セロリの保存方法と賞味期限まとめ

[ad1]

普段、あまり使わない野菜ほど、正しい保存方法がわかりにくいものです。

「セロリ」もそこまで多用する野菜ではないでしょうから、保存方法を間違ってしまい、傷んでしまったことも多いのではないかと思います。

せっかく購入した野菜も、傷んでしまってはもったいない話です。

気候条件によっては高騰することも多い野菜、無駄なく使うためには正しい保存方法が重要です。

ここではちょっと珍しい野菜、セロリの正しい保存方法を解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

セロリは放っておくと、栄養分が葉に流れて行ってしまいます。その為セロリを保存する時は、葉を取り去ります。

セロリの根元部分を湿らせたキッチンぺーパーで包んでから、新聞紙で全体を包んで下さい。

それから冷蔵庫で保存しましょう。

セロリの保存は、「葉っぱ」の部分が残っていると傷みが早くなります。

なので、まずは茎から葉っぱを全て取り除きましょう。

この、取り除いた葉っぱは捨てずに利用することもできます。

刻んで薬味として、あるいはスープの具材として活用できます。

容器に入れて冷蔵庫に入れておけば、1週間程度は保存できます。

次に、本体の茎部分については、根っこの部分に濡れたキッチンペーパーを巻きつけて乾燥を防ぎます。

次に、全体を新聞紙あるいはラップで包み、冷蔵庫内に立てた状態で保存します。

これも、正しく保存できていれば1周間は保存しておくことができます。

なお、面倒な場合にはとにかく葉っぱを取り除き、新聞紙で包んでおくだけでも、買ってきた状態のまま保存するよりは長持ちしやすくなります。

数日で使い切れる場合はこちらでも良いでしょう。
[ad-responsive]

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

冷凍保存の場合は、カットしたセロリを軽く湯がいて、水気を取ってから冷凍用の保存袋に入れて保存します。

解凍せずに、スープなどの具材に使うようにしましょう。サラダには不向きです。

セロリを冷凍保存する場合は、まずセロリを食べやすいサイズにカットします。

次に、これをさっと茹でてから、水気をしっかりと取り除いておきます。

水気を取り除けたら、冷凍用の保存袋に入れて、中の空気をしっかりと抜いてから冷凍庫に入れて保存します。

これで、長ければ1ヶ月ほど保存しておくことが可能です。

またセロリに限ったことではありませんが、水気の多い野菜は冷凍すると再び解凍して食べる時、生の場合と食感が変わります。

セロリの場合は、解凍してしまうとしなっとした状態になります。

解凍せずにそのままスープや炒め物の具材として活用しましょう。

当然ながら、サラダのような生野菜メインの料理には使えません。
[ad-responsive]

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたセロリの保存は、冷蔵庫でも冷凍庫でも保存できます。

冷蔵庫での保存の場合は、ラップで包んだり保存用の袋に入れて冷蔵庫に入れるパターンと、水と一緒に保存するという方法もあります。

カットした場合は、冷凍保存するという方法もありますが、数日で良いのであれば冷蔵庫でも保存しておくことが可能です。

まず、簡単な方法としては、「ラップで包む」もしくは「保存用の袋に入れて空気を抜いて」から冷蔵庫に入れる方法です。

長期保存をしたい時は、タッパーにカットしたセロリを入れて、セロリが隠れるくらい水を入れてから冷蔵庫で保存してください。

これで、できるだけ鮮度を失わずに長期の保存がきくようになります。

タッパーの水は、2日に1回は交換するようにしましょう。

セロリが短くカットされている場合は、タッパーの代わりにコップを使うという方法もあります。

1週間は無理でも、4~5日程度であれば保存しておくことが可能になります。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

セロリが傷んでくると、全体的に黄色くなり、ふにゃふにゃになってしまいます。本格的に腐ってくると、異臭や茶色の変色、カビの発生などを起こします。

セロリが傷んでいる場合、緑味の強かった色合いが全体的に黄色くなってきます。また、乾燥によって茎が全体的にふにゃふにゃにしなびてしまいます。

カットすると、「す」が入っていることも多いです。食べられないことはないのですが、決して美味しく食べることは出来ないと考えたほうが良いでしょう。

本格的に腐り始めると、異臭やカビが発生し、変色も黄色から徐々に茶色に変化していきます。

また、妙な液体が出てくるようになってしまえば、本格的に腐っている証拠です。このような状態になってしまえばもはや無事に食べることは不可能なレベルなので、早めに処分してしまいましょう。

まとめ

メジャーな野菜の中では比較的利用頻度の低い野菜であり、保存方法を間違えてしまえばそこまで長い期間の保存は難しくなります。

しかし、簡単に冷凍保存することができますし、ちょっと工夫するだけで冷蔵庫での保存もそれなりの期間保存しておくことが可能になります。

ですが、生食する機会のある野菜は鮮度が命であり、「傷んでいるかな?」と思ったら生食だけは絶対に回避するようにして、加熱調理して食べるか、処分することを検討しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2022 AllRights Reserved.