カリフラワーの保存方法と賞味期限まとめ

[ad1]

「実はキャベツの仲間」「食べている部分は『つぼみである』」など、さまざまな特徴を持つ野菜である「カリフラワー」

この野菜は実に保存に適さない野菜です。

迂闊に買いすぎてしまうと、食べようと思った時には既に傷んでしまう事が多いです。

そこで、カリフラワーの正しい保存方法と、それぞれの賞味期限の目安について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

常温保存したい場合、冷暗所よりも野菜室での保存が適しています。

カットしていない場合、湿った新聞紙で包んでからポリ袋に入れて保存します。

購入してからカットしていないカリフラワーの場合は、冷蔵庫の野菜室での保存が適しています。

まず、水で湿らせた新聞紙を用意して、これでカリフラワーを包みます。

新聞紙がない場合はキッチンペーパーでも構いません。

包んだカリフラワーをそのままポリ袋に入れるか、ラップで包みます。

その後、冷蔵庫に立てた状態で入れて冷蔵保存します。

もともと、カリフラワーは長期保存のできない野菜です。

購入したその日のうちに食べることが好ましいのですが、すぐには食べられない場合にはやむを得ません。

ですが、この方法でも2~3日ほどしか保存することができません。

長期保存したい場合は、別の方法を実践することが必要になります。
[ad-responsive]

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

カリフラワーを冷凍保存する場合、小分けにして硬めに塩ゆでします。

水分を切ってからキッチンペーパーで水分を拭き取ります。

これを冷凍用の保存袋に入れて、冷凍庫で保存します。

カリフラワーの冷凍保存は、まずカリフラワーを小房に切り分けて、塩を入れたお湯で硬めに茹でます。

2分ほど茹でれば十分でしょう。

茹で終わったら、これをザルに移して水気をしっかりときっておきます。

さらに、キッチンペーパーを使って、しっかりと水分を拭き取っておきましょう。

水分の始末が済んだら、これを冷凍用の保存袋に入れて冷凍保存します。

その際、可能であればトレーか何かに茹で終わった状態のカリフラワーを入れて、これをそのまま冷凍庫に入れて冷凍します。

その理由は「急速冷凍」です。

冷凍用保存袋に入れずに冷凍することで急速に冷却することができ、こうすることで味の劣化を防ぐことができます。

きちんと保存できていれば、1~2ヶ月は保存しておくことが可能です。

調理に用いる際には、汁物や煮物には冷凍したまま投入します。

それ以外の場合は自然解凍もしくは電子レンジで解凍してから使用します。

冷凍することで食感が低下しますが、水気をしっかりと拭き取ることで少しでも食感の低下を防ぐことが可能になります。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットした場合はあまり長期保存を考慮することができません。

冷凍庫で保存するか、「ピクルス」にするなどして保存することを考えるか、その日のうちに食べきってしまいましょう。

前述の通り、カリフラワーは日持ちさせることが難しい野菜です。

野菜はカットすることで鮮度の低下が激しくなりますので、カットした場合はその日のうちに使い切ってしまうか、冷凍庫での穂園を考えましょう。

その他の保存方法としては「ピクルス」などの、保存向けの調理・加工を施すという方法もあります。

カリフラワーのピクルスは市販の甘酢やピクルス液などを用いて簡単に作ることもできます。

調理する場合は、大量に食べられるレシピを探してきて実践することもできます。

無理に食べようとしても残してしまうと思いますので、可能な限り食べきることができるような味付け・調理方法を実践すると良いかと思います。
[ad-responsive]

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

カリフラワーが傷んでいると、異臭やぬめりの発生、全体的な黒い斑点などの一般的な野菜の腐敗に関する変化が発生します。

一部の変化はその部分を切り落として使えますし、つぼみに若干の変化が見られる程度であればその部分をカットして使うことができます。

カリフラワーを購入して時間が経過すると、次第につぼみの部分に若干の変色や一部分に黒や茶色の斑点が見られるなどの変化が発生します。

こうした「ちょっとした変化」程度であれば、その部分だけを切り落とすことで残りの部分は普通に食べることができます。

気になる場合は加熱調理して食べるようにしましょう。

それがさらに進むと、異臭やぬめりといった、一般的な野菜の腐敗による変化が発生します。

斑点もカリフラワー全体に広がっていきますので、そういった場合には食べずに処分してしまいましょう。

まとめ

カリフラワーは長期保存には適さない野菜の一つであり、買ってからすぐに食べるのであればまだしも、買いすぎてしまった場合などについては冷凍保存を最優先に考えましょう。

ある程度の保存で良いのであればピクルスなどでも良いのですが、その状態のまま保存したい場合は数日のうちに使い切ることを考えましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2022 AllRights Reserved.