ドーナツの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

「どの年代にも支持されるおやつ」「いろいろな種類が楽しめる」のイメージが思い浮かぶドーナツですが、つい作りすぎたり、買いすぎてしまうことが多々あります。

少しでも長く味わおうと途中で残して後で食べる方もいるでしょう。

こんなにおいしいものをすぐに食べてしまうのはもったいないと考える方もいらっしゃるでしょう。

そのためには、適切な保存方法を実践することが大事になります。

ドーナツの正しい保存方法と保存方法ごとの保存可能な期間の目安について解説します。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

ドーナツは種類によって常温保存は可能ですが、基本的に作った当日に食べるように調理しています。

だいたい10~12時間以上でドーナツが傷んでくると言われています。

味も日が経ってしまうと油がまわって味が落ちていきます。

そればかりではなく、カビが生えてきたりするので食中毒を引き起こしてしまう食材になりやすいです。

ですが、多く作りすぎたり、たくさん購入すると当日に食べきることが難しいです。

常温保存するのであれば、ラップに1つ1つ包み、日のあたらない涼しいところで保存します。

こうすることで乾燥を防ぎ、わずかながら傷みにくくなります。

種類によってですが、シンプルなドーナツやオールドファッション系は暖かい時期は1日、冬場は2日は持ちますが、クリームや生ものが入っているものは常温保存は出来ません。

また、チョコレートやコーティング系も同様です。

特に夏場はクリームやチョコレートは溶けてしまうので品質も落ちてしまいますので要注意です。

以上から、ドーナツは常温で保存することはあまり現実的な方法とは言えないということがわかるでしょう。

冷凍の際の保存方法と保存できる期間

食べ残ってしまったドーナツを方法としては、最も現実的なのが「冷凍保存」です。

ドーナツを冷凍庫で保存する方法は、ドーナツ1つ1つをラップかフリーザーパックで包んで冷凍庫に保存します。

もし複数の場合、ジップロックかタッパーなどの容器にしっかり空気を抜いて密閉させて保存することがオススメです。

食べる時の方法ですが、できれば前日に冷蔵庫に移して自然解凍させておくことが望ましいです。

それが難しい場合は、電子レンジで1分以内で解凍させてください。

チョコレートやシュガー、生クリームを使用していないものは、電子レンジやオーブントースターで解凍よりも温める方が良いでしょう。

その際は、必ず下にクッキングシートやキッチンペーパーを敷いて温めてください。

冷凍で保存した場合は、2~4週間程度が限度です。

保存できる期間はあくまで目安なので、出来るだけ早期に食べきってしまいましょう。

万が一、保存した期間が長くなってしまった場合には、後述の特徴を踏まえてドーナツが傷んでしまっていないか十分に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存できる期間

食べかけのドーナツや1個食べきるにはもったいない方があえて残すドーナツもあります。

そういった方が実践する保存方法は、上記に挙げた「冷凍保存」の方法が最も望ましいです。

しかし、1度口につけた食べかけは、通常よりも傷むスピードが速くなるのでなるべく当日に食べ切ってしまうのが無難です。

どうしても保存したい方は、冷凍保存して次の日の早い内に食べるように意識してください。

コーティング系のドーナツに関しては、一度食べたら保存が効かないと考えてください。

思っているほど菌の繁殖が早く食中毒のリスクが高まると考えられます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

ドーナツは、パンと違って油をたくさん使用しているので時間が経つにつれて傷んできます。

季節にもよりますが、特に夏場は注意が必要です。

夏場は湿度も高くなるので、菌の繁殖が思っている以上に速くなるので1日も持たないといわれています。

明らかに匂いや見た目が変化している場合は食べずに処分してしまうようにしましょう。

ドーナツは様々なトッピングをするために複数の食材を使用しているので、食材ごとに保存方法との相性も変わり、傷んでしまうタイミングやその際の変化も異なります。

また、外見上は上記のような変化を起こしていないとしても、内部では食中毒の原因になるような菌が大量に繁殖してしまっているということも十分に考えられます。

まとめ

ドーナツは、「基本的に作った当日に食べる」「だいたい10~12時間以上でドーナツが傷む」「時間が経つにつれて油がまわって味が落ちる」といったことがあります。

長期的な保存は難しいでしょう。

常温保存はチョコレートや生クリームなどでコーティングされたものもあるので適していないので、最も現実的な保存方法は「冷凍保存」が妥当です。

冷凍保存したものは大体2~4週間は持つとされていますが、解凍するとすぐに傷みやすくなるのでなるべく早く食べるようにしてください。

なので、ドーナツは保存すればまだ食べられるという考えはしない方が良いでしょう。作りすぎたり、購入しすぎたら周りの人に分けてあげるようにしましょう。

ドーナツは当日中に食べてしまうことを心がけて美味しく楽しく召し上がるようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.