手作りマフィンの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

手作りマフィンをたくさん作ったら保存して後日もおいしくただきたいですよね。

今回は手作りマフィンの保存方法と賞味期限についてご紹介いたします。

正しく衛生的に管理して食中毒を引き起こさないようにしましょう。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

手作りマフィンは中に入れる具材やトッピングする具材にもよりますが、抹茶やドライフルーツ、プレーンであれば常温保管に適しています。

マフィンは冷蔵保存してしまうと硬くなりやすいです。

後日食べる際もふわふわなマフィンを食べたいという方は、常温保存しましょう。

保存する際は一つ一つラップに包んで密閉できるタッパーやジッパー付の袋へ入れてきちんと空気を抜いて保管するようにしましょう。

そうすればマフィンの乾燥を防ぎ味や食感の劣化を防ぐことができます。

保存する場所は、高温多湿と直射日光を避けて涼しい場所で保管するようにしてください。

常温保管での賞味期限は2~3日程度です。

トッピングに生の果実や生クリームなどを使用する際は常温保管は出来ません。

また、バナナを中に入れて作ったバナナマフィンも常温保管を避けましょう。

ブランデーやラム酒を入れてレーズンを入れた少し大人の風味がするマフィンであればもう少し日持ちすることがあります。

手作りマフィンは菌の繁殖を防止するため素手で取り扱うことは避けましょう。

手に付着している菌がマフィンに付着すれば常温保存中菌が繁殖してしまい食中毒を引き起こしかねません。

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

マフィンを冷蔵保存するとパサついたり、固くなり味や食感が劣化することは否めません。

保存する際は一つ一つラップで包んだ後、密閉できるタッパーやジッパー付の袋へ入れてマフィンが崩れないようにきちんと空気を抜いて冷蔵保存しましょう。

マフィンは冷蔵保存したら固くなりますが、常温に20~30分程度出しておけば柔らかくなります。

ですが、夏場や温かい季節であれば放置している間に菌が繁殖してしまうことがあるため、部屋の温度が温かい場合は常温に出しておくことはおすすめしません。

食べる前に、ラップをしたまま電子レンジで20秒程度温めればふわふわ感が復活します。

アルミホイルを乗せたオーブントースターで軽く焦げ目が付く程度に温めれば表目がサクッとし、中はしっとりとしたマフィンになりまた違ったおいしさを引き出すことができます。

もし、パサつきが気になるようでしたらアイスや生クリームをトッピングすれば、パサつきも気にならなくなりおいしく食べることができます。

賞味期限は約3~4日です。

やはり冷蔵庫に入れておく期間が長くなるとパサついたり風味が劣化してしまいますのできるだけ早く食べきるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

手作りマフィンは冷凍保存することができます。

一つ一つラップで包んで密閉できるタッパーやフリーザーバックへ入れてきちんと空気を抜いて保管するようにしましょう。

密閉できていないと霜焼けができてしまい風味や食感の劣化に繋がります。

また、他の食材の臭いが移り風味が劣化してしまうため、気を付けましょう。

冷凍したものを自然解凍すれば、結露した水分などでマフィンがベチャベチャになってしまうため自然解凍は避けて下さい。

解凍する際は、ラップをしたまま電子レンジで30~40秒程度温めて様子を見て下さい。

足りなければ10秒ずつ加熱して解凍しましょう。オーブントースターで仕上げに加熱すればカリッとした食感も出ておいしくなります。

冷凍保存の際の賞味期限は3~4週間です。

時間が経てば風味が落ちるためできるだけ早めに食べきりましょう。

カットした際の保存方法と保存期間

マフィンをカットした際は、一食分ごとにラップで包んでおきましょう。

常温保存や冷蔵保存であれば、密封できるタッパーやジッパー付の袋に入れてきちんと空気を抜き保存するようにしましょう。

賞味期限は常温保管は2~3日程度で、冷蔵保存が3~4日程度です。

冷凍保存は一食分をラップで包んだ後、密閉できるタッパーやフリーザ―バックへ入れてきちんと空気を抜いて保管するようにしてください。

冷凍保存での賞味期限は3~4週間程度です。

どちらも食べる前に電子レンジで加熱したりオーブントースターを使用し、温めてから食べるとおいしくいただけます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

マフィンが腐ってしまったら、表面に黒いポツポツが出てきたりカビが生えたりします。

また、悪臭がしたり、持ち上げたときに糸を引いていたり、食べたときに変な酸味を感じたりすれば傷みが進行している証拠です。

その場合は食べずに捨てるようにしましょう。

また、賞味期限が過ぎていれば捨てるようにしましょう。早めに破棄することで食中毒を防ぎましょう。

まとめ

手作りマフィンは、常温保管であれば風味や食感が劣化することなく保管することができます。

菌の繁殖を防ぐためにブランデーやラム酒等のアルコール類を含ませておけば安心です。

どのような保存方法でも、できるだけ早く食べきってしまえば風味が落ちません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.