トマトの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

「トマト」は美容関連の栄養が豊富で、洋風な料理によく用いられる食材です。

チーズやオリーブオイルとの相性もよく、スープでも美味しいですが生でも食べることができるなど、使いが手の良い食材です。

大量に購入することは珍しいですが、箱売りしていて、つい衝動買いしてしまったということはありませんか?

すぐには使い切れないトマトを上手に保存する方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

トマトを常温保存する場合は「青いトマト」が適しています。冬~春の間は「へた」を下向きにして冷暗所で保存しましょう。

トマトが赤くなっている場合や気温が高い場合は、重ならないようにして野菜室で保存しましょう。

常温保存する場合、トマトはそこまで長期保存することはできません。冬場もしくは春の寒い時期であれば1週間ほどは保存することができます。

数日で使い切るつもりで購入することをオススメします。保存場所は冷暗所で、へたを下向きにして重ねないようにして保存します。

パックに入っているものであれば、そのまま保存すると収納しやすくなります。

青いトマトは、まだ完熟していない実となりますので、しばらく保存することで「追熟」させることができます。

しばらくすると実が赤くなり、保存に適した温度が10度弱ほどに低下します(青ければ15度弱ほどで保存可能)。

なので、赤くなったトマトは冷蔵庫の野菜室での保存が適しています。

冷蔵庫内での保存であれば、状態が良ければ最長2週間ほど長持ちさせることができます。

もちろん、完熟したトマトはこれ以上熟れてしまうと食べられなくなりますので、数日で食べてしまいましょう。

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

トマトを冷凍保存する場合、へたを取って洗ってから冷凍庫に入れます。

冷凍保存用の袋に入れて中の空気を抜くことで長期保存することが可能ですが、解凍したトマトは生で食べることには向きません。

トマトは、あまり冷凍保存のイメージが無いのではないかと思います。

しかし、やろうと思えば冷凍庫でトマトを保存することも不可能ではありません。

その場合、へたを取り除いてからきれいに洗い、そのまま、あるいはカットしてから冷凍保存用のジップ付きの袋に入れて冷凍庫に入れてください。

その際、中の気域はきちんと抜いておきましょう。

数ヶ月から、状態が良ければ半年ほど保存することができます。

ただし、水分量の多いトマトを冷凍すると、解凍した際にビチャビチャになってしまいます。

そのままでは非常に食べにくいので、スープやソースなど原型を留めなくて良い食べ方で利用されることをオススメします。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

トマトをカットした場合、傷むのが急激に速くなります。

タッパー、もしくはお皿に乗せてラップする等して空気が入らないようにして保存しましょう。

トマトはカットして食べる事が多いです。

スライスしてそのまま食べても良いですし、サラダの具材の一つにもできます。

しかし、トマトをカットすることで傷むのが早くなり、賞味期限は急激に短くなります。

タッパーやお皿+ラップでの保管によって、空気に触れること無く保存することができますが、それでも長くて1週間前後ほどしか保存しておくことができません。

もし、カットしたトマトを保存したい場合、切り口は小さいほうが無難です。

切り口が広く、多い場合にはそれだけ傷みのも早くなります。

保存することを前提としてトマトをカットする場合、可能な限り少ない箇所だけカットするようにしましょう。

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

トマトが傷んでくると、しわが発生して柔らかくなります。

さらに腐敗が進むと黒く変色し、中から液体が出てくるようになります。

トマトが傷んでくると、まず表面に「しわ」が発生します。

また、触ると新鮮な頃にはあった「ハリ」が無くなっており、ブヨブヨとした不快な感触になります。

この頃はまだ生でも食べられる程度の傷みなのですが、気になる場合は加熱調理して食べるようにしましょう。

加熱するのであれば、ハリがなくなったことによる食感の悪さも気になることはありません。

さらに傷むと、次第に色が黒ずんできます。液体が出てくるようになり、匂いや味の変化が顕著になります。

この頃になると、もはや加熱調理しても食べることはできませんので廃棄するようにしましょう。

まとめ

冷凍する方法以外だと、トマトを長期間保存することはできません。

しかし、生で食べる機会の多い食材でもあるので、冷凍保存する場合は生では食べないということと、別の食べ方を考えておく必要があります。

常温保存は、寒い時期に限定して、そうでない時は冷蔵庫に入れるようにしましょう。

正しい保存法でもそこまで長持ちはしませんので、買い過ぎないことと、早めに食べることを念頭に置いておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.