菜の花の保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

季節になると「菜の花のからし和え」や「菜の花のてんぷら」が有名な食べ物である「菜の花」は、人によって馴染みが深いかそうでないか分かれるものです。

しかし、何らかの理由で大量に入手した場合、すぐには使い切れないと思います。

そこで、菜の花を長持ちさせるための保存方法と賞味期限の目安について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

菜の花をそのまま保存する場合、しなびないようにするために濡れた新聞紙で包みます。

それをポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

菜の花を常温保存することは難しく、特に乾燥してしなびてしまうことを避けなければなりません。

そのため、保存に際して重要なことは「湿らせた新聞紙で包む」ことです。

これは乾燥を避けるあらゆる野菜の、冷蔵庫での保存方法の基本となります。

新聞紙で包み終わった後は、これをポリ袋などに入れておきます。

これを冷蔵庫の野菜室で保存します。きちんとした方法で保存できていれば、2~3日は保存しておくことができます。

あまり長期間の保存はできませんので、早めに使い切ってしまいましょう。

少しでも長く保存したいと考えている場合、生ではなく少し茹でてから保存すると長持ちさせやすいです。

固めに茹でた後に粗熱をとり、水気を絞ってから保存しましょう。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

菜の花を冷凍保存する場合は、固めに茹でてから冷凍保存します。

1回の使い切りの量にラップでわけて、冷凍用の保存袋に入れて保存します。

菜の花を長期保存したい場合、これを冷凍保存するという方法があります。

まず、菜の花を固めに茹でます。具体的には30秒ほどで、全体的に緑色が鮮やかになる程度の時間茹でておけば十分です。

茹で終わったら菜の花を冷水に入れます。これは「色止め」のためで、茹でて鮮やかな緑になった菜の花の状態を維持することができます。

色止めが終わったらこれの水気をしっかりと取ります。

水気を絞り終わったら、調理の方法に応じたサイズにカットします。

カットし終わったら、1回の調理で使う分だけを小分けにしてラップで包みます。

ラップが終わったら冷凍用の保存袋に入れて、中の空気をしっかりと抜きます。

それを冷凍庫に入れて保存することで、1~2ヶ月ほど保存しておくことができます。

調理する際には自然解凍をしましょう。電子レンジで解凍しようとすると、余計に水分が流出してしまうのでオススメできません。

なお、冷凍後に調理することを前提とせず、前もって味付けしたものを冷凍するという方法もあります。

具体的には「辛子和え」のようなものです。

調理した後に冷凍しても同じように食べることはできますが、味付けした風味などは損なわれてしまいます。

食べられないことはありませんが、可能な限り冷凍・解凍後に味付けするようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

菜の花をカットしている場合、傷んでしまうスピードが早まってしまいます。

冷凍保存するか、冷蔵庫での保存でも早めに食べてしまうようにしましょう。

野菜は、カットすることで傷むのが早くなってしまいます。

カットするのは「保存しやすい(スペースを確保しやすい)」「調理の手間を省く」といった目的がありますが、食べるのがずっと先になってしまう場合だと、傷む速度が早くなることが大きなデメリットとなりかねません。

菜の花は、冷蔵庫での保存はそこまで長持ちさせることができません。

加えて、カットしてしまっている場合だと余計に保存することが難しくなってしまいます。

最終的にカットすること自体は仕方がないことですが、可能な限り調理の直前にカットするようにしましょう。

冷凍保存は長期保存が可能になりますので、カットしても問題ありません。

使い勝手の問題で小分けすることになりますので、カットしても問題はありません。

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

菜の花が傷んでいると、花が咲き始めていたり、切り口が変色していることが多いです。

その他にも変色や異臭などがあれば、食べずに処分してしまいましょう。

前述の通り、菜の花を冷蔵庫で保存する場合は2~3日しか保存しておくことができません。

加えて、購入時点での状態も考慮する必要があるので、場合によっては1日で急激に状態が変化することも考えられます。

菜の花が傷んでいると、花がいくつか咲き始めて、特に「切り口が変化」している場合には傷んでいる可能性が高いです。

外見では他の野菜にも見られるような「異臭の発生」「ぬめりの発生」「全体的な変色」なども見られる可能性があります。

明らかに傷んでいると判別できる場合には食べずに処分してしまいましょう。

数日で食べきれない分に関しては、冷凍保存することを第一に考えておきましょう。

まとめ

菜の花はそこまで一般的な野菜とも言いきれないと思います。

なので食べる機会が少なく、調理方法や保存方法について把握しきれていない事が多いです。

いざという時に慌てないように、どういった食べ方があるのか、どういった方法で保存するのが良いのかを性格に把握しておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.