メロンの保存方法と賞味期限まとめ

[ad1]

高級なイメージがあるメロン、折角いただいたらできるだけ美味しくいただきたいですよね。

メロンはどのようなタイミングで食べたら最も美味しいのでしょう。

熟していない時は冷蔵庫に入れても良いのでしょうか。

また1個丸ごといただいた時、一気に食べられない事もあるでしょう。

カットした場合の保存方法また賞味期限は?と迷う事が多いと思います。

そこで常温、冷凍、またカットした状態での保存方法や保存できる期間に関してご紹介致します。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

メロンは熟していないと美味しくないので、追熟させる間は冷蔵庫に入れずに常温にて保存させる必要があります。

それでは、熟しているかどうか見ただけではわからないけどどうすればよいか。

実は販売されているメロンは完熟していない状態で売っているものが多いので、必然的にカットしていないメロンは常温で保存しておくのが望ましいです。

一度冷蔵庫に入れてしまうと、そこでもう熟さなくなるので注意が必要です。

保存方法ですが、風通しがよく日があまり当たらない所で保存する必要があります。

風通しが良いところでないと、カビが生えて来てしまう事があります。

20~25度位の温度が1番追熟しやすいです。

常温の場所に置いておくと、だんだんとメロンは熟してきます。

甘い香りがしてきたら食べ頃ですので、冷蔵庫に数時間入れて召し上がってください。

またメロンの底の部分を押してみて、柔らかくなった時も食べ頃です。

ここでの冷蔵庫は保存の為でなく、あくまで冷やす為に入れます。

もし完熟を超えて、食べきれなかった場合今度は発酵してくるのを少しでも防ぐ為に冷蔵庫で保存するようにして下さい。

ただそれでも長く持つ事はありません。メロンを美味しく食べる事のできる期間は決まっています。

メロンは収穫後1週間ほどで、保存方法にもよりますが完熟すると言われています。

購入時の状態にもよりますが、1週間より長いことはありません。

完熟してくると甘い香りがしてくるのでわかりやすいです。

またツルがついているものは、枯れてくるので一つの目安となるでしょう。

1番の食べ頃から数日で発酵し始めるので、この期間中に食べるようにしましょう。

保存できる期間は完熟まで1週間とそこから発酵してしまう数日の間、つまり最長で10日間と言えます。

メロンは完熟して食べ頃を迎えてから長くはもちません。

完熟して食べごろからあまりもたないのは、メロンに限ってではなく果物全般に言えることです。

完熟してから数日の間に食べるようにしてください。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

冷蔵をしても長く持たないメロン、余ってしまった場合はどうすれば良いでしょう。

なんと冷凍する事ができるのです。

今では冷凍メロンとしても販売しているくらいです。

気をつけていただいたいのは、必ず熟したメロンを冷凍するようにしてください。

熟す前のメロンだと甘さが十分にでておらず、あまり味がしないままになってしまいます。

冷凍した際の保存方法は、先にメロンの皮をむき、種もしっかりととります。

種を取る事により、熟していくペースが遅くなります。

次に一口サイズにカットをしてください。

ラップをした状態で冷凍をし、数時間後に封のできるジッパーなどの袋に入れ替えると良いでしょう。

その際は、できるだけ空気を入れないように封をしてください。

甘さの少ないメロンであれば、この時点でシロップを使うのも一つの方法です。

冷凍した際の保存できる期間は1ヶ月程可能となります。

食べたい時にメロンを食べられるのは嬉しいですね。

冷凍したものを食べる時ですが、シャーベット状のまま食べた方が美味しいです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたメロンはそのまま冷蔵庫に入れるのではなく、ラップで包むようにしてください。

ラップする際は完全に空気が入らない位に包むと、味が落ちにくくなります。

また種はしっかりととるようにしましょう。

種の部分は傷みやすいのです。

カットしたメロンは長い期間は持ちません。

1~2日の間には食べるようにしてください。だんだんと鮮度が落ちてきます。

メロンは食べ頃を過ぎると、甘みがなくなり苦みがでてきてしまいます。

あまりに苦みがでてしまったメロンはもったいないですが、食べるのを控えないといけなくなる事もあります。

まとめ

メロンは完熟していない状態で売っている事が多い為、常温で保存します。

その際直射日光が当たらず、風通しの良い所に置く事が大切です。

冷蔵庫で保存する、もしくはカットしてしまうとその時点で追熟しなくなる為、1番の食べ頃を迎える事ができません。

メロンは丸ごと常温で保存が鉄則です。

カットしたメロンはラップをし、冷蔵してください。

少しでも空気を入れないようにするのがポイントです。

それでも長くは持たないので、1~2日で消費するようにしてください。

それでも余ってしまう場合は、冷凍するという方法もあります。

簡単な方法で出来、また1ヶ月程もつので好きな時に食べる事ができます。

また、アイスクリームなどとくみあわせたデザートやおやつにもできます。

高価なメロンなので少しでも良い状態で保存をし、楽しむようにしてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2022 AllRights Reserved.