干し柿の保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

ご家庭で手作りしたり、あるいは親戚・知り合いから大量に「干し柿」を貰ってしまうと、なかなか消費できないのではないかと思います。

短期間で消費しきれない場合、適切な保存方法を実践して、食べきるまで傷ませなくする必要があります。

そこで、干し柿のおいしさを維持できる保存方法や、おいしく食べられる期限についてここでは説明していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

元々は天日干しで作る干し柿ですが、干し柿として完成された状態ではこれ以上常温でお放置することはあまりオススメできません。

理由としては、ただでさえ失われている干し柿の水分が、常温放置によってさらに失われて、最終的には水分不足で固くなって食べられない状態になってしまう可能性があります。

干し柿は決して常温保存できないわけではないのですが、常温保存したい場合はキッチンペーパーで包むか、紙袋に入れる等して風通しの良い冷暗所で保存するようにしましょう。

湿気の多い場所で保存するとカビが生える原因になりかねませんので、風通しがよく湿度の低い場所で保存することをオススメします(水回りは避けるように)。

保存開始時の干し柿の状態にもよりますが、2~3日程度であれば冷暗所で保存することができます。

なお、色鮮やかで表面に白い粉(ブドウ糖の結晶)がふいていない「あんぽ柿」と呼ばれるタイプの場合は、常温保存に適していません。

水分量が多く、中身が腐ってしまう可能性が高いので、後述の「冷蔵保存」もしくは「冷凍保存」で保存するようにしましょう。

スポンサードリンク

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

干し柿をある程度保存したい場合は冷蔵庫での保存が適していますが、実はそのまま冷蔵庫に入れると乾燥が進んで固くなってしまいます。

ですから乾燥対策として、まず干し柿を紙袋に入れ、それをジップ付きの袋に入れて真空にさせてから冷蔵庫に入れてください。

ただし、匂いの強いものと一緒に入れることは避けて、できれば匂い移りの心配がない状態の「野菜室」で保存することがオススメです。

どうしても匂い移りのリスクを避けられそうに無い場合は、保存袋を二重にする等の工夫をすることで被害を最小限に抑えることができますが、出来る限りそういった食べ物とは離して保存するようにしましょう。

常温保存の倍の約1週間ほど保存することができますが、出来る限り早めに食べきってしまうことをオススメします(手間をかけて保存しても冷蔵保存では完全に乾燥を防ぐことができず、次第に固くなる)。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

干し柿をさらに長期間保存したい場合は、冷凍保存することが必要になります。

冷凍する時はまずラップで干し柿をピッタリ包みます。

それを冷凍用の袋に入れて、さらに空気を抜いてから冷凍庫に入れてください。

保存時の干し柿の状態にもよりますが、短くても1ヶ月、長ければ半年ほど冷凍保存することができます。

食べる際には、前日から冷蔵庫に入れて自然解凍することをオススメします。

水分量の多いあんぽ柿の場合、半解凍の状態であればシャーベット状になっているので、少し変わった食べ方を楽しむこともできます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

傷んでしまった干し柿は、カビが生えたり異臭を放つことが多いです。

干し具合にもよりますが、かなから変な液体が出ている場合などは絶対に食べないようにしましょう。

元々、干し柿の原材料である「渋柿」には、ポリフェノールの一種である「タンニン」が含まれており、これが防腐剤の代わりとして機能してくれます。

また、干しているという都合上、水分量が少ないことも合わせて腐りにくいという性質がある干し柿ですが、絶対に腐らないという保証はありません。

また、表面の白い粉は「ブドウ糖の結晶」なのですが、これがたくさん出ている場合は干し柿の水分量が過度に減少している証拠であり、食べにくくなってしまっています。

水分量が少ないと固くなるので、傷んでいなかったとしても食べにくくなっていますので、結局は処分してしまわないといけなくなる可能性が高いです。

ある程度の水準であれば、砂糖水に浸すことである程度は柔らかくすることもできますが、限度もありますのであまり頼りすぎないようにしたほうが無難です。

まとめ

干し柿は、乾燥しているため保存性が高いと思われがちですが、常温では数日、冷蔵庫でも1週間ほどしか保存できません。

数日で食べきれない場合は、早めに冷凍庫で保存してしまうことをオススメします。

渋柿を大量に入手したり、干し柿の状態で大量に入手した場合などは数日では食べきれないと考えられますので、食べ切れる分だけ冷蔵庫で保存して、残りは冷凍保存して乾燥が進まないようにしましょう。

手元にある干し柿の量と、1日で食べ切れる量を計算しつつ、保存方法を決めるようにする必要があります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.