ハンバーグの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

お子さんに大人気のメニューの定番といえば「ハンバーグ」です。

ちょっとひき肉が余った時に、真っ先に思い浮かぶメニューでもあるのではないかと思いますが、いざ作ってみると一食では食べきれないほどの量になってしまうことも少なくありません。

そんなハンバーグを、少しでも長持ちさせたい場合は適切な保存方法を実践することが重要になります。

今回は、ハンバーグを長持ちさせつつおいしさを維持できる保存方法について説明していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

ハンバーグは、焼く前後に関わらず常温保存は避けなければならない食べ物であると言えます。

気温が高い時期だと、仮に冷暗所で保存したとしても、数時間で傷んで食べられない状態になってしまうことも珍しくありません。

例えば、焼いたハンバーグを家族の帰りを待つ数時間程度置いておきたいという場合であれば、空気に触れないようにラップをかけておくと少しは保存性が高まります。

もちろん、保存性が高まると言ってもそれは数時間程度の話であり、例えば夕方に焼いておいたハンバーグを翌朝まで常温で放置することは、季節を問わず危険なことです。

そのような場合は、冷蔵庫で保存されることをオススメします。

市販品のハンバーグで「冷暗所で保存」など冷蔵保存・冷凍保存を指示されていない場合は、記載されている保存方法を遵守するようにしましょう。

スポンサードリンク

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

ハンバーグの保存方法として、最もオーソドックスな方法は「冷蔵庫での保存」です。

焼いたハンバーグはホカホカしていますが、温かいままでは冷蔵庫に入れることはできませんので、まずは放置して粗熱をとります。

しっかり冷えたらラップで包み、冷蔵庫に入れてください。

最長で3日以内に食べきってしまいましょう。

なお、焼く前のハンバーグも、翌日に焼くのであればこれを保存することができます。

ただし、保存に関しては少しデリケートになってしまいます。

雑菌が入り込まないように、手袋をしてハンバーグをこねて、整形してから一つずつラップで包み、これをジップ付きの保存袋に入れて冷蔵庫のチルド室で保存します。

また、体温でハンバーグのタネの温度が高くなると「ドリップ」が発生してしまいますので、できればハンバーグをこねる際にそのボールを一回り大きなボールに氷水を入れて、その上でこねると低温状態を維持することができます。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

数日でハンバーグを食べきれないという場合は、冷凍保存することをオススメします。

その方法ですが、粗熱をとったハンバーグを一つずつラップで包み、これをまずトレーに乗せてから冷凍庫に入れます。

ハンバーグが凍ったら、これを取り出して冷凍用の保存袋に入れ直し、冷凍庫に入れて本格的に冷凍保存します。

焼いたハンバーグは、最長で1ヶ月ほど保存することができます。

ちなみに、焼く前のハンバーグも冷凍保存することはできるのですが、この場合は肉のうまみがドリップとして出てきてしまいますので、あまりオススメできません。

保存する場合は冷蔵庫での保存と同様に、整形後にラップしてからトレーの上で冷凍し、冷凍用の保存袋に入れて保存します。

焼く時に、半解凍の状態で中までしっかりと火を通すことで、水分と一緒にうまみが逃げ出すのをある程度は防ぐことができますが、焼いた後のハンバーグまでおいしさを引き上げるには、それなりの技術が必要です。

さらに保存可能な期間も、焼く前の状態では1/2程度になってしまいます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

傷んでしまったハンバーグは、異臭やカビ、味の変化を起こします。

特に、酸っぱい匂いが発生していたり、糸を引いているような状態になっている場合は、完全に傷んでいると判断して食べずに処分してしまいましょう。

なお、焼く前のハンバーグの場合、ひき肉の特性上、次第に色が茶色くなっていきます。

異臭やカビの発生が認められなければそのまま使用することはできますが、しっかり火を通して召し上がる必要があります。

また、変色を起こしている場合は確実に品質が低下して、味が落ちているでしょう。

そうなる前に焼いてしまいましょう。

また、外見上の変化が見られなくても、酸っぱい味や苦い味、その他明らかにおかしな味がする場合は、それ以上食べることは控えて、もったいないですが処分してしまいましょう。

まとめ

ハンバーグは、焼いた後のものを保存する方が保存には適しています。

タネの状態で保存すると、どうしてもドリップの影響によって味が落ちてしまいますし、ひき肉はもともと痛みやすくなっているので長期保存には適しません。

基本的に、焼いた後のハンバーグを数日以内に食べ切れる量は冷蔵庫で、それ以上の場合は冷凍庫で保存するようにしましょう。

冷凍保存では1ヶ月ほど保存できるケースが多いですが、品質の低下を考慮すると数週間で食べきってしまうことをオススメします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.