サニーレタスの保存方法と賞味期限まとめ

[ad1]

通常のレタスよりもさらに痛みやすい野菜が「サニーレタス」です。

購入してからすぐに冷蔵庫に入れて、あっという間に傷んでしまったという経験があるのではないでしょうか?

しかし、こうした葉物野菜は、やはり鮮度抜群のシャキシャキの状態で食べたいものですが、買ったその日に全て食べきれるとも限りません。

そこで今回は。サニーレタスの正しい保存方法について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

サニーレタスは常温保存できませんので、冷蔵庫での保存が基本となります。

ビニール袋などに入っているものは取り出し、中心に水滴を垂らします。

それを新聞紙で包んでからビニール袋に入れて冷蔵庫に入れると数日は鮮度を保てます。

冒頭でも述べましたが、サニーレタスは痛みやすい野菜の一種です。

買った状態で冷蔵庫に入れると、サニーレタスを入れているビニール袋との相性もあってすぐに傷んでしまいます。

なので、その日のうちに食べ切らない場合は適切な保存方法を実践する必要があります。

まず、サニーレタスがビニール袋などに入っている場合は、これを取り出します。

次に、サニーレタスの中心部分を水で湿らせます。そして新聞紙ですっぽり包みます。

最後にビニール袋に入れて下さい。これで冷蔵庫でも保存ができるようになります。

保存期間はだいたい3~4日くらいです。

状態を見ればもっと長持ちさせることもできなくはありませんが、痛みやすいので早めに使い切ってしまいましょう。

また、水を垂らすのではなく、根っこを引き抜いてから濡らしたキッチンペーパーをあてるという方法もあります。

また、ネット上には痛みやすいサニーレタスを画期的な方法で長持ちさせる方法が紹介されていましたのでここでも紹介しておきます。

サニーレタスを、コップなどのある程度の大きさのある容器に入れて、茎の半分程度が浸かる程度の水を入れます。

そしてそのサニーレタスの入った容器ごとビニール袋をかぶせて冷蔵庫で保存します。

冷蔵庫の中に植木鉢を置いているような感じですね。

後は2~3日ごとに1回水をかえるだけで、なんと最長1ヶ月も保存しておくことができるのです。

もっとも、前述の通り痛みやすいという特性を考えると、早めに使い切ってしまいたい気持ちもありますが、シャキシャキの食感を長持ちさせる方法として非常に効果的です。
[ad-responsive]

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

サニーレタスを冷凍保存する場合は歯をちぎってから水洗いします。

水気を拭き取ってから小分けにして冷凍用の保存袋に入れて、冷凍庫で保存します。

2週間程度、長ければ1ヶ月ほど保存しておくことができます。

サニーレタスを冷凍保存したい場合は、まずサニーレタスをちぎります。

この時、包丁を使うと酸化が進んでしまう恐れがありますので、あくまでも「手でちぎる」というスタンスを崩さないようにしましょう。

ちぎり終えたら、これを水洗いしてから水気を拭き取ります。

水分が取り除けたら、これを冷凍用の保存袋に小分けにして入れます。

最長で1ヶ月ほど保存しておくことができます。

食べる時には、残念ですがサラダのような食べ方はできません。

水分量があまりにも多く、解凍するとベチャベチャになってしまうからです。

なので、食感が問題にならないスープか、チャーハンなどの炒め物に利用することをオススメします。

その際に、凍ったまま利用することで、水気の多い料理に仕上がってしまうことを防ぐことができます。
[ad-responsive]

カットした際の保存方法と保存期間

包丁でカットしてしまったレタスはすぐに傷んでしまいますので、基本的に「手でちぎる」ということを忘れないようにしましょう。

ちぎったレタスは数日であれば冷蔵庫保存、長期であれば上記で説明した冷凍庫保存をオススメします。

冷蔵庫保存についてですが、ちぎったレタスをタッパーに入れて、レタスが浸るくらいに水を入れてから蓋をすると、数日は保存できます。

ただし、この場合はせっかくのサニーレタスの栄養が流出してしまうので、栄養目的でサニーレタスを食べる場合はオススメ出来ません。

なお、サニーレタスに限らず、野菜の中には包丁を入れることで傷みが早くなるものがあります。

これは包丁の金属によって切り口の酸化を速める結果になるからです。

すぐに食べたり調理する場合は良いのですが、保存を考える場合は金属の器具を使わないことを念頭に置いておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

サニーレタスが傷んでいる場合は変色やぬめり、異臭や汁の発生など、一般的な野菜の腐敗の症状が発生します。

ピンク色の変色が一部分に発生している場合は、その部分を取り除くことで残りの部分は食べることができます。

サニーレタスが傷むと変色を起こしますが、その色がピンク色や赤色で、一部分にだけ発生している場合はこれを取り除くことで残りは食べることができます。

これは前述の「酸化」による変化で、腐敗ではないので残った部分は食べられます。これを放置すると変色が広がってしまいます。

まとめ

サニーレタスは、正しい保存方法でもそこまで長持ちさせることはできません。

紹介した「コップに入れて保存する」というほうほうであれば飛躍的に長持ちさせることができますが、痛みやすいという特性を考えるとやはり早めに使い切ってしまいたいところです。

色の変化や全体的な異変などには常に気を配り、傷んでしまう前に食べきってしまいましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2022 AllRights Reserved.