うどの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

どちらかといえばマイナーな野菜であり、しかし昨今では低カロリーで腹持ちすることからダイエット食品としての知名度も高めている「うど」。

しかしながら、いざ入手した時には「どうやって食べれば良いの?」と悩んでしまうことも少なくありません。

調理法を調べている間に傷んでしまえば元も子もありません。

保存期間を伸ばすためには、適切な保存方法を実践することが重要です。

そこで今回は、うどの正しい保存方法について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

うどの保存で重要なのは「光に当てない」ということです。

新聞紙で包み、冷暗所に置くことで光から守ることができます。これで数日は持ちます。

冷暗所は冷蔵庫でなくてかまいません。

冷蔵庫でも保存はできますが、数日なら冷暗所で持ちます。

うどをそのままの状態で保存する場合は、光に当てないことが重要です。

入手したうどに光が当たってしまうと、うどが硬くなって食べにくくなってしまいます。

うどは大きく成長したものは食べることができなくなり、天然のうどの収穫時期はとても短いのです。

これをそのままの状態で保存する場合は、まずうどを光に当てないようにするため、新聞紙で包んでしまいます。

その状態のまま冷暗所で保存すれば、2日~3日ほどは保存しておくことが可能です。

冷蔵庫のスペースに余裕があれば、冷蔵庫での保存でも構いません。

また、うどの保存方法としては「塩漬け」という方法もあります。

下処理の有無は家庭によって異なりますが、基本的に大きな容器にうどと塩、その上にまたうどと塩という風に重ねていきます。

これに重しを乗せて水分を出していくのですが、容器が大きければ、大量のうども一手で保存食として加工することができます。

食べる際には必要な分だけ取り出して、塩抜きして食べましょう。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

うどを冷凍保存する場合は、食べやすい大きさにカットした後に茹でてから冷凍庫に入れます。

自然解凍して食べることができますが、一度解凍したら再凍結して保存することができないので注意が必要です。

うどを冷凍保存したい場合は、まずうどの皮をむきます。

皮をむいたら食べやすい大きさにカットして、うぶ毛があればこれをこそげ落とします。

包丁の背を使うと簡単にうぶ毛を取り除くことができます。

これを下茹でしてから冷まし、水気を取ってから冷凍用の保存袋に入れます。

茹でる際に「酢」を入れておくもの有効です。

中の空気をしっかりと抜いたら、冷凍庫に入れて保存します。

1ヶ月ほど保存しておくことができます。

調理の際には、自然解凍して調理に使います。

カットした方法によっては、解凍後に味噌和えやサラダと言った簡単な一品を作るのにも適しています。

調理法はさまざまなので、大量に入手した場合はさまざまな方法にカットしておき、小分けにして保存しておくと利便性が高まります。

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

うどをカットした場合は早めに食べきってしまう必要があります。

数日で食べきれないという場合には、冷凍保存してしまうことをオススメします。

下処理してから調理してしまうのも一つの手段です。

カットしたうどは、あくが強く、断面からどんどん変色してしまいます。

なので、長期保存を考える場合には冷凍保存が最適です。

食べきれないほどの量を入手し、塩漬けにするほどではないと考えたら、第一に冷凍保存を考えておきましょう。

翌日には食べきることができるというのであれば、カットしたうどを酢水に5分、生食の場合は10分以上は漬けておきましょう。

調味料を使って調理することで、すぐに食べられる状態にしておけば、腐らせてしまう可能性を大幅に減らすことができます。

酢味噌であえるのがオススメです。

すぐに食べられるおかずの状態にすることで、調理を面倒臭がって傷ませてしまう可能性を減らせるのです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

うどが傷んでくると、葉っぱの部分から傷みが進行します。

変色や異臭の発生があれば、食べずに処分してしまいましょう。

うどは、生の状態だと数日しか保存しておくことができません。

当然ながら痛みが早く、硬くなってしまえば食べることができなくなります。

傷むのは、第一に葉っぱの部分です。よく確認しておきましょう。

また、前述の通り変色を起こしやすい野菜です。

多少の変色であればその部分だけをカットすることで食べられなくはないのですが、変色を起こす前に下処理し、早めに食べきってしまうことが重要です。

まとめ

あまりメジャーな野菜ではないため、保存方法や調理法について知らないという人も少なくありません。

なので、予想外の出来事で入手する場合でなければ、事前にうどの調理法と保存法を会得しておき、その後に購入することをオススメします。

無計画に購入して、素人が簡単に扱える野菜ではないということです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.