なめたけの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

きのこの一種であり、「なめこ」とも呼ばれているものが「なめたけ」です。

このなめたけは、傷みやすいきのことしても有名です。せっかく購入したなめたけを、食べる前に傷ませてしまうのはもったいない。

そこで、なめたけの正しい保存方法とおおまかな賞味期限についてまとめました。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

なめたけは、どんな状態で売られているかによって保存方法が異なります。真空パックの場合はそのまま冷蔵庫で保存します。通常のパックのものはそのまま、もしくは別の容器に入れ替えて冷蔵庫で保存します。

なめたけのパック方法として、「通常のパック」と「真空パック」があります。真空パックに入っている場合は、開封すること無くそのまま冷蔵庫に入れて保管することができます。

この状態で1週間ほど保存しておくことができます。

通常のパックに入っている場合は、その真冷蔵庫で保存することもできます。

開封してから別の容器に入れ替えて保存することもできますので、好きな方法で保存してください。通常パックのなめたけは3日前後しか保存することができません。

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

冷凍保存する場合も、パックの種類が重要になります。真空パックの場合はそのまま冷凍庫に入れて保存できます。

通常パックのなめたけは洗わずにいしづきをカットし、ほぐした状態で冷凍用の保存袋に入れます。空気を抜いて平らにし、冷凍庫に入れて保存します。

なめたけを冷凍保存する場合、これもパックの種類が問題となります。真空パックの場合は、これも冷蔵庫での保存と同様にそのまま冷凍庫に入れて保存することができます。非常にお手軽ですね。

通常のパックの場合は、まずパックを開けてなめたけのいしづきを取り除きます。その際、なめたけを洗わないように注意しましょう。

いしづきをカットしたら、なめたけを細かくほぐしていきます。ほぐし終わったら保存用の袋に入れて、中の空気を抜きながら平らにならしていきます。

その状態で冷凍庫に入れます。どちらの場合でも、冷凍なめたけの保存可能な期間は長くても1ヶ月、短い場合は2週間ほどで傷んでしまいます。

使用する場合、調理方法で解凍に関する下処理が異なります。汁物や鍋物の場合は、解凍せずそのまま使用することができます。それ以外の場合は、解凍せずに軽く湯通ししてから水気を切れば使えます。

カットした際の保存方法と保存期間

カットしているなめたけは、あまり日持ちしません。方法としては、使わない分をいしづきを残して容器に入れて冷蔵庫に入れます。

茹でてから冷まし、水気を切ってから冷蔵庫に入れると少し長持ちしますが、早めに使い切ることをオススメします。

なめたけを中途半端に使い切れない状態の場合、「いしづきを残す」ことが重要になります(既に無い場合は仕方がありませんが)。

なので、いしづきをカットせずに、その調理で必要な分だけ割いて分けます。使わない方にはいしづきを残したまま、洗わずに容器に入れる、もしくはラップで包んで保存します。

この状態では1,2日しか日持ちしませんので、翌日には使いきるつもりで献立を考えましょう。

賞味期限を長引かせる方法としては「茹でる」ことが重要です。使わなかったなめたけのいしづきをカットし、これを茹でてから冷水で十分に冷まします。

冷まし終わったらなめたけの水分を切り、容器に入れて冷蔵庫で保存します。これなら、状態が良ければ3日ほど保存しておくことが可能です。

どちらにしても最長で3日と考えると、今日明日には使いきるつもりでないと傷んでしまう可能性があります。

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

なめたけは傷みやすく、さまざまな変化が発生します。特に酸っぱい臭いや下水のような臭がする場合にはかなり危険なので、無理に食べようとせずに捨ててしまいましょう。

真空パックの場合、袋が膨張していたり泡が出ているような状態になっていると危険なので、開封せずにそのまま処分しましょう。

なめたけは傷むのが早く、正しい保存方法を実践していてもすぐに食べられなくなってしまいます。傷んでいるサインとしてはまず「異臭」が挙げられます。

なめたけの場合、他の野菜にも見られるような酸っぱい臭いだけではなく「下水」のような臭いが発生することもあります。他にも、黒く変色していたり、全体的にドロドロしているような状態にはかなり危険なので、食べずに捨ててしまいましょう。

真空パックの場合は、少し変わった変化が発生します。例えば、真空パックが膨張していたり、泡のような物が出ている場合です。これは開封して確認しようとせず、すぐに捨ててしまいましょう。

まとめ

なめたけは、どうしても傷みやすいきのこです。買った分をその日のうちに使うか、冷凍保存を視野に入れると安全です。

真空パックは長持ちするだろうと高をくくっていると、いつの間にか忘れ去ってひどい状態になってしまう可能性が高いです。

日持ちさせることよりも、早めに使い切る方法について考察する方が確実であると言えます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.