手作りクッキーの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

ご家庭でクッキーを焼いて余ってしまうことはありませんか。

クッキーは焼き立てが一番おいしく、時間がたつとともにしけってしまい味も触感も劣ってしまいます。

今回は手作りクッキーの保存方法と賞味期限についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

クッキーを焼いて保管する場合には、常温で保管することをおすすめします。

これは、生地を扱っているときに衛生面を考慮して焼いた場合のみのお話です。

常温保管する際は直射日光を避け、涼しく湿気がない場所で保管してください。

焼き菓子であるクッキーは水分をほとんど含んでおらず、時間がたってもシナシナになってしまうことはありません。

焼きあがったクッキーは荒熱がとれるまで網の上に乗せて通気性の良い場所に置いておくようにしましょう。

さめたらお皿によそい空気をできるだけ入れないようにジッパー付の袋へ入れます。

または、のりや購入したクッキーなどのお菓子が入っていた缶に入れても大丈夫です。

その他には密閉できるタッパーなどもおすすめです。

保管するときは、乾燥剤や紅茶のティーバックを一緒に入れておくとクッキーが湿気ることを防いでくれます。

手作りクッキーを常温で保管した際の賞味期限は、6~7日程度です。

暑い季節の場合は、気温の暑さでクッキーを作る際に使用したバターやマーガリンなどの油分が酸化して味が落ちるスピードが早くなります。

また、焼き方が甘ければ菌やカビが繁殖してしまい食中毒を引き起こしかねないので2~3日程度で食べきるようにしましょう。

おいしく食べるのであれば2~3日で食べきり、6~7日の常温保管が可能ですが、油分の酸化が進行してしまい風味が落ちることがあります

生地を素手取りで扱ったり、焼いたクッキーは手に付いていた菌が付着してしまっています。

それを常温で保管するとすれば菌が繁殖してしまうこともありますので、荒熱を取る程度でそのあとは冷蔵庫や野菜室で保管することをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

夏などの暑い季節に手作りクッキーを作った際には冷蔵庫で保管することをおすすめします。

冷蔵庫で保管する際は、常温保管と同様にジッパー付の袋や密閉できるタッパー、お菓子の空き缶などを利用して、乾燥剤かティーバックを入れて保管するようにしましょう。

このように保管することで、冷蔵庫に入れてもクッキーが湿気ってしまうのを防ぎ保管することができます。

しかしクッキーを冷蔵庫から取り出して放置してしまうと、温度差によって生じる結露によってクッキーが湿気ってしまいます。

冷蔵保存したクッキーは食べる分だけ取り、残りはすぐに冷蔵庫へしまっておくようにしましょう。

クッキーは非常に匂い移りがしやすい食材なので冷蔵庫で保管すると匂いの強い魚やキムチなどの食材の匂いを吸収してしまう可能性があります。

必ずラップをしただけの状態やそのまま保管することをさけて密閉できる袋やタッパー、缶などを活用しましょう。

賞味期限は冷蔵保存も常温保存と同じ6~7日程度です。

おいしく食べたいのであれば2~3日程度で食べきるようにしてください。

冷凍保存した際の保存方法と保存できる期間

クッキーを冷凍保存した時の賞味期限は、3~4週間程度です。

解凍するときは、凍ったままクッキーをお皿に乗せて電子レンジ30~40秒程度加熱します。

この時にラップをかけてしまうとクッキーがラップについた水滴を吸ってべちゃっとしてしまうため、ラップはかけないようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

クッキーが腐る原因の一つは、焼き方があまく中までしっかり火が通っていないことです。

その状態であれば生の部分の水分が菌を繁殖させてしまうのです。

そのため、生焼けの状態で常温保存や冷蔵保存はとても危険です。

特に温かい時期であればしっかりと中まで焼けているか、クッキーを一つ取り出して半分に割って確認することで食中毒が防げます。

確認した時には、20~30秒電子レンジで加熱することで中までしっかり焼くことができ、中の水分を蒸発することができるのです。

腐っているときや傷んでいるときは、悪臭がします。

また持ち上げた時に糸を引いたり、カビが生えています。

また、クッキーを作る時に使用したバターやマーガリンなどの油分の酸化が進化し過ぎると、風味も古い油臭くなってしまいます。

それは傷みが進行しているので食べるとお腹を壊すため、食べずに捨てるようにしましょう。

まとめ

クッキーは焼きたてが美味しいですが放置しすぎるとクッキーに含まれる油分が酸化してしまい風味が劣化するだけでなく、傷みも進行してしまいます。

すぐに食べないようであればクッキーを作る時や焼きあがったものを取り扱う際は、素手で扱わないようにしましょう。

手に付着してる雑菌がクッキーに着くと保管している間に菌を繁殖してしまいます。

衛生面に管理して作ることで安心して保管することができます。

冷蔵庫で保管したクッキーは冷たいまま食べても美味しいですが、クッキーをお皿に乗せて電子レンジで10~20秒加熱することで焼きたてのサクッと感が復活します。

ぜひ、試してみてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.