長芋の保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

長いもはすりおろして「とろろ」にして食べる機会が多く、お好み焼きに入れるともちもちとして美味しくなる「長芋」

大量に入手した際には、その保存方法に注意する必要があります。

せっかくの長芋も、傷んでしまえば食べることができません。

特にとろろとして食べる場合は加熱せずに食べることが多いので、食中毒のリスクが高いです。

野菜の鮮度を保ち、長期保存するためにはそれに適した保存方法を実践する必要があります。

そこで、長芋の正しい保存方法と、それぞれの保存方法を正しく実践できた際の賞味期限について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

長芋を常温保存する場合は、新聞紙で包んで風通しの良い冷暗所で保存してください。

常温で保存する場合には長芋を新聞紙で包みます。風通しの良い冷暗所で保存するようにします。

気温が高い場合は冷蔵庫で保存します。

箱に、おかくずと一緒に入った状態で入手した場合はそのままの状態で保存することができます。

長芋は、1本丸ごとの状態で入手した場合であれば常温保存が可能な野菜です。その場合、まず長芋を新聞紙で包みます。

これを、風通しの良い冷暗所に置いて保存します。

入手時の鮮度が良ければ、これだけで1ヶ月ほど保存しておくことができます。

また、箱の中に「おがくず」と一緒に入った状態で販売されていることがあり、この状態で購入したのであれば無理におがくずの中から出す必要はなく、箱に入った状態のまま冷暗所で保存できます。

ただし、気温が高い場合は冷暗所での保存も危険です。

目安としては25℃以上になる場合は、冷暗所での保存は避けて、冷蔵庫の中で保存してください。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

長芋の冷凍保存は「とろろにした状態」と「皮をむいた状態」の2種類の保存方法があります。

とろろにする場合は冷凍用の保存袋に入れて平らになるように冷凍庫に入れて保存します。

皮をむいた状態で保存する場合は冷凍用の保存袋に入れて、とろろにする場合は凍ったまますりおろして残りは冷凍庫に戻せます。

長芋を冷凍保存する場合は、まず「とろろにした状態で冷凍保存する」という方法があります。

長芋をすりおろして、これを冷凍用の保存袋に入れて冷凍庫に入れます。

その際、とろろが平らになるようにして冷凍するようにしましょう。

これは、使用する際に一部分だけを使えるように、凍った長いもをパキッと折ることができる薄さで冷凍するためです。

使用する際には必要な分だけ折って保存袋から取り出し、これを自然解凍してから使用します。

もう一つの方法は「皮をむいた長芋をそのまま冷凍保存する」という方法です。

こちらは皮をむいた長芋を冷凍用の保存袋やタッパーに入れて、冷凍庫に入れて保存します。

使用する際には、解凍せずに、凍った状態のまますりおろして使用します。

ただし、冷凍した長芋をすりおろすのは苦労しますので、すりおろしてから冷凍するほうがオススメです。

1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットした長芋は断面からすぐに傷んでしまいます。

長芋の断面をラップで包み空気に触れるのを防ぎます。

こうしてひと手間かけて冷蔵庫で保存しましょう。

通常よりも長期に保存が可能ですが、1週間程度を目安に使い切る必要があります。

長芋をカットしている場合、その断面が空気に触れることで「乾燥」と「酸化」が進んでしまいます。

そのため、保存する場合は空気に触れるのを防ぐために断面はもちろん長芋全体をラップでしっかりと包みます。

これを冷蔵庫に入れて保存するのですが、保存できる期間は1週間~10日が限度です。

早めに使い切ってしまいましょう。長期保存する場合は冷凍保存です。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

                             
長芋が傷んでいると、中身が変色します。

また、乾燥してしなびてしまいます。

傷んでいない場合でも、食感や味が大きく変化して、長芋の本来の味わい方ができないケースが多いです。

長芋が傷んでいると、次第に中身が変色していきます。

本来、長芋の中身は白いのですが、変色を起こすことで赤や赤黒さ、黄色く変色することもあります。

一部だけが変色しているのであればその部分だけ取り除いて残りは食べることができるケースもありますが、変色の度合いが大きい場合は食べずに処分してしまいましょう。

また、乾燥することでしなびてしまうことも多いです。

仮に傷んでいないとしても、味や食感は大きく変化してしまいます。

傷んでいるかもしれないと感じたら、生の状態で食べることは避けましょう。

前述の通り、お好み焼きに入れる他、「焼き物」「煮物」「揚げ物」などの加熱調理に使用することもできます。

まとめ

長芋は加熱せずに食べる機会が多い野菜なので、入手してから時間が経たない内に食べきってしまいたいところです。

冷凍すると味と食感が大きく変化しますので、とろろの本来の味わいを十分に満喫したい場合、早めに使い切ることが重要です。

傷んだ状態で生食すると食中毒のリスクがありますので、違和感があれば処分するか、変化が少ない場合でも加熱して食べるようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.