りんごの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

知名度の高い果物の中では、特にさまざまな料理に用いられる事があり、お弁当のデザートにも使われる事がある「りんご」

ですが、箱売りのりんごを購入したりもらったりして、保存方法に困った経験はありませんか?

傷んでしまえば途端に味や食感がわるくなり、決して美味しく食べきることはできません。

りんごを傷ませずに美味しく食べきるためには、りんごを正しい方法で保存することが重要です。

そこで、りんごの適切な保存方法と、それを実践できた場合の賞味期限の目安について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

りんごは常温保存することができますが、気温が低い場合のみ実行してください。

冷蔵庫で保存する場合は、新聞紙で包んでからビニール袋に入れましょう。

そのままの状態で冷蔵庫に入れると、エチレンガスによって冷蔵庫内の野菜や果物を傷ませてしまいます。

りんごを常温で保存したい場合は、気温が低い冬場だけ実行するようにしましょう。

その場合は、新聞紙で包んで、ダンボールなどの箱に入れた状態で、風通しの良い冷暗所で保存するようにしましょう。

鮮度を保ちたい場合は、冷蔵庫での保存が基本となります。

こちらの場合も新聞紙でりんごを包み、これをビニール袋に入れてから冷蔵庫の中でも野菜室がある場合には野菜室で保存しましょう。

最長で1ヶ月ほど美味しく保存しておくことができます。

それ以上の期間は、食べられる状態であっても美味しい状態ではなくなっている可能性が高いです。

処理せずにそのままりんごを冷蔵庫に入れて保存してしまうと、りんごが放出する「エチレンガス」の作用により、冷蔵庫内の野菜や果物の成熟を早めてしまいます。

既に食べられる状態の野菜や果物であれば、傷みが早くなってしまいます。

これを利用して、果物の「追熟」を促進するという使い方もありますが、基本的にエチレンガスの影響を及ぼさないように保存する必要があります。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

りんごを冷凍保存すると、シャキシャキとした食感は完全に損なわれます。

それを踏まえた上で、スライスもしくはすりおろしたりんごを冷凍用の保存袋に入れて、中の空気を抜いてから冷凍庫で保存しましょう。

りんごに限らず、野菜や果物は冷凍保存することで冷蔵保存よりも長い期間保存しておくことができます。

しかし、その代償として「食感」が完全に別物に変化してしまいます。

そのため、「冷凍保存には向かない」と言われる野菜や果物は多いのですが、言い換えれば「食感が変わっても良いのであれば、冷凍保存は可能」ということになります。

りんごの場合も同じで、シャーベットとして食べるか、スムージーの材料に使うなどの「生のりんごの食感ではない食べ方」で良いのであれば、冷凍保存は十分に選択肢となります。

具体的な方法としては、りんごを薄くスライスする、もしくはすりおろしてから冷凍用の保存袋に入れます。

リンゴは断面が変色するので、「レモン汁」を加えておくと変色防止の効果があります。

必ず冷凍用の保存袋の中の空気をしっかりと抜いてから冷凍保存します。

すりおろしている場合、冷凍庫内部でりんごが平らになるように工夫しましょう。1ヶ月ほど冷凍保存しておくことができます。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたりんごは、極端に鮮度が落ちやすくなります。

断面からどんどん酸化してしまいますので、空気に触れないようにラップをして冷蔵庫で保存しましょう。

早めに食べないと、味や食感が悪くなってしまいます。

カットしたりんごは、その断面からどんどん「酸化」してしまいます。

そうなると、特に味が劣化してしまい、美味しい状態でりんごを食べられなくなってしまいます。

これを防ぐためには、断面をラップで包んで空気に触れさせないようにする必要があります。

入手時の鮮度がいかに良い状態であっても、最長2日以内に食べきってしまいましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

                             
りんごが傷んでいる場合、変色や質感の変化など、目立つ変化をすることが多いです。

変色が一部分の場合はその部分を取り除くことで残りは食べることができますが、品質は大きく劣化していることが多いです。

りんごが傷んでいる場合、変色や異臭、カビの発生などを許してしまいます。

また、質感も本来の硬さを失い、ぶよぶよになってしまうことが多いです。

発生している部分が一部分の場合には、その部分を取り除くことで残りの部分は食べることができる場合がほとんどです。

しかし、変色していない部分についても味や食感が劣化していることが多く、あまり美味しくありません。

それでも無駄なく食べたいという場合は、加熱調理するとりんごの味を楽しむことができます。

まとめ

りんごは販売されている品種が多く、明確に区別して何種類も販売していることが多いです。

品種ごとに保存可能な期間や劣化時の変化の度合いも異なりますが、総じて「早めに食べきる事が重要である」ということは変わりません。

りんご本来の味と触感を十全に楽しみたい場合は、冷蔵庫で保存できる期間内に食べきる量を購入するか、大量に貰った場合は冷凍保存するようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.