ケールの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

青汁の材料として知名度が高く、栄養価の高さで一般にも知れ渡ることとなった「ケール」

あまりスーパーでも見かける機会は多くないのではないかと思います。

そんなケールを入手したとして、すぐには使い方がわからず、時間を置いて使うことになるとすれば保存方法が気になりますよね?

そこで、ケールの正しい保存方法と賞味期限の目安について解説します。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

ケールは常温では保存することが難しいです。

乾燥すると食べられなくなりますので、キッチンペーパーで包んでナイロン袋に入れ、野菜室で保存します。

ケールは乾燥しやすく、そうなると野菜としては食べられなくなってしまいます。

そのため、ケールの保存において重要なことは「乾燥させないこと」なのです。

湿ったキッチンペーパーを使うので、常温ではなく野菜室での保存が適しています。

まず、湿らせたキッチンペーパーでケールを挟みます。

その状態でナイロン袋などに入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。

この状態でも2~3日で傷んでしまう可能性が高いので、なるべく早く食べきってしまうようにしましょう。

ケールと言えば「青汁の材料」というイメージが強いのですが、実はそれ以外にも食べ方はいくらでもあります。

生のままでも食べられますし、炒め物や煮物など、一般的な葉物野菜としての調理方法は一通り試すことができます。

「ケールの食べ方なんてわからない」となると、それを調べるのにも時間がかかってしまい、その間にどんどんケールは傷んでしまいます。

そうならないように、購入前にレシピサイトを確認しておくなど、調理方法を調べておくとケールが傷んでしまう前に使うことができます。

また、調理方法によってケールの選び方も異なります。

青汁にする場合は葉っぱが大きく、緑色が濃い目のものが良いです。

炒め物や煮物、サラダに使う場合は調理の手間を考えて、葉は大きすぎず、固すぎないものを選ぶと良いでしょう。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

ケールを冷凍する場合は「青汁用」に限定されます。

そのため、青汁に加工してから冷凍するという方法が最適です。

解凍後はすぐに飲んでしまわないといけません。

野菜を冷凍保存することで、長期間の保存が可能になることが多いです。

しかし、ケールの場合はそのまま冷凍すると調理することができなくなってしまうので、冷凍したケールは「青汁」に使うしか有効な利用法がありません。

そのため、ケールのままで冷凍するのではなく、「青汁に加工してから冷凍保存」という方法が有効です。

ケールをミキサーにかけて青汁にしてから冷凍保存することである程度は長持ちさせることができます。

余談ですが、ケールに含まれる「酵素」や「熱に弱い栄養」を損なうこと無く青汁にしたい場合、可能であれば「低速圧縮ジューサー」を使用することをオススメします(一般的なミキサーだと刃の部分が加熱し、熱に弱い栄養が損なわれるため)。

冷凍した青汁は解凍してから飲みますが、解凍後は鮮度が急速に悪くなりますので早めに飲んでしまいましょう。

解凍に必要な時間と飲むタイミングを考えて計画的に解凍することが必要です。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットしている場合はすぐにでも調理に用いることをオススメします。

そうでなければ冷蔵庫で保存して、調理のタイミングまでカットしないことです。

あるいは、青汁用に冷凍保存しておくこともオススメです。

サラダ用や加熱調理する場合などは、大き過ぎるケールでは調理するのも食べるのも一苦労です。

そのため、手頃な大きさにカットするのですが、そうなると鮮度が急激に低下してしまいます。

すぐに調理して食べるのであれば良いのですが、明日明後日になって使うために前もってカットしておくということはオススメできません。

前述の通り、乾燥を防ぐためにキッチンペーパーで挟んで保存します。

カットしてしまうと取り回しが悪くなり、保存も苦労することになります。

そのため、乾燥を防ぐ必要のない冷凍保存であれば良いのですが、そうなると青汁以外の用途に使えなくなります。

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

ケールが傷むと、異臭やぬめり、変色などを起こします。

また、保存方法が間違っていたり時間が経過すると乾燥し、しなびてしまうことで瑞々しさや艶は失われてしまいます。

前述の通り、ケールは痛みやすい野菜です。

あまり慣れない野菜ではありますが、入手する機会がもしあれば「早めに使い切る」「最悪、全て青汁にしてしまう」などの思い切りも必要になります。

葉物野菜なので、傷んでしまった際の変化は外見からすぐに分かるものです。

何らかの異変を感じたら、もったいないでしょうが処分してしまいましょう。

いくら栄養豊富な野菜だからと言っても、それでお腹を壊してしまっては元も子もありません。

まとめ

ケールを生のままで入手する機会というのは、そうあるものではありません。

しかし、昨今はその効能が注目されていることにより、入手の機会は増加傾向にあります。

もし、それなりの量のケールを入手した場合、せっかくの栄養を損なうこと無く食べきりたいものです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.