

カットする前に少し茹でておくことも効果的です。

茹でた白菜の水気を絞り、これをカットしてから冷凍庫に入れます。

食べる際には、用途に応じて解凍するかどうかを決めます。

汁物に入れる場合はそのままで、水分量が多いと困る料理の場合は解凍してから水気をしっかりと絞って使いましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

白菜をカットしている場合、季節にかかわらずこれをラップで包んでから冷蔵庫で保存します。

あまり長持ちしませんので、早めに使い切ることを意識して献立を考えていきましょう。

前述の通り、白菜は大きな野菜です。

また、葉の部分が細かいので、1枚1枚を外すよりもそのまま包丁を入れて調理することも多いです。

その際、根の部分につながっている部分は残るのですが、これはラップで包んで保存します。

常温保存できる冬白菜でもカットしてしまうと長持ちしませんので、ラップで包んでから野菜室で保存しましょう。

傷みが早く、1週間で使い切ってしまうようにしましょう。

もっと長期間の保存を考慮する場合は残った部分もカットして冷凍保存することも考慮しましょう。

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

白菜が傷むと、一般的な葉物野菜と同じような変化を起こします。

異臭や変な汁の発生、全体的な色の変化は傷んでいる証拠なので食べずに処分してしまいましょう。

白菜が傷んでくると、異臭が発生したり、汁が出てきて気持ち悪くなってしまいます。

全体的な色の変化も起きますので、カットするまでもなく外見から傷んでいると理解しやすいです。

ただし、一部気をつけたい変化もあります。

白菜には黒いゴマ粒状の変化が起きることがあります。

カビと見間違えてしまうことが多いのですが、これは白菜のポリフェノールによる変化であるため、問題なく食べることができます。

また、一部分だけ変色している場合も、その部分を取り除けば食べることができます。

白菜は金属によって変化を起こしてしまいますので、包丁でカットすると断面からすぐに変色してしまいます。

そのため、白菜は可能な限り食べる分だけを手でちぎり、金属に触れないようにしておきましょう。

まとめ

白菜は、季節によって保存可能な期間が異なる野菜です。

冬白菜であればカットしていない限り常温でも長持ちさせることができます。

大きな野菜ですので、冷蔵庫を圧迫すること無く常温保存できるところは嬉しいポイントです。

夏場はどうしても長期保存にはむきません。

冷凍保存するか、食べられる分だけを買うことを意識しないと、比較的安い野菜であるとは言えもったいないです。

安さに釣られず、無理すること無く食べ切れる分だけを購入し、傷ませること無く食べきってしまいましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.