春菊の保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

独特の味と香りを持ち、冬場に旬となる「春菊」は、鍋物に大活躍する食材です。

お鍋の具材として活躍できるのも春菊が新鮮なうちだけなので傷む前に食べきるためには、適切な保存方法が必須です。

そこで、春菊の正しい保存方法と保存方法ごとの賞味期限の目安について解説します。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

春菊は、鮮度が落ちるのが比較的早く、基本的に常温保存には適していない野菜です。

冬に旬を迎えるため、特に気温が高い時期における春菊の常温保存はおすすめできません。

夏場は、その日のうちに使い切る場合でなければ、常温保存はできないと考えてください。

気温が低い冬場であれば、風通しの良い涼しいところでなら常温保存する余地があります。

ただし、適切な場所で保存できているとしても、翌日には春菊を使い切るようにしてください。

翌日までに春菊を使い切れない場合には、冷蔵庫または、冷凍庫で保存してください。

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

春菊を冷蔵庫で保存する場合には、「乾燥」に十分注意しなければなりません。

保存する春菊が乾燥しかけている場合、5分ほど春菊を水に浸けてからしっかりと水気をきります。

これを濡らした新聞紙または、キッチンペーパーで包んだ上でビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室での保存が最適です。

その際、春菊を立てた状態で保存すると保存性が高まります。

ドアポケットに立てるか、ペットボトル等の空き容器を使って春菊を立てておきましょう。

乾燥対策がきちんとできていれば、5日~1週間ほど冷蔵庫での保存が可能です。

ただし、春菊は、傷むのが早いので保存期間が長くなったら春菊の葉や茎の状態をきちんと確認してください。

冷蔵保存においては、「乾燥対策をする」ことと「立てて保存する」ことを心がけてください。

なお、カットすると春菊の水分が抜けやすく、余計に乾燥しやすくなってしまいます。

その場合、乾燥対策をしっかりと施した上で翌日までにはカット春菊を使い切ってください。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

数日で春菊を使い切れない場合には、冷凍保存することをおすすめします。

春菊の冷凍保存方法ですが、「生の状態で冷凍する」と「ゆでてから保存する」の2種類の保存方法があります。

生の状態で冷凍保存する場合は、まず春菊を食べやすい大きさにカットしてください。

次に、冷凍用の保存袋を用意して、できる限り春菊が平らな状態になるようにして入れましょう。

保存袋の中の空気をしっかりと抜いてから、冷凍庫に入れて保存してください。

次に、ゆでた状態での冷凍保存方法について解説します。

冷凍保存するための春菊は、沸騰したお湯で30~40秒ほど固めにゆでてください。

ゆで終わったら取り出して、冷水でしっかりと春菊を冷まします。

冷水から取り出して水気をとり、食べやすい大きさにカットしてください。

1回分の使用量ごとにラップで小分けにしてから、冷凍用の保存袋に入れて冷凍保存してください。

生のままでもゆでた状態でも保存できる期間は1ヶ月です。

使う時には、自然解凍してから使う、あるいは凍ったまま加熱調理に用いてください。

春菊を保存するのに一番適している方法・容器

購入してから数日で食べ切れるのであれば、冷蔵庫での保存がおすすめです。

ただし、保存期間は、比較的短く、特に春菊を横にした状態で保存していると傷みやすいです。

立てて保存できるスペースと手段があることを前提に春菊を冷蔵保存してください。

春菊を数日で使い切れない、冷蔵スペースを確保できない場合であれば冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存する場合は、解凍時の水っぽさを回避するために固めにゆでることを心がけてください。

カットした春菊は、冷蔵保存では長持ちしないのでカット済みの春菊も冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存する場合には、1回分の容量をラップで小分けするのでジップ付きの保存袋に入れると使いやすいです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

                             
鮮度が落ちてきた春菊は、次第に葉の部分が緑色から黄色みを帯びてしなびてきます。

茎の部分は、柔らかくなり、みずみずしさが失われていきます。

さらに傷んでくると葉の部分が溶け出し、茎から白い液体が出てくるようになります。

黄色みを帯びて茎が柔らかくなっているだけの段階であり、変化が一部分だけならその部分を取り除いて食べる余地があります。

しかし、溶けて白い液体が出る段階だと独特の異臭を放ちます。

こうなっていると、完全に食べられない状態になっているので処分してください。

逆に乾燥して干からびてしまう場合もありますが、この場合も味や歯ごたえが落ちているので食べないほうが無難です。

まとめ

余ってしまった春菊は、冷蔵保存で数日以内に使い切るか、冷凍保存で長期保存してください。

余った春菊の使い道に困ったら、レシピサイトを参考にして早めに使い切ってください。

傷んだ春菊は、最終的に独特の異臭も放つので間違って食べてしまうことは無いでしょう。

ですが、保存期間が長くなってしまった時には、傷んでいないことを十分に確認してから召し上がってください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.