梨の保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

みずみずしく、独特の甘みがある果物である「梨」

品種によって細かい違いがありますが果物の中では長持ちしない部類になります。

そのため、早く食べないと傷んでしまうのですが、だからといって一度に大量に食べるのも難しいでしょう。

そうなると、少しでも日持ちさせるために正しい保存方法を実践する必要があります。

ですが、冷蔵庫が良いのか、冷凍庫が良いのか、それぞれの方法でも細かい方法までは知らない人が多いのではないかと思います。

そこで、梨の正しい保存方法について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

梨は常温保存することもできますが、冷蔵庫での保存のほうが鮮度を保つことができます。

まず新聞紙で包んでビニール袋に入れます。

冷蔵庫に入れて保存しましょう。

へたの部分を下にすると長持ちします。

梨を保存する際には、常温保存でもある程度は保存ができます。

新聞紙で梨を包み冷暗所で保存しましょう。

これで3日~4日ほど保存することができます。

食べる際には、冷蔵庫で数時間冷却すると美味しく食べることができます。

しかしながら、梨の保存は常温よりも冷蔵庫での保存のほうが長持ちしやすいです。

同じく新聞紙で包んだ梨を、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。

できれば野菜室のほうがより適しています。

へたの部分を下にして冷蔵庫に入れることで、最長で1週間ほど保存しておくことができます。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

梨を冷凍保存すると、本来の食感は完全に失われてしまいます。

そのため、食感を無視できる食べ方で食べることを前提として冷凍保存する必要があります。

食べる際には、半解凍状態で食べる必要があります。

梨に限らず、水分量の多い野菜や果物は、冷凍保存することで本来の食感は完全に損なわれてしまいます。

きのこの場合は旨味が増すのですが、梨の場合はそういったことはなく、単純に食感が別物に変化するだけです。

しかし、「食感が変わる」ということを前提とする場合には、梨を冷凍庫で保存することも十分に可能です。

まず、梨の皮をむいて、食べやすいサイズにカットします。

カットし終えたら、これを冷凍用の保存袋に入れて、冷凍庫で保存します。

最長で1ヶ月ほど保存することができます。

また、ミキサーにかけて「ピューレ」にしてから冷凍用の保存袋に入れて保存することもできますが、その際には平らにして保存することを忘れないようにしましょう。

食べる際には半解凍状態にして、カットした梨は「シャーベット」として、ピューレ状にした梨はシャーベットあるいは「スムージー」にして食べることができます。

どちらにしても、生の梨としての食べ方や食感は期待しないようにしましょう。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットした梨は、即座に酸化が進みます。

半分あるいは4分の1にカットした梨であればこれをラップで包み、食べやすいサイズにカットしたものはタッパーに入れて密封してから冷蔵庫に入れて保存します。

それでも早めに食べるに越したことはありません。

カットした梨は、「りんご」と同じように断面から「酸化」が始まります。

これにより、梨本来の味が損なわれてしまいますので、これを防ぐために「空気に触れさせない」「早めに食べきる」ことを前提として冷蔵庫で保存するという方法があります。

まず、ある程度の大きさにカットした梨であれば、ラップで包んで空気に触れないようにします。

次に、ある程度細かいサイズにカットした梨であれば、タッパーに入れるか、お皿に乗せてラップで包むなどします。

これを冷蔵庫で保存すれば、常温保存やそのまま冷蔵庫に入れて保存する場合と比較して梨を長持ちさせることができます。

ただし、保存できても新鮮な梨でせいぜい2日程度、できればその日か翌日には食べきってしまいましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

                             

梨が傷んでいる場合、匂いや味に明らかな変化が発生します。

見た目にも変化があり、変色や乾燥、カビの発生などが起こります。

梨が傷んでいると、匂いや味に大きな変化が発生します。

味に関しては、「酸味」「刺激味」など、明らかに甘みの強いはずの梨とは異なる味がするかと思います。

食べてみて味に異変を感じたら、すぐに吐き出して残りと一緒に処分してしまいましょう。

また、匂いや味の他にも、外見でわかりやすい変化も発生します。

黒や灰色の変色、乾燥による干からび、カビの発生などが代表的です。

健康上、食べても問題ない場合も多いのですが、少なからず味や食感が劣化していますので、食べても美味しく感じないことが多いです。

もったいないかもしれませんが、食べずに処分してしまう方が良いでしょう。

まとめ

梨は基本的に傷みやすい果物であることを自覚して、入手したら早めに食べきってしまいましょう。

梨が本来持っているみずみずしさと甘みを楽しみたい場合、冷蔵庫での保存で早めに食べきることが基本となります。

冷凍保存する場合は食感が変化しますので、それに適したレシピを用意しておく必要があります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.