れんこんの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

独特の触感があり、すりおろせば料理に粘り気を出すこともできる、見通しが良いということでおせち料理の縁起物にも用いられる「れんこん」

長持ちするイメージがありますが正しい方法あってこそです。

そこで、れんこんの正しい保存方法とそれぞれの賞味期限の目安について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

常温での保存は冬場が適しています。

湿った新聞紙で包んでからビニール袋に入れて、風通しの良い冷暗所で保存します。

夏場は野菜室で保存するようにしましょう。

正しく保存できていれば最大で1週間ほど保存しておくことができます。

れんこんの場合、その状態によって保存期間が異なります。

まず「泥がついているれんこん」は、そのままの状態で新聞紙で包みましょう。

問題となるのは「節の途中でカットされているもの」です。

れんこんは1本丸ごとで販売されていることは少なく、途中でカットされているものが主流で販売されています。

ですが、カット位置が節の途中である場合、れんこん内部の穴が露出している状態になります。

この状態だと中に空気がい入って傷みが早くなりますので、空気が入らないようにしてラップで包むようにしましょう。

ですが、長くても3日保存できれば上出来だと考えてください。

もう一つ、れんこんを長持ちさせる方法があります。

保存にあたって、タッパーなどの容器にれんこんと、れんこんが浸かる程度の水を入れた状態で保存することで2~3週間ほど保存しておくことができます。

ただし、1~2日に1回は中の水を変えるように心がけましょう。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

れんこんを冷凍保存する場合は、皮をむいてからスライスして、それをお酢のはいった水に浸けます。

取り出したれんこんの水気を拭き取り、冷凍用の保存袋に入れて冷凍庫で保存します。

れんこんを冷凍庫で保存したい場合、まずはれんこんの皮をむきます。

むき終わったら、これを薄い酢水に数分ほど浸けておきます。

浸け終わったらこれを取り出し、れんこんの水分をしっかりと拭き取ります。

れんこんの水分を拭き取り終わったら、これを冷凍用の保存袋に入れて中の空気をしっかりと抜きます。

これを冷凍庫で保存すれば、最大で1ヶ月ほど保存しておくことができます。

テクニックとしては、酢水に浸けるのではなく、酢水で固めに茹でることで、れんこんの鮮度や食感を維持して保存することができます。

弱火で少し茹でれば十分です。調理に使用する際には、解凍せずにそのまま調理しましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

れんこんをカットしている場合は、水に浸けて保存します。

その際に薄い酢水に浸けておくことでアク抜きも可能です。

長くとも2日に1回は水を取り替えるようにしましょう。

カットしたり皮をむいている場合、そこから変色を起こし始めます。

そのため、すぐに使わない場合であれば変色しないように保存する必要があります。

具体的な方法としては「水に浸ける」という方法があります。

タッパーにカットしたれんこんと水を入れて、れんこんが水に浸かっている状態でふたをして冷蔵庫で保存します。

その際、普通の水ではなく「薄い酢水」に漬けておくことで、れんこんの保存だけではなく「アク抜き」も可能になります。

カットの方法は「輪切り」「スライス」「皮むき」のどの場合でも、水や酢水に漬けておくことで効果を発揮します。

長く保存したい場合は1~2日に1回、中の水を交換しましょう。

それでも4~5日程度が限界ですので、変色してしまう前に使い切りましょう。

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

れんこんが傷んでいると、異臭やカビが発生します。

変色も発生したりぬめりけも発生しますが、ある程度のレベルであれば食べることができる可能性もあります。

れんこんが傷んでいる場合、一般的な野菜の腐敗で起きる「異臭」「カビ」の発生が確認されます。

ですが、れんこんの場合は他の変化において気をつけたいポイントがあります。

まずは「変色」です。れんこんは空気に触れることで赤茶色やピンクに変化しますが、一部分であれば問題なく、酢水に浸けることで変色が元に戻ることもあります。

ただし、変色がれんこんの内部にまで侵食している場合だと食べないほうが無難です。

次は「ぬめりけ」です。れんこんが傷んでくると、表面のぬめりや、溶けたような外見になります。

ですが、単純に「糸を引いている」場合であれば問題ありません。

新鮮な生のれんこんでも糸を引くものなので、それは腐敗のサインではありません。

まとめ

れんこんは保存にあたって工夫ができる野菜です。

酢水を使った保存法がメインとなりますが、そうしなくても十分に保存することは可能です。

食べるときのことを考えて行う工夫も多いので、一度試してみて、どのような違いがあるのかを知っておくことも重要です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.