かぶの保存方法と賞味期限まとめ

[ad1]

寒い時期になると恋しくなる野菜「かぶ」

しかしながら買ったは良いものの持て余してしまうことも少なくないので、そのまま傷んでしまうことも考えられます。

それでは、せっかくのかぶがもったいないです。

野菜を痛ませないコツは、野菜ごとに異なる「適切な保存方法」を実践し、その範囲内で早めに使い切ってしまうことです。

そこで、かぶの正しい保存方法について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

常温保存する場合は冬場でなければなりません。

葉を切り落とし、新聞紙で包んでからポリ袋に入れて冷蔵庫に入れておきましょう。

土がついている場合は洗い落としてから冷蔵庫に入れます。

かぶの保存に適した温度は非常に低く、常温保存の場合は冬場でなければなりません。

その場合は、土がついたままの状態で冷暗所での保存が適しています。

それ以外の季節や温かい冬の場合には、冷蔵庫での保存が必要になります。

まず、かぶの葉の部分をカットします。

葉がついている状態だとかぶ本体の栄養が葉の方に持って行かれてしまい、いわゆる「す」が入りやすくなります。

葉の部分をカットしてから、土がついていればこれを洗い流します。

その後、新聞紙かキッチンペーパーを使ってかぶを包み、ポリ袋に入れてから冷蔵庫に入れて保存します。

正しく保存できていれば、1週間程度は保存しておくことができます。
[ad-responsive]

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

かぶの冷凍保存は、皮をむいてから食べやすい大きさにカットし、水気を拭き取ってからラップに包んで冷凍用保存袋に入れて保存します。

保存期間は長くなりますが、用途は限定されてしまいます。

かぶを中央気保存したいと考える場合は、冷凍庫での保存が最適です。

その場合、まずはかぶの皮をむくことから始めます。

むき終わったら、かぶを調理の目的に応じてカットします。

腹痛の用途で少しずつ使いたい場合は、それに応じてカット方法を使い分けます。

カットし終えたら、キッチンペーパーを使って水気を切ります。

これをラップで包み、冷凍用の保存袋に入れて冷凍庫に入れます。

これで1ヶ月ほど保存しておくことが可能です。

なお、解凍すると水気が酷いので、基本的に汁物や煮物に使うことをオススメします。

また、かぶの冷凍保存は「すりおろし」でも可能です。

すりおろしたかぶをパックに入れて、スープなどの材料に使うことができます。

また、かっとした「かぶの葉」も食べることができるのですが、カットするとすぐに萎れてしまいます。

なので、カットしたかぶの葉をさっと湯がき、冷凍庫で保存すると1ヶ月ほど冷凍保存できます。

これも汁物や煮物の具材として活用することができますので、捨てずに利用することにしましょう。
[ad-responsive]

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたかぶを冷蔵庫で保存する時は、かぶを濡らしたキッチンペーパーで包み、保存用の袋に入れてから冷蔵庫へ入れてください。

ジップ付きの袋が無い場合などは、ラップで小分けにするのもありです。

かぶをカットしている場合は、前述の冷凍保存での保存方法が適しています。

ただし、数日で使い切るという場合は冷蔵庫でもかまいません。

冷蔵庫で保存する場合は、水で湿らせたキッチンペーパーでカットしたかぶを包み、チャックのついた保存袋に入れて下さい。

なお、そういった袋や容器がない場合には、ラップで包むという方法もあります。

長ければこれで5日ほど保存しておくことができます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

かぶが傷んでいると、変色や異臭の発生、ねばつきなどが発生します。

また、内部には「す」が入っており、表面はしわしわで柔らかくなるなど、あきらかに通常の状態とは異なる変化をもたらします。

かぶが傷んでいる場合は、内外ともにはっきりとした変化をもたらします。

かぶにみられる現象としては、まずかぶの内部に「す」が入ります。

特に、かぶの葉っぱをカットしていない状態だと本体の養分が葉っぱの方に吸収され、「す」が入りやすくなります。

また、表面はしわしわになり、異様に柔らかくなることもあります。

その他、一般的な野菜の腐敗の現象として、異臭や変色、カビの発生やねばつきなどの変化を起こします。

外見でわかりやすい変化であるため、気が付かないことは少ないと考えられます。

上記の異変を感じ取ったら、食べずに処分することをオススメします。

まとめ

かぶの保存はそこまで難しくありませんが、やはり早めに食べることを意識しておかないと傷んでしまう可能性が高い事には変わりません。

知り合いから大量に譲り受けた場合などは特に、冷凍保存しなければ腐らせずに食べきることは難しいでしょう。

その際、どういった調理法を用いるかで、冷凍前のカット方法を工夫する必要があります。

調理法の多い野菜でもありますし、葉っぱも無駄なく食べたいところです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2022 AllRights Reserved.