そら豆の保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

野菜の中には、非常に傷みやすいものもあります。冷蔵庫に入れておけば大丈夫だろうと考えて冷蔵庫に入れて保存し、数日後には食べられなくなってしまっていたなんて経験をしたことがありませんか?

それでは、せっかく購入した野菜が無駄になってしまい、それがトラウマになってその野菜を生で購入できなくなってしまうことも考えられます。

ですが、生で購入しないと味わえない楽しみ方があるのも野菜の特徴です。そこで今回は、「そら豆」の正しい保存方法について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

そら豆を常温で保存したい場合は、乾燥そら豆が良いでしょう。そら豆をさやから出さずそのままビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存します。

乾燥そら豆は常温保存が可能です。ただし、これはそら豆を自家栽培している方に限定されます。

まず、完熟したそら豆を収穫し、さやに入ったままの状態でざるや新聞紙などに並べます。これを天日干しして、さやが完全に乾燥したら完成です。

乾燥したそら豆は、さやから中身を取り出して、密閉容器に乾燥剤と一緒に入れておくと数ヶ月の常温保存が可能です。

スーパーなどのお店で買ったそら豆は、乾燥そら豆には向きません。保存する場合は、さやに入った状態で保存用の袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に入れてください。この場合は数日で傷んでしまいます。黒ずんでしまう前に茹でて食べてしまいましょう。

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

そら豆を冷凍保存する場合は、固めにそら豆を茹でてから冷まします。水気を切ってから冷凍用の保存袋に入れて、冷凍庫で保存します。

そら豆を冷凍保存したい場合は、まず、そら豆を固めに茹でましょう。茹で終わったらこれを冷ますのですが、その際に注意したいポイントは、「水を使った冷却」をしないことです。

なので、ざるにでも取って、水気を切りながら冷却します。そら豆が完全に冷めたら、水気をしっかりと取っておき、冷凍用の保存袋に入れて冷凍庫に入れて保存します。なお、乾燥そら豆を瓶詰めではなく、冷凍保存することもできます。

これで、1ヶ月ほど保存しておくことができます。再び調理に使いたい時は、自然解凍か電子レンジの解答機能を使いましょう。また、もう一度茹でることでも使えるようになります。

またそら豆は茹でずに生のまま冷凍することもできます。その時はさやを取り除いた後そら豆の「黒い部分」に切り込みをいれてから保存することが大事です。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

さやから出したそら豆は非常に傷みやすいです。悪くなるのを防ぐために、できるだけ早く茹でてください。長期保存を考える場合には冷凍保存が適しています。

そら豆をカットするというシチュエーションは想像できないのですが、問題となるのは「さやから取り出している」ということです。

そら豆は、さやから豆を取り出すと一気に劣化してしまいます。そのため、ただでさえ保存期間が短いそら豆がさらに傷みやすくなります。

さやから取り出したそら豆は、できればその日のうちに茹でて、食べきってしまうことをオススメします。食べきれない場合は、保存用の容器に入れて冷蔵庫で保存します。ですが、1日か2日で食べきってしまいましょう。

使い切れないほどのそら豆をさやから取り出している場合は、冷凍保存をオススメします。さやから取り出している場合は自家栽培のそら豆でも乾燥させることが出来なくなってしまいますので、冷凍一択になるのです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

そら豆は、さやに入っている状態でも傷むのは早いです。多少、黒く変色している程度であれば、加熱して食べることができますが、鮮度は落ちています。明らかに傷んでいると分かる変化をしている場合には食べないようにしましょう。

前述の通り、そら豆は傷みやすい野菜です。特に、さやから取り出している状態では一気に劣化してしまいます。そら豆が傷んでくると、まず黒く変色していきます。

この程度であれば、まだ加熱して食べられるレベルであることが多いですが、確実に劣化している状態です。そうなる前に使い切ってしまうか、早めに冷凍保存してしまいましょう。

完全に傷んでしまうと、変色以外にも異臭の発生や、ぬめり、カビなどの変化が起きます。明らかに傷んでいるとわかりますので、そうなってしまったら絶対に処分してしまいましょう。

傷んだ野菜を食べることは食中毒にもつながり、加熱調理することでリスクは減らせるものの、傷んだ野菜ではそれをゼロにすることは不可能です。

まとめ

そら豆は、できれば買ったその日のうちに茹でて食べてしまいたいものです。

ですが、それができない場合は「さやから取り出さずに保存」が基本となり、取り出した場合は茹でて早めに食べる、あるいは冷凍保存が基本となります。

傷みやすい野菜なので、劣化による変化には常に気を配っておきたいところです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.