水菜の保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

生食ではサラダ、加熱調理では鍋物など幅広く使える、安くてたくさん食べられる人気の野菜が「水菜」です。

しかし、水菜は日持ちしないことでも有名な野菜です。せっかく購入しても傷んでしまっては意味がありません。

そこで、水菜の保存方法とそれぞれの賞味期限の目安について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

水菜は冷蔵庫での保存が適しています。乾燥を防ぐために湿った新聞紙で包み、野菜室で立てた状態で保存するようにしましょう。

ペットボトルなどを活用することもオススメです。

水菜を保存する上で最も注意しなければならないポイントは「乾燥」です。

冷蔵庫の内部は非常に乾燥している空間であり、水菜を保存する環境としては非常に不適格です。

そのため、水菜が乾燥してしまわないようにするのですが、冷蔵庫内の環境は簡単には変えられません。

そこで、水菜を湿った新聞紙で包むことで、乾燥を防ぐことができます。

この状態で、水菜を立てて保存するようにしましょう。

立てる理由は2つあり、まずは水菜が曲がってしまわないようにするためです。

寝かせると上向き、つまり茎が伸びている方向と直角に伸びようとするので、茎が曲がってしまうのです。

2つ目に、水菜から出てくる水分が水菜を傷める原因にならないためです。立てて置いておくことで、発生した水分は下に落ちていきます。

立てる際に、水菜と新聞紙だけではその体勢を維持することが難しいと言えます。

そこで、空いているペットボトルや牛乳パックなどを利用して、その中に新聞紙で包んだ水菜を入れておくことで、簡単に冷蔵庫内で立てて保存することができます。

正しい保存方法で保存したとしても、賞味期限はせいぜい2~3日といったところです。

もともと、保存には適さない野菜なので仕方がないのですが、さらに言えば美味しく食べられるのは翌日が限度です。

水菜はさまざまなレシピがレシピサイトに掲載されていますので、大量の水菜を美味しいうちに食べきりたいという場合はそれを活用して美味しい水菜を食べきってしまいましょう。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

水菜を冷凍保存する場合は水洗いしてからカットします。

水気を拭き取ってから冷凍用の保存袋に入れて、冷凍庫で保存します。

1ヶ月ほど保存できますが、美味しく食べられるのはその半分の期間です。

一般的に、冷凍保存には適さないと言われている水菜ですが、冷凍保存自体は不可能ではありません。

ただし、水菜の代名詞とも言える、生の状態で食べるシャキシャキ感は永遠に失われてしまいます。

加熱調理をすることが前提となりますので、それでも良いという場合には実践しましょう。

まず、水菜をよく水洗いして、それを食べやすい・調理しやすい大きさにカットします。

次に、水菜に付着している水分をキッチンペーパーで拭き取ります。

水分を取り除けたら、これを冷凍用の保存袋に小分けしましょう。その際、中の空気はしっかりと抜いておきます。

調理に使う際は、解凍せずにそのまま調理します。

うまく保存できていれば最大で1ヶ月ほど保存しておくことも可能ですが、美味しく食べることができるのは2週間程度だと考えておきましょう。

また、「水菜が変色している」「水菜を入れている保存袋に霜がついている(水菜の水分によるもの)」といった場合には鮮度が落ちている証拠なので、早めに食べてしまいましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットした水菜を冷蔵庫で保存する場合は、カットした水菜を水に浸けてシャキッとさせます。

表面の水分を拭き取ってからキッチンペーパーと一緒に保存用の容器に入れて冷蔵庫に入れます。

カットした野菜は保存が難しく、日持ちしない水菜ではさらに難しいと言うイメージがあります。

実際、カットしていない水菜と同じ方法では保存できないのですが、一つの方法があります。

カットした水菜の水分を補給するために、カットした水菜を10分ほど水につけておくのです。

ですが、表面の水分は水菜を傷めてしまいますので、取り出した水菜はキッチンペーパーで水分を取り除いておきます。

これを、キッチンペーパーを敷いた容器に入れてその上からもキッチンペーパーをかぶせ、密閉して冷蔵庫に入れます。

通常の保存方法と同じ程度保存しておくことができます。

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

水菜が傷んでいる場合は、変色やぬめりの発生、異臭などの変化が発生します。

冷凍中は保存袋に霜がついているのも、その証拠となります。

何度も言っていますが、水菜は傷むのが早い野菜です。発生する変化は他の葉物野菜と同じように異臭や変色、表面のぬめりなどが発生します。

「これくらいなら大丈夫だろう」とは思わず、何らかの違和感を感じたら食べずに処分してしまいましょう。

まとめ

水菜のシャキシャキした食感を楽しみたいのであれば、その日のうちに食べきってしまうことが理想ではあります。

しかし、購入した事情によってはそうもいきません。

せめて傷んでしまう前に、どんな方法でも良いので食べきってしまうことを最優先にしましょう。

シャキシャキした食感は楽しめませんが、冷凍保存することも視野にいれることで無駄なく食べきることができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.