アスパラガスの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

缶詰の状態での販売形態も有名ですが、生の「アスパラガス」を購入した時に保存方法について悩んだ経験はありませんか?

どのように保存すべきものなのか、もしも間違った保存方法だと賞味期限が一気に減ってしまうことも考えられます。

季節によっては高騰することもある野菜を、傷ませずに食べきるためには、正しい保存方法を実践する必要があります。

そこで、生のアスパラガスの正しい保存方法と賞味期限の目安について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

アスパラガスを冷蔵庫で保存したい時は、濡らしたキッチンペーパーなどにアスパラガスを包み、立てて冷蔵庫に保存しましょう。

寝かせると鮮度が落ちやすいです。

アスパラガスの保存において、常温保存は適していません。

保存に適した温度は0度に近く、冬場の冷暗所での保存もあまりオススメできるものではありません。

そのため、基本的に生のアスパラガスの保存は「冷蔵庫での保存」になります。

具体的な方法としては、まずアスパラガスを、濡れたキッチンペーパーもしくは新聞紙で包みます。

その際、アスパラガスの切り口が変色もしくは乾燥している場合には、その部分をカットしてしまうことで鮮度を保ちやすくなります。

これをポリ袋に入れるか、ラップで包んでから、冷蔵庫内に「立てて入れる」ことが重要です。

寝かせて置くとアスパラガスの成長が促されてしまい、鮮度が低下します。

立てて保存しておけば、長くて3日~4日ほど保存しておくことができます。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

冷凍保存する場合はアスパラガスを手頃な大きさにカットしてから固めに茹でておきます。

水分を落とし、平らになるように冷凍用の保存袋に入れてから、冷凍庫で保存しましょう。

アスパラガスを冷凍庫で保存したい時は、まずアスパラガスをカットして下さい。

食べやすい大きさ、調理の目的に合わせた大きさにカットすると便利です。

次に、カットしたアスパラガスを固めに茹でます。

茹で終わったら、アスパラガスの水気をよく切って、冷凍用の保存袋に入れます。

その際、冷凍庫に入れる前に袋の中の空気を抜いておき、冷凍庫内にアスパラガスが「平らになるように」して入れておきます。

この方法だと、生の状態とは大きく違って1ヶ月という期間、アスパラガスを保存しておくことができます。

なお、調理に使う場合は自然解凍、もしくは使用する前の日に冷蔵庫の中に入れておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたアスパラガスは、冷凍庫内での保存が適しています。

もし冷蔵庫で保存する時は、翌日には使い切るのが適切です。

カットされたアスパラガスは、冷蔵庫では長期保存がききません。

そのため、長期保存を考える場合は冷凍庫での保存が適しています。

もともと、冷凍保存の場合はカットしなければならないので、アスパラガスが大きめにカットされている場合はもう少し小さめにカットして、食べやすいサイズにしてしまいましょう。

カットしたアスパラガスは、冷蔵庫で保存できないことはないのですが、傷みやすいです。

ただでさえ、生の状態でも最長で4日が限度であり、カットすることでさらに鮮度は落ちやすくなります。

なので、翌日に使うというのであれば冷蔵保存でもなんとかなるかと思います。

使用する前に、後述の「腐っているかどうか」の項目に記載している変化をよく確認しておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

アスパラガスが傷んでいると、異臭が発生したり、ぬめりが出てきます。

穂先だけが変化している場合はその部分だけを取り除くことで茎の部分は食べることができる場合もあります。

アスパラガスが傷んでいる場合、異臭やぬめり、カビの発生といった一般的な野菜の腐敗で発生する変化が起きます。

また、しわしわになってしまっていることもありますが、この場合は切り口を水に浸けることで瑞々しさが戻る可能性があります。

また、穂先が茶色く変化したり、穂先がズルズルになってしまっている場合もあります。

この状態だと穂先の部分は食べられませんが、茎の部分は無事である可能性もあります。

なので、まずは穂先の部分をカットして取り除き、茎の部分は異変がないかどうかを確認して食べるようにしましょう。

鮮度が落ちやすい野菜でもありますので、くれぐれも「大丈夫だろう」と安易に考えず、異変がないかどうかを十分に確認してから食べるようにしてください。

まとめ

アスパラガスの保存は、冷蔵庫・冷凍庫内での入れ方にも工夫が必要な野菜です。

冷凍保存以外では長期保存が難しい野菜であり、可能であれば買ったその日に使い切ってしまいたいものです。大

量に入手した場合は冷凍保存が適していますが、解凍して使用することを考えて茹でるようにしましょう。

茹ですぎるとべちゃべちゃになり、決して美味しいものではなくなります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.