ニラの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

「ニラ玉」や「レバニラ」などに必須の材料で、独特の味が病み付きになる「ニラ」

ですが、いざ買ってみても使い所が難しくて冷蔵庫の中で人知れず腐らせてしまうことも多いのではないかと思います。

そこまで高い野菜ではないとは言っても、もったいないですよね?

野菜は、正しい保存方法を実践することで何倍も保存期間を長くすることができます。

そこで今回は、ニラの正しい保存方法と賞味期限の目安について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

ニラの保存に適した温度は低いので常温での保存には適しません。

冷蔵庫での保存が基本になりますが、その際にニラを折らずに保存することが重要です。

濡れたキッチンペーパーを根本にあてて、全体を新聞紙で包みます。

ニラを冷蔵庫で保存する時は、根元に湿らせたキッチンペーパーを接着させた後、ニラを丸ごと新聞紙で包み、さらにビニール袋に入れます。

これを冷蔵庫の野菜室に立てた状態で入れておくのですが、注意すべきポイントとしては「折らずに保存する」ということです。

サイズ的に考えて難しいかもしれませんが、きちんと保存できていれば3日ほど保存することができます。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

ニラを冷凍庫で保存する時は、まずニラを洗いそれからきれいに水気を切ります。

その後手ごろなサイズにカットし、冷凍用の保存袋に詰めてから冷凍庫に入れます。

重要なのは「水切り」であり、使い勝手を維持するためにもきちんと水気をとっておきましょう。

ニラの冷凍保存は、まずニラを水洗いします。

洗い終わったら、ニラの水気をしっかりと拭き取ります。

その後、ニラを使いやすい大きさにカットして、これを冷凍用の保存袋に入れます。

その際、水気をしっかりと切っておく事が重要で、これを蔑ろにすると冷凍時に固まってしまいますので、使いにくくなってしまいます。

冷凍庫に入れた場合は、冷蔵保存と比較した大幅に長期保存が可能で、1ヶ月ほど保存しておくことができます。

なお、冷凍ニラを使用する場合には解凍せずにそのまま加熱調理するようにしましょう。

解凍してしまうとベチャッとなってしまい、水気の多い状態で調理しなければならなくなります。

なので、冷凍前にカットする際、調理する料理に合わせてニラをカットしておくと利便性が高いです。

複数の用途に使用するのであれば、それに合わせてニラをカットし、小分けにしておくと便利です。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

ニラをカットしている場合は、タッパーに入りきる長さにカットして、水を一緒に入れます。

ひたひたになるまで入れた水を1日~2日に1回の頻度で交換すれば、最長で1週間前後は保存しておくこともできます。

通常、カットした野菜は鮮度が落ちやすいです。

ニラももちろんそうなのですが、工夫をすることで鮮度を保つこともできます。

まず、ニラをカットする際には「冷蔵庫に入れて保存するための容器」の幅に合うサイズにカットします。

折りたたんで入れることがないようにしましょう。

カットしたニラをタッパーに敷き詰めたら、これに水を入れます。

分量は、敷き詰めたニラがひたひたに浸る程度に入っていれば十分なので、タッパーのサイズはある程度余裕を持たせておくと便利です。

これを冷蔵庫に入れて保存するのですが、1日か2日に1回は中の水を交換するようにしましょう。

きちんと水の交換ができており、元々のニラ自体の鮮度も良ければ、最長で1週間程度は保存しておくことができます。

また、いわゆる「50度洗い」が有効で、50度のお湯につけ洗いすることでシャキシャキの食感を保って保存することができます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

ニラが傷んでくると、葉がちぎれやすくなったり、通常とは異なる異臭を放つようになります。

ぬめりや変色も起こしますので、異変を感じ取ったら処分するようにしましょう。

ニラは、通常でも独特の匂いを放っています。

しかし、傷んでくるとさらに匂いがきつくなってきますので、そうなったら諦めて処分してしまうことをオススメします。

また、葉っぱは溶けていたり、ちぎれやすい状態になってしまっていると思います。

緑色の野菜なので変色などもわかりやすいと思いますので、「傷んでるかな?」と思ったら食べずに処分してしまいましょう。

冷蔵庫での保存方法は、いくら長くても10日が限度です。

あまり長持ちするような野菜ではないので、傷んでいると感じたら即座に処分しましょう。

数日で使い切れない、使用する予定がないという場合には、冷凍庫に入れて保存することをオススメします。

元から加熱調理することが多い野菜(生でも食べられるそうですが)なので、冷凍保存してもそこまでデメリットはないと思います。

まとめ

ニラは痛みやすく、用途もそこまで多いわけではないので傷ませてしまうことも多いのではないかと思います。

ですが、小分けでの販売はあまり見かけず、どうしても束の単位での購入になるので、独り身だと特に1日で食べきることは難しいと思います。

無理に食べようとするのではなく、長期保存に適した冷凍保存を視野にいれることをオススメします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.