ぶどうの保存方法と賞味期限まとめ

[ad1]

さまざまな品種が販売されており、デザートとして好んで召し上がる方も多い「ぶどう」

シーズンで知人から大量に貰ったり「ぶどう狩り」などで大量に入手した場合には保存方法に悩むのではないかと思います。

ですが、間違った保存方法を実践してしまうとぶどうがすぐに傷んでしまう可能性もあり、大量のぶどうを駄目にしてしまうことも考えられます。

そこで今回は、ぶどうの正しい保存方法と、保存方法ごとの賞味期限の目安について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

よくドラマのセットで、台所のカウンターなどにガラスの器に飾られるように置いてあるぶどうを見ますよね。

ぶどうは常温でも大丈夫ですが、長くは耐えられませんのですぐに食べてしまうようにしましょう。

ぶどうを栽培している農家であればこれを常温環境下で直売していることもあるかと思いますが、高温であるほどぶどうは傷みやすくなってしまいます。

常温で保存する場合は、新聞紙で包んでから冷暗所で保存するようにしましょう。

その際、工夫するポイントとして「新聞紙を前もってくしゃくしゃにしておく」ということが必要になります(普通の状態でぶどうを包むと、新聞紙の硬さでぶどうが痛みやすくなる)。

保存できる期間は最長で3日ほど保存しておくことができますが、出来る限り早めに食べきってしまう必要があります。

[ad-responsive]

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

ぶどうをある程度保存したい場合ば、冷蔵庫で保存する必要があります。

常温と同様に新聞紙で包んだりポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

これで最長5日ほど保存することができるのですが、保存性を高める方法として「房から外す」という保存法があります。

ですが、普通に食べる時と同じように房から粒を外そうとすると、皮と枝の接合部が露出してしまうので傷みやすくなってしまいます。

なので、少し手間になりますが枝を少し残す形でキッチンバサミなどを使って切り離すと、ぶどうに穴が空いてしまうのを防ぐことができ、保存性を損なわずに保存することができます。

房からバラしたぶどうは、タッパーや保存袋に入れて冷蔵庫で保存してください。

房でなくなったことで保存期間がのび、1週間程度もたせることができます。

[ad-responsive]

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

ぶどうを、さらに長期間保存したい場合、冷凍庫で保存する必要があります。

具体的な方法は、冷蔵庫での保存の際と同じようにキッチンバサミ等を使用してぶどうの粒を房から切り離します。

これを水洗いしてから水気を拭き取り、タッパーや冷凍用の保存袋に入れて冷凍保存します。

その際、出来る限りぶどうが重ならないようにしてから冷凍庫に入れましょう。

2週間~最長で3週間ほど保存することができます。

食べる際には、自然解凍で完全に解凍してから食べても構いませんし、半解凍でシャーベット状にして食べることもオススメです。

なお、冷凍したぶどうは軽く水で濡らすことで簡単に皮をむくこともできます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

傷んでしまったぶどうは、異臭やカビの発生、異様な酸味をもたらすなどの変化を起こします。

また、外見上の変化としては「ブヨブヨになっている」「変な汁が出ている」といった変化を起こすこともあり、そうした変化を起こしている場合は食べずに処分してしまいましょう。

なお、上記の保存方法では「ぶどうの皮を剥かずに保存する」ということを前提としていますが、皮を剥いたぶどうも保存はできます。

ですが皮のないぶどうは酸化が進み、色も紫色になってしまって見た目も味もおいしくなくなります。

食べられる状態ではあると思いますが、品質は大きく劣化してしまいますので、出来る限り皮付きのままで保存するようにしましょう。

ぶどうは傷み始めると軸が茶色になります。茶色でもまだ食べられますが、そこからは傷み度が加速するので、見つけたらすぐに食べてしまうようにしましょう。

ちなみに、ぶどうには白い粉状のものが付着していることがありますが、これはカビではなく「ブルーム」もしくは「果粉」と呼ばれる物質で、ぶどう自身が分泌した鮮度を保つための成分なので問題はありません。

洗い流してしまうと鮮度を保つ機能も失われてしまいますので、ぶどうを冷蔵庫で保存する場合は保存する時に水洗いするのではなく、食べる直前に水洗いするようにしましょう。

まとめ

ぶどうは、房についている状態だと房が粒の水分を奪ってしまい、粒がしわしわになりやすくなります。

冷蔵庫で保存する場合は房付きでも保存できますが、保存性を高めたい場合は房から切り離して保存するようにしましょう。

また、他の果物と比較して「皮が薄い」という特徴もあり、水分量が多いという特徴とあわせて非常に傷みやすい果物であると言えます。

その反面で常温保存も可能であるという特徴もありますが、常温や冷蔵保存ではそこまで長持ちしませんので、数日で食べきれない量は冷凍保存することをオススメします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2022 AllRights Reserved.