さつまいもの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

ご自宅では「蒸し芋」や「煮物」として食べることができ、お店では「焼き芋」をつい購入してしまう「さつまいも」は、食物繊維豊富で甘みの強い野菜として有名です。

秋の味覚を代表する食べ物の一つで、食品スーパーでも比較的安い値段で売られていることが多いです。

そんなさつまいも、つい大量に購入したり、農家の親戚・知人から大量に頂いて、消費しきれなくなった経験はありませんか?

せっかくの甘いさつまいも、傷んでしまう前に食べきるには適切な保存方法で賞味期限を引き伸ばす必要があります。

そこで、さつまいもの正しい保存方法について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

さつまいもは冷蔵庫での保存に適しません。

さつまいもは湿気と相性が非常に悪く、水に触れると劣化が早くなるので、土がついているものはそのまま冷暗所へ、土がついていないものは新聞紙やキッチンペーパーなどでくるんでから冷暗所に保管してください。

なお、寒い地方にお住まいの場合は温度管理が重要です。

さつまいもは、ジャガイモと同様に常温保存に適した野菜です。

掘り出したばかりのような土がついた状態であれば土がついた状態のまま、店で袋入りで販売されている汚れのついていないものは袋から取り出し新聞紙に包んでから冷暗所で保存します。

さつまいもは水気に弱いので、湿気の少ない風通しの良い場所を選ぶようにしましょう。

条件さえ合えば、最長で3ヶ月ほど保存しておくことができます。

なお、さつまいもの保存に適した温度は15℃前後になります。

そのため、寒い地方の場合だと冷暗所の気温がそれを大幅に下回る可能性があります。

その場合、さつまいもを保存する際に出来る限り温かくしてあげる必要があります。

ただし暖房設備は不要で、例えば使っていない毛布でくるんだり、おがくずの中に入れて保存するなどの方法があります。

とにかく、さつまいもが寒さで凍ってしまうことがないように注意しましょう。

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

さつまいもは生の状態では冷凍保存できません。

保存する前に加熱してから、冷凍庫に入れて保存しましょう。

用途によって、解凍するかしないかを決める必要があります。

先程「さつまいもが凍ってしまわないように注意する」と説明しましたが、野菜の長期保存の基本となる「冷凍保存」ができないというわけではありません。

ですが、生の状態のさつまいもを冷凍保存すると、味が極端に悪くなるのです。

そのため、冷凍保存する場合はさつまいもを事前に加熱しておく必要があります。

加熱の方法は基本的に問いません。

そのまま焼き芋や蒸し芋にしたり、加熱したものをカットしたり潰したりした状態でも保存できます。

この点は、冷凍したさつまいもをどのように食べるかで変えると良いでしょう。

正しく保存できれば1ヶ月ほど冷凍保存しておくことができます。

冷凍したさつまいもを食べる場合、例えば何らかの料理の具材として使用する場合は解凍せずそのまま調理すると良いでしょう。

焼くだけの焼き芋なら、自然解凍を待つかもしくは電子レンジがオススメです。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたさつまいもは、断面をラップで包んで空気に触れないようにしましょう。

洗ってしまったさつまいもは傷みやすいので、タッパーに水を張ってそこに入れて冷蔵庫で保存しましょう。

カットしたさつまいもは、その断面部分からどんどん傷んでしまいます。

そのため、断面をラップで包み、その上で新聞紙で包む必要があります。

なお、さつまいも全体をラップで包むのではなく、あくまでも断面だけラップで包むようにしてください。

冷暗所での保存で、最長1週間ほど保存できますが、早めに食べきることを念頭に置いてください。

なお、水洗いしてしまったさつまいもは長期保存には適しません。

そのため、その日の内に使い切るか、あるいは冷凍保存するという方法もあります。

明日には使えるという場合であれば、これをタッパーに入れて、水を入れて冷蔵庫で保存するという方法があります。

ただし、この方法でも2日保存できれば御の字だと考えてください。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

                             
傷んでいるさつまいもは、次第に黒く変色していきます。

変色程度であればその部分をカットすることで食べられますが、明らかに異常な場合は食べずに処分してしまいましょう。

さつまいもが傷んでいると、黒く変色することが多いです。

一部分だけ変色している場合であれば、その部分をカットすることで残りは食べることができる事が多いです。

なお、一般的にさつまいもの断面は薄い黄色をしていることが多いですが、品種によっては他の色であることもあります。

なお、本格的に傷んでくると、生の状態でも柔らかくなってしまったり、べたつきが発生します。

また、変色や異臭、カビの発生などの一般的な変化も起きます。

明らかにおかしいと感じたら、食べずに処分してしまうことを強くオススメします。

まとめ

さつまいもは常温保存に適した野菜ですが、洗ってしまうと鮮度が落ちやすくなります。

長持ちさせる場合は買ったままの状態で冷暗所での保存、そうでなければ冷凍保存する必要があります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.