スイカの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

夏の食べ物の代表格であり、水分量の多さと甘みが特徴の「スイカ」。

食品スーパーでは丸ごとでの販売よりもカットした状態での販売のほうが多いかと思いますが、1玉丸ごとで入手する機会も多いのではないかと思います。

さて、1玉クラスの大きさとなると、少人数ではなかなか食べきることができないのではないかと思います。

しかし、時間が経過すれば鮮度が低下し、最終的には傷んでしまいます。

そこで今回は、スイカの正しい保存方法と賞味期限について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

スイカは常温保存に適しています。基本的に何も手を加えること無く、冷暗所で保存すると長持ちします。冷やすのは、食べる直前が適しています。

食品スーパーで、カットしたスイカを販売している場所は野菜コーナーの冷蔵ケース内です。

食べる季節が夏であることも合わせて、一般的に「スイカは冷やすもの」というイメージが有るかと思いますが、スイカを美味しく食べようと思ったら実はそれは間違っているのです。

スイカはあまりに寒いと糖度が落ちます。冷蔵庫の中の温度はスイカにとって寒すぎます。

ですから冷蔵庫で保存する期間が長くなるほど味が落ちてしまうので、冷蔵保存はあまり向きません。

丸ごとの状態のスイカを保存する場合は、特に何も手を加えること無く、そのままの状態で冷暗所で保存するようにしましょう。

スイカの状態によって、長ければ1ヶ月ほど保存しておくことができます。

ただし、保存温度が理想的であっても、時間の経過とともに甘みは失われていきますので、早めに食べきることを念頭に置くことは忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

スイカを冷凍する場合は「食感が変化する」ということを念頭に置いておきます。

皮と種を取り除いたスイカを適当な大きさにカットして冷凍用の保存袋に入れます。袋の中で潰しておくこともできます。

まず、スイカに限った話ではありませんが、水分量の多い野菜や果物を冷凍保存すると、食感や味は全く別のものに変化するケースもあります。

なので、情報サイトによっては「冷凍保存するべきではない」と指示している場合もあるのですが、それはあくまでも「元の食べ方を維持したい」という場合に限ってのはなしです。

つまり、「食感が変わる」ことを承知しているのでしたら、冷凍保存は野菜や果物の長期保存において大きな力となります。

スイカを冷凍保存する場合は、まずスイカを手頃なサイズにカットします。

次に、カットしたスイカの「皮」と「種」を取り除きます。

余談ですがスイカの皮は食べることができますし、種は「お茶」として利用することができます。

詳しい内容は割愛しますが、興味がある方は是非ともトライしてみてください。

皮と種を取り除いたスイカを冷凍用の保存袋に入れます。

その際、スイカを袋ごと潰してから平にして冷凍庫に入れるという方法もあります。

カットした状態であればシャーベットとして、潰した状態であればスムージーとして食べることができます。

どちらの場合も解凍せずそのまま食べることができます。冷凍したスイカは1ヶ月~2ヶ月は保存しておくことができます。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたスイカは鮮度が落ちやすいです。

丸ごとの状態とは異なり、常温では傷んでしまうので冷蔵庫での保存が基本となります。

冷蔵庫に入れる前にしっかりラップで密閉してから保存してください。

カットした野菜や果物は、皮で包まれている丸ごとの状態と比較して断面からどんどん傷みが進行します。つまり「傷みやすくなる」のです。

スイカもその例に漏れず、カットした場合は数日で傷んでしまいます。

その関係上、甘みの都合で冷蔵保存は避けるべきなのですが、鮮度の問題のほうが大きいので冷蔵庫での保存が基本となります。

カットしたスイカをラップでしっかりと包み、これを冷蔵庫で保存しましょう。

これでも最長で3日ほどしか保存できませんので、早めに食べきることを念頭に置いてください。

そうしない場合は、前述の「冷凍保存」をすることをオススメします。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

傷みの判定と賞味期限

                             
スイカが傷んでくると次第にシャキシャキ感がなくなっていきます。見た目の変化以外にも、異臭が発生することが多いです。

スイカが傷んでくると、本来のシャキシャキ感は次第に損なわれていきます。

カットしたスイカであれば次第にその形状すら維持できなくなり、最終的には液状化してドロドロになってしまいます。

丸ごとの場合は、特に暑い場所で放置すると「爆発」することもあるようです。

また、丸ごとのスイカが傷んでいる場合、カットした際に中の水分がドバっと流れ出ることがあります。

見た目の変化以外にも、当然ながら味や匂いにも変化が発生します。

元々、個体が大きく見た目も鮮やかな食べ物なので、そういった変化も合わせて傷んでいる状態というものがわかりやすいかと思います。

よく食べられる時期が夏場であることを考えると、買ってから時間の経過したスイカが何らかの異常を感じさせる場合、それを食べることは避けたほうが無難です。

まとめ

スイカはその食感や甘みを十全に楽しみたいというのであれば、購入から時間を置かずに食べきることが重要です。

食べきれないほど入手した場合は冷凍保存がオススメですが、本来のシャキシャキ感を楽しみたい場合は数日内に食べきることです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.