エリンギの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

実は日本には自生しておらず、近年になって国内での栽培と流通が始まったきのこ類である「エリンギ」は、きのこの中では特にクセが少ないことで有名。

「きのこ嫌いでも食べられるきのこ」として重宝されています。

値段も手頃であり、普段から好んで食べている人も少なくありません。

そんなエリンギですが、せっかく買ってきても傷んでしまっては食べられません。

傷んだ野菜やきのこを食べると食中毒のリスクを伴いますので、早めに食べきるか、適切な保存方法で賞味期限を引き伸ばすことが重要です。

そこで今回は、エリンギの正しい保存方法について解説します。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

エリンギは水分に弱く、パックから出して保存する必要があります。

エリンギをパックから出し、新聞紙などで包んでから丸ごとビニール袋に入れ、野菜室で保管します。

冬場は冷暗所での保存もできますが、冷蔵庫のほうが長持ちします。

エリンギは、「水分」によって傷んでしまいます。そのため、まずは購入したエリンギをパックから取り出します。

取り出したエリンギを新聞紙かキッチンペーパーで包み、これをビニール袋に入れます。

それから野菜室に保管することで、長くて1週間くらい持ちます。

冬や気温が低い時であれば、野菜室でなく冷暗所でも可能です。

ですが、常温保存はエリンギの菌糸の発生を促してしまい、エリンギが傷んでしまうリスクがあります。

よほど冷蔵庫のスペースに余裕が無い時を除き、常温保存は避けておいたほうが無難です。

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

エリンギのいしづきをカットし、本体を適当な大きさにカットします。

これを冷凍用の保存袋に入れて保存するのですが、水洗いをせずにカットして保存しましょう。

重ならないように冷凍保存するのがコツです。

エリンギを冷凍保存する場合は、まずエリンギのいしづきをカットします。

それからエリンギを一口大のサイズに切り、冷凍用の保存袋に入れてください。

冷凍庫に入れる時にエリンギが重ならないように平らにして、中の空気を抜いてから冷凍庫に入れましょう。

なお、前述の通りエリンギは水分に弱く、風味が落ちてしまいますので水洗いせずに冷凍保存します。

また、エリンギが冷凍庫内で重なるのを防ぐため、トレーなどにカットしたエリンギを置いて冷凍庫で急速冷凍してから冷凍用の保存袋に入れ直して冷凍庫に入れるという方法もオススメです。

正しく保存できていれば、1ヶ月ほど保存しておくことができます。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

エリンギをカットした状態で保存する場合は、「いしづきを残す」「洗わない」ことが重要です。

これらの条件を満たせなくても冷蔵庫に入れることはできますが、賞味期限は短くなってしまいます。

カットしたエリンギを保存する場合は、可能な限り「いしづきを残す」「水洗いしない」状態で保存することが望まれます。

カットしたエリンギはタッパーに入れるかラップで包んで冷蔵庫に入れて保存します。

丸ごとの状態と比較して保存期間は短く、長くても4日保存できれば十分です。

水に濡らしてしまった時は、保管する前にキッチンペーパーで拭き、しっかり水気を取っておくことが大事です。

汚れがある場合は、洗わなくてもキッチンペーパーで拭き取るなどの方法でも汚れを取り除くことができます。

エリンギはどちらかというと水などで洗わずに保管する方が良いです。

より長い保存を希望する時は、冷凍保存や乾燥させる「干しエリンギ」という方法が良いでしょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

                             
傷んだエリンギは白い菌糸を大量に出します。

これ自体は腐敗ではなく、エリンギそのものの菌糸なので衛生上は問題ないのですが、味や栄養が低下してしまいます。

カビとの鑑別も難しいので、大量に菌糸が出ていると思ったら食べないでおきましょう。

エリンギが傷んでいると、一般的な野菜の変化として「異臭」「変色」「ぬめり」などの変化が発生します。

また、エリンギから変な汁が出ていたり、全体的にべちゃっとしていることもあります。

わかりやすい変化なので、特に変化がはっきりと読み取れる場合は絶対に食べないようにしましょう。

エリンギは傷み始めると、白いカビのようなものが出てくることがあります。

一見カビのようですが、実はカビではありません。これはエリンギの菌糸であることがほとんどです。

ですが、菌糸が出始めるとエリンギのおいしさがなくなってくるので、白い菌糸が出る前に食べてしまいましょう。

また、本当にカビの可能性も捨てきれず、どちらにしても白い菌糸が大量に発生している場合は食べずに処分してしまいましょう。

まとめ

エリンギは正しく保存すればそれなりに長持ちさせることができます。

昨今、きのこ類はヘルシーフードとして注目されており、食べやすいエリンギは好まれることが多いです。

きのこ類は「干す」という保存方法もあり、エリンギも例に漏れず干しエリンギという選択肢があります。

食べきれないほどにエリンギを入手した場合、干しエリンギであれば1年ほど保存できますので、試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.