とうもろこしの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

甘みがあって多くの人が好んでいるとうもろこしは、「お湯を沸かしてから収穫しに行け」と言われているほど鮮度に気を使わなければなりません。

とうもろこしはどのようにして保存するべきなのか、それぞれの賞味期限はどれくらい保つのかということをまとめてみました。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

とうもろこしの常温保存は「茹でる」か「茹でない」で目的が異なります。茹でると甘みが維持できますが保存期間は短くなります。茹でない場合は少しだけ長持ちしますが、甘みが損なわれてしまいます。

冒頭でも触れた「とうもろこしとお湯」の話は、これが原因です。収穫したとうもろこしはそのままでは徐々に糖分が失われていき、とうもろこしの魅力である甘みが損なわれるのです。

そのため、生のとうもろこしを入手したらすぐに茹でる必要があります。

とうもろこしを茹で終わったら熱い状態のままラップをして、冷ましてから冷蔵庫に入れて保存しましょう。この状態で2,3日は保存することができます。

しかし、茹でないことで少しだけ長持ちさせることができます。生のとうもろこしを新聞紙で包み、これを冷蔵庫内で立てて保存してください。

ドア部分の飲料を入れておくスペースなどが役に立つと思います。糖分が失われるというデメリットは有りますが、3,4日ほど保存することが可能になります。

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

とうもろこしの冷凍保存は、さまざまなパターンが有ります。茹でてから冷凍する場合と、茹でずに冷凍する場合、粒をほぐすかどうかなど、用途に応じてさまざまな方法があります。

まず、茹でてから冷凍する方法です。固めに茹でたとうもろこしをラップで包み、冷ましてからラップをはがします。表面の水分を拭き取り、再びラップして保存用の袋に入れます。

中の空気を抜いてから冷凍庫で保存します。その際、スペースの問題もありますのでとうもろこしをカットしてからでも冷凍庫に入れることができます。

また、粒をばらしてから冷凍する場合は、ラップせずに袋にそのまま入れて冷凍庫に入れてください。ばらした粒をミキサーにかけてから容器に入れて保存することも可能で、調理の用途に応じて加工を施してから冷凍することができます。

生の状態で冷凍保存する場合は、とうもろこしの皮をむかずにそのままラップで包んでください。生の状態で粒をほぐして冷凍保存することも可能です。冷凍したとうもろこしは1ヶ月ほど保存しておくことが可能です。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カットした際の保存方法と保存期間

カットしたとうもろこしは、上記の好きな方法で保存してください。

とうもろこしの場合、カットする理由は「保存の際のスペース」の問題が考えられます。

1本まるごとで購入した場合、冷蔵庫や冷凍庫での保存の際に横長か縦長のスペースが必要になりますが、冷蔵庫のサイズや中身の問題でそれが確保できないこともあります。

なので、まるごとではなくカットしたり粒をばらしてから保存するという方法が適しています。

調理の用途にもよりますが、カットして保存する場合はそれをいつ食べるかによって保存方法が異なります。すぐに食べるのであればラップして冷蔵庫に、そうでない場合は冷凍庫で保存しましょう。

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

傷んだとうもろこしは、ぬめりや粘りが発生します。

また、変色や異臭も発生しており、特に異臭は「酸っぱい臭い」が多いです。

外見でわかりやすいため、気がついたらすぐに処分してしまうことをオススメします。

とうもろこしが傷んでいる場合、表面がネバネバしていたりぬめぬめしていたりします。

通常、とうもろこしの表面はツルツルしているので、水気を拭き取って保存したとうもろこしがぬめりや粘りを見せている場合は高い確率で傷んでいると考えられます。

加えて、可食部は細かい粒なので、無事な部分だけを判別することは難しいと考えられます。

特に、茹でて冷蔵庫で保存しているとうもろこしはそこまで長い間の保存はできません。

ですから早めに食べるように心がけて、傷んでいる徴候があればすぐに処分するようにしましょう。

ぬめり以外では、酸っぱい臭い等の異臭や変色、カビの発生といった野菜の腐敗によく見られる特徴があります。

総じて一目で「傷んでいる」とわかりやすい変化を起こしますので、殆どのケースでは食べる前に気がつけると思います。

まとめ

冷凍保存しない場合、とうもろこしは長期間の保存は難しいです。

もし、上記感保存できるとうもろこしを常備したいと思うのであれば「缶詰」の方が使い勝手が良いかもしれません。

ですが、生のとうもろこしを調理する魅力には、なかなか抗えないものを感じることも事実です。

適切な保存方法の実践と、早めに食べてしまうということを心がけて、とうもろこしの美味しさをあますところなく満喫するようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.