梅干しの保存方法と賞味期限まとめ

スポンサードリンク

梅干しといえば、古くから日本に伝わる伝統的な保存食です。

梅雨の時期になり梅がとれるようになるとスーパーにたくさん並んでおり、自分で漬けたくなる方もいるかと思います。

いろいろな用途や保存食として有名ですが、実際の保存方法や適切な賞味期限などを紹介していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

梅干しの保存方法は、主に塩分濃度で決まってきます。

塩には、高い殺菌効果や防腐効果があり、古来よりいろいろな食品に活用されてきました。

梅干しは、まさにその代表であり、漬ける際の目安にもなっています。

昔からのすっぱい梅干しは、塩分濃度が18%以上なので常温で保存することができます。

冷暗所で梅干しが乾燥してしまわないようにしっかりと密封して保存しましょう。

こうした梅干しは、最低でも1年はもつとされています。

梅干しを取り出す際には、手を直接いれず、清潔な箸を使用することが好まれます。

購入してきた梅干しでも塩分濃度が18%以上であれば、未開封・開封後ともに常温の冷暗所で保存が可能です。

こちらも涼しく、湿度の低い、直射日光のあたらない場所で容器を密閉して保存しましょう。

しかし、開封した場合は、賞味期限に関わらずなるべくはやく食べ切ることが必要です。

昨今では、健康志向なども影響し、減塩タイプとして塩分濃度が10%以下のものも販売されています。

こうした梅は、「調味梅干し」と呼ばれており、酸っぱさが軽減され食べやすくなっています。

梅干しといえば腐らないイメージがありますが、昔の梅干しは塩分濃度が20%ほどもあったためです。

減塩タイプは食べやすいですが、そのぶん塩分濃度も低く、また酸っぱさの原因である有機酸もおさえてあります。

こういった梅干しは、開封・未開封に関わらず必ず冷蔵庫で保存するように心がけましょう。

特に湿度の高い梅雨の時期や気温の高い場所、食事中の箸などをとおして雑菌が入り込んだ場合、カビることも考えられます。

よくお弁当やおにぎりなどに防腐効果として梅干しが入れられることがありますが、とうぜん塩分濃度の高い梅干しの方が効果は高くなります。

冷蔵した際の保存方法と保存できる期間

塩分濃度が高い自家製などのものは冷蔵の必要はありませんが、市販のものは記載の消費期限を守って消費しましょう。

はちみつやかつお、昆布などが入っているものは、おおむね塩分濃度の低い梅干しなので購入したらすぐに冷蔵庫に保存しましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

基本的に冷凍する必要がありませんが、市販の塩分濃度低めのものは可能です。

ただし水分を含んでいますので、そのまままとめて固めてしまうととりだすのが大変になります。

使うぶんだけ小さくラップに包むか、ジッパーパックで小分けにして保存すると使いやすくなります。

冷凍したからといって永久に保存することはできないのでなるべく早く使い切るようにしましょう。

梅干しを保存するのに一番適している方法・容器

密閉できるガラスの容器が適切です。

しっかりと消毒・殺菌して使用しましょう。

プラスチックやジッパーパックなどでも保存することができます。

ブラスチッックの場合、しっかりと蓋が閉まるものにしましょう。

梅干しを梅酢ごと保管していても乾燥すると塩が吹き出てきてしまいます。

柔らかさを損なってしまうので確実に密閉するようにしましょう。

蓋の前にラップも活用すれば、さらに密閉度を高めることも可能です。

こうした容器は、食品用のものを選ぶようにしましょう。

特にガラスや陶器製で食品用でないものの場合、釉薬などに鉛が使用されていることがあります。

梅干しに溶け出してきてしまうことも考えられますからしっかりとしたものを選びましょう。

反対にホーローや金属は、梅干しの酸で金属が溶けてしまうのでむいていません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

本来の塩分濃度が18%以上の梅干しは、腐ることはありません。

現実に20%の塩分濃度の梅干しが数百年前から伝わっていますので、自家製で漬けた濃度の高いものは賞味期限の心配は必要なさそうです。

それに対して、市販の塩分濃度が低い調味梅とよばれる梅干しは腐ることがあるので、冷蔵庫で保管し賞味期限内に使い切りましょう。

だいたい3ヶ月から半年くらいが賞味期限にされているようです。

腐ると表面にわた状の白いカビがはえてきます。

梅が崩れていたり、味が異様に酸っぱかったりしたら危険です。

そうなった場合、無理して消費せずいさぎよく廃棄しましょう。

昔から「梅干しが腐ると家に不幸が起こる」と言われてきました。

いろいろな説があるようですが「梅干しにカビが生えるほど家がカビまみれ」という言葉もあるようです。

めったにカビの生えない梅干しですが、きちんと管理して食べるようにしましょう。

まとめ

梅干しは、日本に古来より伝わる伝統的な保存食です。

収穫した梅を家庭で漬けた梅干しの塩分濃度は、だいたい18%以上のものが多く、冷暗所で保存すればかなりの長期にわたって食べることができました。

昨今では塩分濃度が10%以下の調味梅と呼ばれる、または、ちみつ入りや昆布入りなどが売られており食べやすくなっていますが適切な保存が必要です。

伝統的な保存食として過信はせず、しっかりと管理して食卓を楽しみましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2021 AllRights Reserved.