えのきの保存方法と賞味期限まとめ

[ad1]

スーパーの野菜コーナーでよく見かけるきのこ類の一種に「えのき」があります。

安価で購入できるきのことして需要がありますが、傷んでしまっては安く買っても意味がありません。

きのこ類もまた、食べ物の一種であるため、適切な保存方法を採用することで少しでも長持ちさせることができます。

そこで今回は、えのきの正しい保存方法と、それぞれの方法の大まかな賞味期限の目安について解説します。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

えのきを袋から出さないと、袋内部の水分によってえのきが傷んでしまいます。

まずは袋から出し、新聞紙などでくるんでから冷蔵庫に入れます。

冬などで寒い場合は、冷蔵庫ではなく冷暗所でも大丈夫です。

えのきは通常、袋に入った状態で販売されています。その状態でも保存できなくはないのですが、えのきは水分に弱く、袋内部の水分でえのきがすぐに傷んでしまいます。

そのため、えのきを袋から取り出し、新聞紙で包んでからポリ袋に入れて、冷蔵庫内で保存しましょう。袋のままだと3日が限度ですが、新聞紙で包んでおくと1週間ほど保存できるケースもあります。

なお、えのきは低温で栽培するため、気温が高い場所は保存に適しません。

そのため、基本的に冷蔵庫での保存を行うのですが、気温が低い冬場であれば、冷暗所での保存もできなくはありません。気温が高い夏場は絶対に冷蔵庫で保存するようにしましょう。

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

えのきを冷凍保存する場合は洗わずにカットしてから冷凍庫に入れます。

一度、ある程度冷凍できたら冷凍庫から取り出し、中身をバラバラにしてから再度冷凍庫に入れて保存します。

えのきを冷凍保存する際には、前述の通り水分に弱いので、洗わずに冷凍します。

まず、「いしづき」の部分をカットして、えのきの可食部をバラバラになるようにほぐしてから冷凍用の保存袋に入れます。

これを冷凍庫に入れるのですが、1時間前後で一旦これを外に出します。

袋を振ったり揉んだりして、えのきを再度バラバラにします。終わったら、再び冷凍庫に入れて保存します。

きちんと保存できていれば、最長で1ヶ月ほど保存しておくことができます。

[ad-responsive]

カットした際の保存方法と保存期間

えのきの保存はいしづきが付いた状態での保存となるので、カットの方法に注意する必要があります。

丸ごといしづきをカットするのではなく、手で割いていしづきごと小分けにします。

食べる分はいしづきをカットしてから調理して、保存する部分はいしづきを残したまま新聞紙で包んで冷蔵庫で保存します。

えのきを丸ごと使わない時は、「いしづきをカットする方法」について考慮する必要があります。

いしづきの部分は食べられませんので、これをカットして白い部分を食べるのですが、丸ごとの状態でカットすると「保存したい部分」のいしづきもカットしてしまうことになります。

そのため、いしづきをカットする前に包丁を使わずに手でえのきを縦に割きます。

食べる部分と保存する部分でわけて割き、食べる部分だけいしづきをカットします。

保存する部分はいしづきを残したまま新聞紙で包み、ポリ袋に入れてから冷蔵庫に入れます。

できるだけ早いタイミングで食べきってしまいましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

                             
えのきが傷むと異臭や変色、ぬめりなどの変化を起こします。

また、頭の部分がすぐに取れてしまうのも、傷んでいる証拠です。

頭以外の部分は食べられる可能性もありますが、傷んでいる可能性も高いので危険です。

えのきが傷むと、一般的な野菜の腐敗の証拠である「異臭の発生」「変色を起こす」「ぬめりがある」といった変化を起こします。

見た目にもわかりやすいので、間違えてもそんな状態のえのきを食べないようにしましょう。

また、外見的な変化は乏しくても、「頭の部分がすぐに取れてしまう」状態のえのきには注意が必要です。

これは腐敗菌を原因とした症状であるケースが多く、傷んでいる証拠です。

その状態で他の変化が見られない場合は、軸の部分は食べることができる可能性もありますが、既に傷んでいる可能性も十分に考えられるので、食べないほうが無難です。

潰してみて、内部から水が出るようでしたら傷んでいるので食べないようにしましょう。

もし、購入時に袋の内部に「水滴」がついている場合だと、既に鮮度がかなり落ちている状態です。

袋内部に水滴がついておらず、えのき本体に白さと透明感を感じる物を選んで購入するようにしましょう。

まとめ

えのきの保存は「袋から出す」ということと「水分を避ける」ことが基本となります。

正しく保存できればそこそこ長持ちさせられますが、やはり早めに食べてしまう方が安全です。

外見に問題が無さそうに見えても既に傷んでいる可能性もありますので、少しでも怪しいと感じたら食べずに処分してしまう方が良いでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2022 AllRights Reserved.