キウイの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

近年、その栄養成分が美容に効果的とわかり、「スーパーフルーツ」として脚光を浴びることとなった「キウイ」

甘酸っぱさと独特の触感を味わうことができる果物です。

数個セットで販売されていることが多く、安売りの時にはつい買いすぎてしまったことがあるのではないでしょうか?

いくら栄養豊富な食べ物と言っても、傷んでしまっては栄養もへったくれもありません。

お腹を壊すこと無く、キウイの栄養を活かすためには買ったその日に食べてしまうか、きちんとした保存方法を実践することが重要です。

ここでは、キウイの保存方法と賞味期限についてご紹介します。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

キウイは常温保存もできますが、それは冬の寒い季節に、冷暗所で保存することが基本です。

冷蔵庫での保存がオススメですが、その際には可能な限り小分けにすることをオススメします。

保存するキウイの熟し具合によって保存可能な期間も異なり、長ければ数ヶ月ほど保存しておくことができます。

キウイの保存は、基本的にビニール袋に入れて冷蔵庫で保存するという方法をとります。

常温保存したい場合は寒い季節に冷暗所での保存を行いましょう。

キウイは同じ袋の中に傷んでしまった個体があると、全体にそれが拡大してしまいます。

なので、可能な限り小分けにすることがオススメです。

数個ほどをワンセットにして、ビニール袋に入れていきましょう。

その際に、熟し方が異なるキウイがある場合はグループで分けておきましょう。

熟していないキウイは、個体によっては数ヶ月ほど保存しておくことが可能な場合があります。

しかし、既にそれなりに熟している場合は、保存できてもせいぜい2週間が限度だと言えます。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

キウイを冷凍保存する場合は皮をむいてからカットして、冷凍用の保存袋に平らになるようにして入れてから冷凍庫に入れます。

砂糖をまぶしておくと色合いを保てます。元の食感は損なわれますが、食べ方には柔軟性があります。

キウイは冷凍保存が可能なので、長い間保存したい場合は冷凍保存がオススメです。

キウイを冷凍保存する場合は、キウイの皮むき、角切りやスライスして冷凍用の袋に入れてください。

その際、平らになるようにキウイを並べて、内部の空気を抜いてから冷凍庫に入れて保存します。

これで1ヶ月ほどキウイを保存しておくことが可能になります。

なお、野菜や果物を冷凍保存する際の代償として「食感が損なわれる」ということが挙げられます。

水分量が多く、細胞壁が破壊されることで本来の瑞々しさや食感は失われてしまい、これはキウイを冷凍保存する際にも同じことです。

しかし、野菜とは違ってキウイはさまざまな食べ方が実践できます。

そのままであれば「シャーベット」として、半解凍でも食べることができます。

解凍してからすりおろし、ヨーグルトなどに混ぜて食べることもできます。

元の食感は無いので生の状態での食べ方は再現できませんのでそこだけは注意しておきましょう。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたキウイは冷蔵庫での長期保存は不可能です。

冷蔵庫に入れてからすぐに食べきるか、そうしない場合は冷凍庫での保存をオススメします。

ドライフルーツにするという方法もあります。

カットしたキウイは、断面から乾燥と傷みが進行します。

本来は冷蔵保存でもそれなりに長持ちさせることができる果物なのですが、カットした場合はあっという間に傷んでしまいます。長期保存を考える場合は冷凍保存しましょう。

明日、明後日には食べ切れるという場合は、断面が空気に触れることを避けなければなりません。

断面は空気に触れないようしっかりラップで巻いて、タッパーに入れてから冷蔵庫に入れましょう。

これで乾燥はだいたい防止できますが、それでも2日以内には食べきってください。

逆に、完全に乾燥させることにより長期保存するという方法もあります。

要するに「ドライフルーツ」です。作り方としては、皮をむいて薄くスライスしたキウイをざるに並べて、数日間天日干しします。

完全に乾燥したらドライキウイの完成です。密閉容器に乾燥剤と一緒に入れるか、冷蔵庫で保存します。これで1年ほど保存しておくことができます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

                             
傷んだキウイはカビが生えるか、あるいはアルコールっぽい味がします。

異臭や変色はその後になりますので、わかりやすい変化よりも先に傷んでしまう点に注意が必要です。

野菜や果物は、傷んでしまうと異臭や変色が発生することが多いです。

キウイもそうなのですが、キウイの場合はカビが生える他にも「食べたらアルコールっぽい味がする」という変化を起こします。

これは腐敗の前に「発酵」していることが原因で、アルコールっぽい味の他にもシュワシュワと小さな泡が出ている場合は危険です。

まとめ

キウイはそのままの状態でもそれなりに保存ができる果物です。

冷凍やドライフルーツなどの方法でも楽しむことができますので、保存方法と食べ方にバラエティ性があります。

傷んだ個体を一緒にすると全体が傷みやすくなりますので、その点には注意しておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.