ピーマンの保存方法と賞味期限まとめ

[ad1]

子どもは苦手だというケースが多い野菜として、その代名詞となるのは「ピーマン」ではないでしょうか?

けれど、大人になるとその苦さがたまらないという人もいて、調理の幅も多いので重宝している家庭も多いのではないかと思います。

では、つい買い込んでしまったピーマンはどのようにすると長持ちするのでしょうか?

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

常温での保存の場合、ピーマンが傷む原因となる水気をきちんと拭き取ってからラップで包みます。

保存用の袋に入れて野菜室で保存してください。

傷んだピーマンは他のピーマンにも波及するのですぐに取り出してください。

ピーマンを常温保存する場合、まずはピーマンの水気をしっかりと拭きとっておきましょう。

水気があるとピーマンが傷む原因になりますのでキッチンペーパーでよく拭きとってから保存します。

ピーマンの水気を拭き取ったら、1個1個ラップか新聞紙で包み、保存用の袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう。

この状態で1週間は保存することができます。

ただし、ピーマンは傷んだ個体があると他のピーマンの傷みが早くなる原因になります。

そのため、毎日きちんとピーマンの状態を確認し、傷んだものがあれば取り出しておきましょう。ピーマンが傷んでいる目安については後述します。
[ad-responsive]

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

ピーマンを冷凍保存する場合はピーマンのわたと種をきちんと取り除きましょう。

水気を拭き取ったらスライスして保存用の袋に入れて保存できます。

生のままでも冷凍することはできますが、下茹でしておくと変色を防ぐ事ができます。

ピーマンの冷凍保存の際には、ピーマンの中にある「わた」と「種」を取り除く必要があります。

包丁を入れてピーマンを分割し、中のわたと種をしっかりと取り除いてください。

取り除き終わったら、キッチンペーパーでピーマンの水気をよく拭きとってください。

水気を拭き取ったら、ピーマンを好みのサイズにカットしてください。

終わったら冷凍保存用の袋にカットしたピーマンを入れて、中の空気を抜いたら冷凍庫に入れることができます。

保存できる期間は約1ヶ月ほどです。

ピーマンの冷凍に際しては、前もって「下茹で」しておくと効果的です。

もちろん、生の状態でも冷凍保存することはできますが、その場合はピーマンが変色・変質してしまう恐れがあります。

冷凍する前にさっと下茹でしておくと、冷凍ピーマンの変色および変質を抑える効果があります。

使用する際には解凍せず、凍ったまま調理してください。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたピーマンは容器に入れて冷蔵庫で保存します。

カットしない場合とは逆に湿ったキッチンペーパーを一緒に入れておくとみずみずしさを保つことができます。

お湯に浸けてから冷蔵庫に入れると更に鮮度を保ちやすくなります。

ピーマンをカットしている場合、冷蔵庫での保存になります。

その際には軽く湿らせたキッチンペーパーを容器に一緒に入れておくとピーマンのみずみずしさを保ちやすくなります。

なお、時間に余裕があれば人手間加えておくことをオススメします。

カットしたピーマンを50度前後のお湯に数分漬けておくと、鮮度をより保ちやすくなります。

カットしている状態でも適切な方法で保存できていれば1週間ほど保存しておくことが可能です。

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

ピーマンが傷んでいると、ぬめりやドロッとした感触があり、しなびていることが多いです。

また、異臭が発生し、カビが生えていることもあります。

ただし、黄色や赤といった変色の場合は食べられることが多いです。

ピーマンの変化において「変色」があります。

もし茶色く変色している場合だと、完全に傷んでいると考えても良いでしょう。

しかし、黄色や赤といった比較的鮮やかな色に変色している場合は「追熟」である可能性が高いです。

要するに、ピーマンが「熟れた」ということです。

むしろ甘みが増して美味しくなっている可能性もあります。茶色くなっていれば危険なのですぐに処分してしまいましょう。

変色以外には、一般的な野菜の傷みによる「ぬめり」や「異臭」「カビ」といった変化が起きます。

これは完全に傷んでいる証拠なので、すぐに処分しましょう。

前述のとおり、他のピーマンが傷む原因になってしまいます。

ピーマンは「エチレンガス」を出すことで他のピーマンの成熟を促す効果があり、これもピーマンが早く傷む原因になりかねません。

食べられるかどうかは別としても、すぐに冷蔵庫から出してしまいましょう。

まとめ

ピーマンは保存方法が比較的シンプルで、よほど変な保存方法を実践しないかぎりはある程度の期間は保存することができます。

傷みに関する変色には少し迷うこともあるかもしれませんが、その他の変化も総合的に判断して食べられるかどうかを判断しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2022 AllRights Reserved.