おはぎの保存方法と賞味期限まとめ

[ad1]

お彼岸の時期になると、ご家庭によっては手作りの「おはぎ」を用意するのではないでしょうか?

しかしながら、おはぎというものは前もって必要量を作っておいたり、食べきれずに大量に余らせてしまうことも多いのではないかと思います。

せっかく作ったおはぎを無駄にしないためには、正しい保存方法でおはぎを保存して、傷んでしまう前に食べきることが重要です。

そこで今回は、手作りのおはぎの保存方法と賞味期限の目安について解説していきます。

スポンサードリンク

常温の際の保存方法と保存できる期間

常温保存では、おはぎを長期間保存しておくことはできません。

常温保存したい場合、タッパーなどの密閉可能な容器におはぎを入れて、冷暗所で保存しておきましょう。

この場合、おはぎを保存できる期間は「気温」に左右されます。

寒い時期であれば、条件が良ければ1日は保存することができるかと思いますが、暑い時期であれば半日でおはぎが傷んでしまう可能性があります。

お彼岸のために前もって用意しておくおはぎの保存方法としては、あまりに危険な保存方法であると言えます。

その日の内に食べきることを前提とするのであればまだしも、あまり実用性のある保存方法であるとは言えません。

冷蔵の際の保存方法と保存できる期間

常温ではあまり保存しておくことができないおはぎは、実は冷蔵庫での保存もあまり適していない食べ物なのです。

冷蔵庫で保存することで最長3日ほど保存しておくことができるので、常温保存と比較して大幅に保存可能な期間が伸びることになります。

しかし、低温環境下に置かれることでおはぎの材料である「ごはん」が固くなってしまいます。

時間の経過とともに固くなり、同時に味の劣化も進んでしまいます。

それを理解した上でおはぎを冷蔵庫で保存したい場合は、おはぎをタッパーに入れるか、ラップしてからジップ付きの保存袋に入れて、比較的温度の高い冷蔵庫の野菜室で保存するようにしましょう。

また、時間が経過するとごはんが固くなるため、電子レンジで加熱してから食べることをオススメします。

ただし、加熱せずに本来の味わいを楽しみたい場合は、半日以内に食べきることをオススメします。
[ad-responsive]

冷凍した際の保存方法と保存できる期間

手作りのおはぎを長期間保存したい場合、最適な保存方法は「冷凍保存」となります。

方法は冷蔵庫での保存と同様に、タッパーに入れるかラップ+ジップ付き保存袋で冷凍庫に入れて保存します。

タッパーに入れて冷凍保存する場合は、タッパー内のおはぎがくっつかないように配置して、冷凍庫に入れるようにしましょう。

状態が良ければ、1ヶ月ほど保存しておくことが可能なので、食べきれない量のおはぎを保存する方法として最適です。

大量のおはぎを保存する場合だと、タッパーでは数を揃えることや保存スペースの確保が難しくなるため、ラップで包んでから冷凍用の保存袋に入れるという方法がオススメです。

潰れてしまうのを避けるために、ラップで包んでから冷凍庫に入れて凍らせて、凍ったものを冷凍用の保存袋に入れると、重ねることができるので省スペースで大量のおはぎを保存しておくことが可能になります。

食べる際には、冷蔵庫内での自然解凍ではご飯部分が傷んでしまう可能性があるため、常温での自然解凍がオススメです。

常温が寒くて解凍が進まない場合は電子レンジでも大丈夫です。電子レンジでの解凍はご飯が傷まずにおいしく食べることが可能ですが、解凍する際にムラがでてきしまうことがあります。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限

傷んでしまったおはぎは、酸っぱい匂いや納豆のような匂いを放つようになり、カビが生えたり粘っこくなったりもします。

前述の通り、常温や冷蔵庫での保存ではあまり日持ちさせることができず、特に秋のお彼岸の時のおはぎだと常温環境下ではあっという間に傷んでしまいます。

「納豆のような匂い」は表面の小豆部分が腐ってしまった際の匂いであるため、絶対に食べないようにしましょう。

糸を引いていたり粘っこくなっている場合も確実に傷んでいます。

常温環境下で置いてしまったおはぎには特に注意が必要です。

また、おはぎを作る際に「素手で作った場合」だと、いくら手洗いや消毒をしてもおはぎに雑菌が付着しやすくなり、痛みやすくなってしまいます。

「ちょっと気になるけど大丈夫だろう」というのは、食中毒と隣り合わせの状態であると言えますので、もったいないですが食べずに処分してしまいましょう。

まとめ

おはぎはその利用目的上、どうしても大量に用意しなければならない場面が多いですが、ご飯の塊ですから何個も平らげるなんてことも難しいです。

大量に余ってしまった場合は「冷凍保存」を基本として、翌日には食べ切れると判断した量は冷蔵庫で保存するなどして、傷ませずに食べきりましょう。

自然解凍する時はその時の室温や気温に気を付けて、傷ませないようにしましょうね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 保存方法と賞味期限Navi , 2022 AllRights Reserved.