ふきのとうの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

ふきのとうは山菜の中でも人気の食材で、春を感じる事ができて好きな方も多いのではないでしょうか。

ただ少しあると美味しいのですが、たくさんはいっぺんには食べられないですよね。

そうは言っても少しだけを料理するのも効率的ではありません。

そこでふきのとうを保存する方法をご紹介致します。

常温、冷蔵、冷凍など状況にわけてご紹介致します。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

ふきのとうは収穫をすると次の日には、食べられない状態になります。

それだけ鮮度が必要な食材と言えます。

常温で保存する事はほとんどできないといっても過言ではありません。

保存期間は常温では1日もたないでしょう。

状態によっては数日持つ可能性もありますが、ほとんどもたないと思って間違いはありません。

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

常温ではもたないふきのとうですが、冷蔵をすると保存期間が長くなります。

色々な方法があるかとは思いますが、新聞紙で包むのが一般的でしょう。

ふきのとうはすぐに乾燥してしまう食材なので、乾燥対策をしっかりとしましょう。

ビニール袋などにいれて、冷蔵庫の野菜室に入れると良いです。

冷蔵をする事により1週間程保存する事ができます。

ただ香りや鮮度はどうしても落ちるので、できるだけ早めに食べる事をおすすめします。

少しでも長く冷蔵で保存したい場合は、真空パックを使うと空気に触れる割合が減り長くもちます。

それでも、できるだけ早く食べた方が良い事には変わりはありません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

冷凍をする場合は、冷凍をする前に汚れをとる事が重要です。

泥などがついている場合があるので、水洗いをしてください。

また葉先にある緑色でない葉(黄色いものが多いです)取り除くようにしてください。

同時に皮も取り除いてください。

その後しっかりとあくを抜く事が大切になります。

湯がきをしたあと、冷水につける事によりあくを抜く事ができます。

十分な大きさの鍋に、お湯を沸かして重曹を入れるとよりきれいにあくがとれます。

ふきのとうの約20倍の水量があると良いでしょう。

重曹はだいたいお湯の1%程いれるようにしてください。

ふきのとうを鍋に入れる時、元のほうからいれるようにしてください。

少しずつかき混ぜながら、3分もあればしっかりとあくがとれます。

この作業が終われば次に冷水につけていくのですが、水が茶色になるようだとまだあくが抜けていません。

薄い緑色になるまで、なんども水を替えてあく抜きをするようにしてください。

このあく抜きがしっかりされているかどうかで味も変わってしまいます。

あくをぬいたあとはしっかりとキッチンペーパーなどを使って、水分をなくすようにしてください。

この水分の量により味の落ち具合が変わってくるので注意が必要です。

あくを抜いたあとはできるだけ空気に触れないようにする事が大切です。

しっかりと空気を抜いてからジップパックなどに入れて保管します。

金属トレーの上に乗せて保管すると良いでしょう。

金属トレーを使うと、味の劣化を防ぐ事ができるのです。

天ぷらを揚げる時などに使うバットを使うと良いでしょう。

保存できる期間は冷凍をすると状態にもよりますが、1ヶ月程保存をする事ができます。

ただ、できるだけ早い時期に食べる事をおすすめ致します。

しっかりと小分けをして、水分もとるようにしてください。

ジップロックなどに冷凍を始めた日時を記録しておくと、目安になります。

1ヶ月というのはわかるけど、いつ冷凍したかな?という事がなくなります。

解凍する時はできるだけ自然解凍をするようにしてください。

解凍したあとは長い時間はもたないので、すぐに食べる時だけ解凍をするようにしてください。

その為にも冷凍をする時に小分けをする事が大切になってきます。

再冷凍は、おすすめできません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

ふきのとうは大変日持ちの良い食物で、常温で置いたままでも腐る事がありません。

ただ鮮度が落ちると味が落ちてくるので、常温だと2日まで、冷凍でも1ヶ月以内に食べると良いでしょう。

まとめ

ふきのとうはカリウムなど栄養価も高く、季節の食材として喜ばれます。

昨今では、あまり一般的ではない食材ですが、旬のものを味わうという意味も含めて楽しみな食材でもあります。

ただ一気に大量に食べるものではないので、保存が必要になってきます。

常温だと鮮度が落ちてくるので、長く保存したいのであれば冷凍がおすすめです。

しっかりとした保存方法であれば、長くふきのとうを楽しむ事ができます。

1番忘れてはいけないのが、冷凍保存をする前に絶対にあくをとる事です。

加熱処理、冷水につける処理をしておかないと酵素が増えてしまい、味が落ちやすく変色する事につながります。

また加熱処理をする事により苦みが減るので、より食べやすくなります。

保存をする時にもうひとつ大切な事は、できるだけ空気に触れさせない事です。

しっかりと水をきり密閉状態にてジップロックなどで保管をする事が大切になります。

ふきのとうは栄養素も高く、少しずつ食べると体にも良い食材です。

しっかりと保存のルールを守り、長くふきのとうを楽しんでください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.