わけぎの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

「ねぎ+玉ねぎ」の交雑種である「わけぎ」は、「ぬた」の材料に使われたり、料理の緑色として大いに役立つ野菜です。

しかし、大量に入手する時に限って酢味噌を切らしてしまい、大量消費できずに結局その多くを傷ませてしまったということもあるのではないでしょうか?

せっかく入手した野菜を腐らせてしまわないようにするためには、「それぞれの野菜の適切な保存方法」を実践することが重要です。そこで今回は、わけぎの正しい保存方法について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

わけぎを冷蔵庫で保管する場合は、濡らしたキッチンペーパーや新聞紙でわけぎをきれいに包んだ後、ビニール袋に入れて冷蔵庫に保存してください。正しく保存できていても賞味期限は短いので、早めに食べきってしまう必要があります。

わけぎを冷蔵庫で保存する場合は、まずわけぎを湿ったキッチンペーパーもしくは新聞紙で包みます。これをビニール袋などに入れて、冷蔵庫の中で保存します。

わけぎは鮮度が落ちやすく、気温が高いとすぐに傷んでしまいます。冬場であればまだしも、それ以外の場合は常温保存しないように注意しましょう。

とは言え、正しい保存方法を実践できていたとしても、痛みやすいわけぎは数日で傷んでしまいます。2日か3日程度で使い切れるようにしましょう。

数日で使い切れない量を入手した場合は、冷蔵庫での保存だけに頼らず、後述の「冷凍保存」の方法を実践するようにしましょう。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

冷凍庫でわけぎを保存する場合、わけぎをカットしてから冷凍用の保存袋に入れて冷凍庫に入れます。用途に応じたカットで小分けにしておくと、調理の際にすぐ使えて便利です。

わけぎを冷凍保存する場合、まずはわけぎを水洗いしてから、水気をよく切っておきます。野菜の冷凍保存では表面の水分が多いと冷凍した際にお互いにくっついてしまい、使いづらくなってしまいます。

わけぎの水気を切ることができたら、これを冷凍用の保存袋に入れて中の空気をしっかりと抜き、冷凍庫に入れて保存することができます。

通常では数日しか保存することができないわけぎですが、冷凍保存の場合であれば1ヶ月ほど保存しておくことができます。痛みやすいので、早めに使い切ってしまいたいということは変わりませんが。

なお、冷凍するわけぎを「ぬた」として使用する場合は、ぬた用のサイズにカットしたわけぎを自然解凍し、これに酢味噌をあえるだけでいつでもわけぎぬたを楽しむことができます。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたわけぎの場合はタッパーなどに入れて冷蔵庫で保存するか、冷凍庫での保存ができます。あるいは、最初からわけぎぬたにすることで、使用する調味料の効果で傷みにくくすることができますし、いつでも食べることができます。

わけぎをカットしている場合は、タッパーなどの冷蔵庫用の容器に入れて保存します。痛みやすい野菜なので、この状態だとできれば次の日には使い切ってしまいたいところです。それができない場合は、冷凍庫での保存を最優先に考えましょう。

また、わけぎをぬたとして食べることを想定する場合は、ぬたとして保存するほうが長持ちする可能性があります。酢味噌やその他の調味料によって傷みにくくなり、「からし」を混ぜれば殺菌効果で日持ちが期待できます。

しかも、容器に入れて冷蔵庫に入れておくため、食べたい時にいつでも冷蔵庫から取り出して食べることができます。

保存できて、なおかついつでもぬたを食べることができるので便利なのですが、やはり早々に食べきってしまわないと傷んでしまいます。

数日で食べ切れる量だけぬたにして、それ以上にわけぎを入手した場合は冷凍庫での保存を考えましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

わけぎが傷んでしまったら、変色や異臭など、明確な変化が発生します。「痛みやすい野菜である」ということを念頭に置き、少しでも異変を感じた場合は食べずに処分してしまう必要があります。

前述の通り、わけぎは痛みやすい野菜であるため、正しい保存方法をしていてもあまり長持ちさせることは出来ません。

なので、傷んでいるかと感じたら、無理に食べようとせず、もったいないですが処分してしまうことをオススメします。

わけぎが傷んでいる場合は、変色や異臭、ぬめりの発生などの変化が発生します。緑色の部分ははっきりとした変化をすることが多いので、異変があれば簡単に気がつくことができるかと思います。

食中毒のリスクもありますので、早めに食べきれなかった場合は細かい変化にも注意するようにしましょう。

まとめ

わけぎのように痛みやすい野菜は、基本的に「数日で食べ切れる量」だけ購入することが重要な事です。

しかし、農家などからの貰い物の場合には食べきれないほど大量に入手することもあります。

その場合、多くな冷凍庫に入れるようにして、数日で食べ切れる量だけ冷蔵庫での保存に回すようにすれば、傷ませてしまうリスクを大幅に削減することができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.