パセリの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

料理に緑色と程よい苦味をもたらしてくれる、昨今はその栄養価の高さも評価されている「パセリ」

ですが、保存方法に悩んでしまった経験はありませんか?

家庭菜園でも人気の高い野菜の一つで、大量に入手する機会も少なくありません。

メインとしての利用法は比較的限定的であるため、大量に入手すると傷んでしまう可能性も高くなります。

そこで今回は、パセリの適切な保存方法と賞味期限の目安について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

パセリは低い温度で保存しなければいけない為、常温での保存はかなり難しいでしょう。

保存するなら冷蔵庫の野菜室が無難です。

その場合はパセリを新聞紙で包み、ビニール袋に入れてください。水を使った保存方法もあります。

パセリを常温で保存することは、あまりオススメできません。

寒い季節であればまだ日持ちする可能性もありますが、気温が高いとすぐに傷んでしまう可能性があります。

そのままの状態のパセリであれば、これを新聞紙で包んでからポリ袋などに入れて、冷蔵庫の野菜室に入れておけば2週間ほど保存しておくこともできます。

また、少しでも長持ちさせたい場合だと、コップなどに水を入れて、パセリの茎部分を水に浸けた状態でコップをビニール袋で覆い、これを冷蔵庫に入れるという方法もあります。

鮮度を保ちやすくなるのですが、2日に1回のペースで水の交換を行う必要があります。

また、根本をカットするとパセリの水の吸い上げが良くなります。

水の交換に際して、パセリの根本も少しカットすると、より長持ちさせやすくなります(その分だけ手間もかかりますが)。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

パセリを冷凍保存する場合は、パセリを洗ってから水気をとっておきます。

これを冷凍用の保存袋に入れて、冷凍庫で保存します。

その形状から、簡単に粉砕することができ、保存と利用の利便性が高まります。

パセリを冷凍庫で保存したい場合は、まずパセリをしっかりと水洗いします。

次に、洗ったパセリの水気をしっかりと取り除いておきます。

それが終わったら、冷凍用の保存袋にパセリを入れて冷凍庫に入れて保存します。

最長で1ヶ月ほど保存しておくことができます。

なお、凍った状態のパセリは生の状態と比べてあっさりと粉々に粉砕することができます。

特別、何かの道具を使用すること無く、適当に潰すなどして粉々にすることで、パスタなどにふりかけるパセリが完成します。

粉砕するタイミングは、冷凍庫から取り出して使用する直前で構いません。

こうすることで自然解凍しやすくなりますし、手間も省けます。

適当に凍らせた状態で粉々にして、容器に移し替えて冷凍庫に入れ直すということもできます。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたパセリの茎の部分が残っているのであれば冷蔵庫での保存を、株の部分が水に浸る場合であれば、水を使わずに冷蔵庫か、冷凍保存するのが良いでしょう。

小さなパセリをカットして、それが余ってしまうというシチュエーションがあまり馴染みがないのですが、それでも包丁を入れた野菜は扱いがデリケートになることは変わりません。

前述の「コップに水を入れて長持ちさせる」というのは、茎の部分が水に浸ることが条件なので、茎の部分が既に短くなっており、株の部分が水に付いてしまう場合であればこの方法は利用できません。

新聞紙で包む方法か、あるいは冷凍庫で保存するようにしましょう。

冷蔵庫での保存の場合、どういった方法でカットするかにもよりますが、保存期間は短くなってしまうことが多いです。

なので、早めに使い切ってしまうか、その時に使ってしまうことをオススメします。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

パセリが傷んでくると、どちらかと言えば「枯れる」という表現が近いです。

ただし、水を使った保存方法の場合、水の交換を怠ってしまうと腐ってしまう可能性もあります。

パセリが傷んでくると、他の野菜とは違って「枯れる」という表現が近い変化を起こします。

変色し、萎れてしまいます。

はっきりとした変化を起こすことが多いので、間違って食べてしまうことは少ないと思います。

ただし、前述の「水を使った保存法」の場合、水の交換を怠ったり庫内温度が高くなると、水が腐ることでパセリも腐ってしまう可能性があります。

その場合は通常の葉物野菜と同じように、異臭やカビの発生をもたらしてしまいます。

こちらの場合も新鮮な状態とははっきり異なる変化をするため、腐ったパセリを間違って食べてしまうことは考えにくいです。

まとめ

家庭菜園でパセリを育てている人や、そんな人からパセリを貰う場合には大量に入手することも考えられます。

栄養を摂取するために食べる場合は新鮮な状態で生食するのが一番です(加熱するとビタミンなどが壊れてしまうので)。

保存方法を間違えること無く、新鮮なパセリを食べられるようにしておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.