じゃがいもの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

コロッケやポテトサラダなどに使える「じゃがいも」は、安価でお腹の膨れる食材として人気です。

箱で安売りしているとつい衝動買いしてしまって、後になって食べきれなくなったという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、じゃがいもの正しい保存方法と保存できる期間などについて解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

じゃがいもを常温保存する場合は湿気の少ない冷暗所で保存しましょう。可能であれば新聞紙で包んでおくと湿気から守ることができます。

もともと、じゃがいもという食べ物は常温(低温)での長期保存に適しているのです。とは言え、それは「正しい保存」ができている場合です。

じゃがいもは「湿気」に弱いので、常温保存は湿気の少ない冷暗所を選ぶようにしましょう。

湿気を避けるためには、可能であればじゃがいも1個1個を新聞紙でくるんでおくと良いのです。

それが面倒であれば数個まとめて新聞紙でくるんでも良いですし、箱買した時などは箱の底に新聞紙を敷いておくと効果的です。

また、じゃがいもは少しの光でも光合成が可能であり、これによって皮が緑色に変色していきます。

これを「緑化」というのですが、これを防ぐには「完全に光を遮断する」ことが必要です。そう難しいことはなく、箱に入れているのであれば上から新聞紙やシートをかぶせて日光が当たらないようにしておきましょう。

じゃがいもは、前述のとおり寒い温度での保存に適しています。具体的には5度前後の温度が最適なのですが、冬以外ではなかなか難しい条件です。

特に夏場は絶望的なので、冷蔵庫での保存のほうが適していると言えます。冷蔵庫に入れない、常温での保存は冬が最適です。

正しく保存できていれば冬場は数ヶ月、冷蔵庫での保管でも1週間は保存することができます。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

じゃがいもを冷凍保存する場合は、茹でてからマッシュ状にして冷凍保存パックで保存する方法が適しています。それ以外の方法だとじゃがいもの食感が損なわれてしまいます。

もともと、気温が低いのであれば常温での保存が適しているじゃがいもなので、正しい保存方法を実践できる限りは冷凍保存する必要はありません。

しかし、どうしても冷凍保存するというのであれば「マッシュ状」にしてから冷凍保存することをオススメします。

なぜなら、形の保たれている状態での冷凍保存は食感が非常に悪くなり、例えるなら「スポンジ」のようなスカスカした触感になります。

なので、それが関係なくなるマッシュ状にすることで、ポテトサラダやコロッケの材料として活用することができます。

具体的には、茹でたじゃがいもを冷凍保存用のパックに入れて、袋に入れたままで潰すという方法です。

これなら専用の調理器具(ポテトマッシャー等)を使うこと無く、食器を汚すこともなくマッシュポテトを用意することができます。

あとは冷えてからそのまま冷凍庫に入れるだけです。この状態で数週間は保存することが可能です。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたじゃがいもの保存方法は主に2つあります。「水と一緒に容器に入れて密閉する」か「軽く茹でてからラップする」という方法です。

じゃがいもをカットしている場合、断面から変色していきます。変色している部分は「酸化」しているので味が落ちています。そうなってしまった場合には変色している部分をトリミングしてから食べるようにしましょう。

保存方法は主に2種類あります。まず、カットしたじゃがいもを容器に入れて、水に浸けてから密閉して冷蔵庫で保存するという方法です。

1週間ほど保存ができるようになりますが、水にじゃがいもの栄養が流れでてしまいます。

もう一つは「ラップして冷蔵庫」という方法ですが、この方法では断面が酸化してしまいます。

なので、表面を軽く茹でることで変色を防ぐことができますが、たくさんのじゃがいもを保存するとなるとラップの分だけ手間がかかります。

1週間以内に食べるのがベターですが、できれば数日以内に使いきってしまうことを前提としておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

じゃがいもが腐っていることの判断材料としては、「臭いがする」「液体が出てくる」「中が黒く変色している」といったことが挙げられます。

また、有毒な芽が出ている場合にも避けておいたほうが無難です。

じゃがいもが傷んでしまうと、腐った臭いがしたり、中から液体が出てくるといったわかりやすい変化があります。

また、カットしてみると中が黒く変色していることも多いです。こういった状態になっている場合は食べないようにしましょう。

また、じゃがいもの芽には「ソラニン」という毒が含まれてることも有名です。

もし、じゃがいもから芽が出すぎていて、しかもじゃがいも本体がシワシワになっている状態であれば、そのじゃがいもは食べずに廃棄しておきましょう。

食中毒の原因になりますので、無理に食べようとしないでください。

まとめ

和洋問わず活躍の機会の多いじゃがいもは、保存方法さえ間違えなければ長期保存が可能な食材です。

ですが冬以外の季節ではそこまで長期保存には適していないといえます。大量購入する場合は寒い季節を狙って購入するようにしましょう。

最も注意しなければならないのは、芽に含まれているソラニンによる食中毒です。

日が当たるのを避けていれば発芽を防ぐことができますので、冷蔵庫や冷凍庫での保存ではない場合には保存方法や保管場所の選定をきちんと考えるようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.