しいたけの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

「しいたけ」は煮物に使う機会が多いかと思いますが、濃く味をつけてちらし寿司の具材にすることもあります。

食品スーパーには「乾燥しいたけ」も売られていますが、野菜コーナーには生のしいたけも売られています。

生のしいたけを購入する場合はどういった保存方法が適しているのかについて解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

しいたけの常温保存は湿気を避けるためにキッチンペーパーか新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷暗所か野菜室で保存します。

夏場は気温も湿度も高いので常温保存には適していません。

しいたけは「湿気」が大の苦手です。そのため、そのままポリ袋に入れたりラップで包んでしまうと中に湿気が篭ってしいたけが傷んでしまいます。

そのため、水分を吸収することができるキッチンペーパーか新聞紙でしいたけを包んでからポリ袋に入れましょう。

その際、冷暗所か野菜室での保管が適しており、「軸」を上にした状態で保存します。

ただし、夏場は気温も湿度も高く、上記の保存方法でも冷暗所では不十分な状態になります。

そのため、野菜室での保存が必須となります。

きちんと処理して冷暗所か野菜室で保存すれば1週間ほど保存できますが、夏場の冷暗所での保存は下手をすれば1日も保ちません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

しいたけを冷凍保存する場合は軸を切り落とし、スライスして冷凍用の保存袋に入れて空気を抜いてから冷凍庫に入れます。

スライスしない場合は「いしづき(軸の先端部分)」を切り落とすことで冷凍保存できます。

しいたけは、実は冷凍保存との相性が良いのです。

先ほど冒頭で「乾燥しいたけ」をとりあげましたが、乾燥しいたけは旨味も栄養もアップする食べ方なのです。

実は、冷凍保存することで乾燥しいたけと同じ状態にすることができるのです。

旨味と栄養アップの秘訣は「細胞壁の破壊」であり、これによって旨味と栄養が流れ出やすくなります。

冷凍保存する場合は、まずしいたけの軸を切り落とし、傘の部分を薄くスライスしてから冷凍すると調理の際に便利です。

スライスしたしいたけを冷凍用の保存袋に入れて、中の空気を抜いてから冷凍庫で保存しましょう。

きちんと保存できていれば1ヶ月ほど保存しておくことができます。

また、しいたけの形を残した調理法(しいたけ煮や鍋など)に使いたい場合は、軸ではなくその先端部分に当たる「いしづき」を切り落とすと、それ以上カットすること無くそのまま冷凍することができます。

なお、調理に使う際は解凍せずにそのまま加熱してください。

細胞壁が壊れているのでべちゃべちゃして食べにくくなります。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

しいたけをカットした場合、常温および冷凍での保存は適しません。

スライスしたしいたけを保存したい場合は冷凍保存が最適です。

しいたけはスライスしてから調理することも多いです。

弾力のあるしいたけが食べやすくなり、さまざまな料理に使うことができます。

しかし、スライスしたしいたけを保存する場合は冷暗所や冷蔵庫での保存は適しません。

前述のとおり、しいたけは湿気が大の苦手です。

そのため、保存する場合にはキッチンペーパーで包んだ後にポリ袋に入れますが、スライスした場合は1つずつキッチンペーパーで包むことが難しくなります。

半分のカットした程度ならそれぞれ包んで保存することもできるでしょうが、あまりメリットはありません。

冷蔵庫での保存を考えるのであれば、保存した後、調理のタイミングでカットすることをオススメします。

どうしてもスライスした状態で保存したいのであれば、やはり冷凍庫での保存が適していると言えます。

前述のとおり、乾燥しいたけと同様のメリットが存在する上に保存期間も常温の約4倍の長持ちです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

しいたけは保存していると錦糸を出しますが、これ自体は基本的に無害で食べられます。

しかし、菌糸が大量に発生している場合やぬるぬるしている場合などは食べないほうが無難です。

しいたけが傷んでくると、白い綿のような「菌糸」を出します。

カビのようにも見えますが、これはしいたけ自体の錦糸なので問題ありません。

ですが、栄養は落ちることになります。この菌糸が増えてくると危険であると言えますので、そうなる前に食べるようにしましょう。

その他にも、しいたけが傷んでいる目安としては「傘の裏が黒い」「ぬるぬるしている」「異臭が発生している」「断面がピンク色になっている」といったことが挙げられます。

こうしたサインに気がついたら無理に食べようとせず、早急に処分してしまいましょう。

まとめ

生のしいたけを保存しておきたいのならば、冷凍保存が最適です。

ですが、保存の簡易性や衛生面から判定するならば、乾燥しいたけの購入が適切です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.